« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月31日 (土)

やっと一息・・・フォー!

大晦日はゆっくりして居たいんだけど毎年、忙しくしている気がします。でもこの時間にゆっくりブログをアップ出来るなんて思いませんでした。少しの間だけでもゆっくりしよう。

もう迎春準備は出来ていますか?我家はやっと迎春準備を終えたばかりです。一つ一つ指差し確認した方がいいんじゃないかと思うくらい何か忘れていそうな気もしますが、最近は昔と違ってスーパーもコンビニもあるから・・・三が日に飢え死にする事はないでしょう。昔の初売りは1月4日とかでしたよね。だからお節料理も半端な量じゃ無かった記憶があります。父の友人や部下の人が来ていたせいもあるのでしょうが・・・・だから暮の買い物もすごかったです。わたしはお正月はのんびりさせて貰いたいです。

近頃では元旦から大型ショッピングセンターやデパートが初売りをするからお節もあまり作らないし(自分の食べたい物とか家族のリクエストしか作りません)新鮮なお刺身だって入手し易いですものね。今の時期はやっぱりブリですね。脂がのっていて美味しいですから。そういえばどこかのショッピングモールは元旦午前0時初売りだとテレビのCMで言ってました。これには参りました。商魂たくましいですね。

多分、明日はブログをアップしませんので・・・・皆様、よいお年をお迎え下さい。どうぞ来年もよろしくお願いいたします。さ~てとお蕎麦を食べながら紅白でも見ましょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年12月29日 (木)

ハードな昨日

いつもブログの休日は日曜日と決めているのですが、さすがに昨日はブログを書けませんでした。昨日は甥とdarling、わたしで島根までスキーに行ってきました。5時に起床して自宅を出発したのが5時半。高速を使って3時間でスキー場に直行。スキー場の天気は曇りで時々小雪がちらついていました。ゴンドラでゲレンデまで上がるとそこは靄が出ていて最高のコンディションとは言い難いものの雪は湿ってなく重さも感じないいい雪でした。この辺りでは雪が湿っていて重いのですが、昨日は気温も低かったのが良かったのでしょう。滑りやすい雪でした。

滑っている人も多くなかったのでリフト待ちも無くて良かったのですが、ボードのお兄さんに後ろから足をすくわれて一緒に転倒してしまいました。止まれないのにスピードを出し過ぎるボーダーって多いですよね。いくら注意を払っていてもスピードを出して真後ろから突っ込まれるとこちらには避けようがありません。打ち身を作っただけで済みましたが、重大事故にもつながりかねません。ボーダーの人は若い人が多いせいかマナーの悪い人も多い気がします。自分たちだけが楽しめればいい、という考え方はやめて欲しいです。ゲレンデには小さな子供たちやスキー、ボードの初心者も多いのですから。

スキーから戻って最後のお花のお稽古でした。お正月の為に“梅生花”を生けました。いつも以上に大きな花でしたから大変でした。本当に疲れてしまって・・・昨日は10時前には夢の中でした。

今日はマーブルの病院の日でした。その後、お正月の買い物が午前中一杯かかってしまい午後から甥を送って行くともう夕方でした。一日の過ぎるのが早いですね。気のせいでしょうか??今夜、darlingは最後の忘年会で出かけているので少しはのんびり出来ます。でもdarlingの今年の忘年会は少なかったんです。これで3度目かな。例年に比べて本当に少なかったな。

昨日のスキー場の写真です。瑞穂ハイランドスキー場です。

marble_126 marble_125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

輪飾りって全国共通?

今日、買い物に行った近くのスーパーに輪飾りを売っていました。本当にもうすぐお正月なんですね。それで思ったのですが、輪飾りって全国共通なんでしょうか?お雑煮は地方によって色々な特色が有りますよね。だから輪飾りも地方によって特徴があるのかしら。

山口は藁で作った輪に裏白や作り物の伊勢海老、扇などのおめでたい飾りとダイダイがくっ付いています。派手な物も有りますが、大体こんな物だと思います。小さな物には裏白と小さなミカンが付いているだけのシンプルな物です。昔は車にも小さな輪飾りを着けていましたが、今はどうなんでしょう。我家では最近、着けてません。どこで落としたか分からなくなる事もあるので。変わった輪飾りが有ったら教えて下さい。

昨日、やっと新車が納車になりました。RAV4・・・最近、よくコマーシャルをやっていますよね。スポーツタイプの4WD。どうしてもスキーに行くので4WDがいいんです。色は紺色かな。今まではプラドの4WDだったんですが、妹家族と一緒に出かける事も殆んど無いんです。それに我家には子供もいないし乗るのはわたし達夫婦と愛犬マーブル。たまに甥や姪、妹が乗るくらいなので3列でなくてもいいんです。だから今回は5人乗りなんです。やっぱり新車っていいですね。早速、明日は新車でスキーに行きます。楽しみ~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

美容院でのんびり

久し振りの美容院。カットとカラーだけなんだけど結構時間がかかりました。年末だからか冬休みに入ったからなのか・・・だけど時間がかかった分、日頃はパラパラっと捲るだけのファッション雑誌をゆっくり眺められました。「へ~今はこんなの流行っているんだ」とか「結婚記念日にこんなリングや時計を貰えそうも無いな」と思いながらも楽しく見ていました。でもリングとか時計の値段も目が飛び出そうなくらい高いんですよね。「実用的ならいいんじゃないかな」って思いながらも一つは高価な時計やリングも欲しいですよね。わたしってやっぱり女なんですね。

美容院で馴染みの美容師さんにカットして貰ったりしてのんびりとした時間を過ごせる贅沢を味わって来ました。美容師さんとも長年のお付き合いだし年齢も近いから色々とお喋り出来るんです。プロの方に髪を洗って貰ったりブローして貰うのってわたし好きなんですよね。眠くなってくるくらい気持ちいいんですもの。多分、何分かは寝ていたと思います。美容師さん作業し難かったでしょうね。ごめんなさい。

もうすぐ今年も終わるんですね。カウントダウンのCMを目にする耳にする事が多くなりました。そう思うと焦ってしまいます。どうにかなるでしょう。今更ジタバタしても仕方がありません。出来る事をしていきましょう。少しでも気持ち良く新年を迎えられるように。昔ほど新年を迎える準備は大変じゃないですものね。昔の主婦は本当に偉いです。頭が下がります。少しでも見習えたらと思うわたしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

晴れた一日

やっと青空の覗く日が来ましたが、こんな日に限ってやる事が多い!忙しいんですよね。風邪気味だから薬を貰いに行かなきゃいけないし・・・風邪は万病の元というでしょう?それにわたしは時限爆弾を抱えているから風邪を軽く見られないんです。わたしの時限爆弾は先天性心疾患。5つの奇形を持った心臓なので根治手術も不可能なんです。だから上手に心臓と付き合って行くしかないんです。でもいたって元気でスキーまでやっちゃいます。やりたいと思った事にはチャレンジ出来るんですから幸せです。

お正月前で木曜日に雪が降ったせいで今日の病院は人が多かった。病院のスタッフの人もてんてこ舞いでパニック寸前だったんじゃないかな。薬を貰って帰ってからは雪が降ったから植えられなかったパンジーをプランター4個に植え替えました。少し日が経っていたから根が回っていましたが、あの雪にも負けずに蕾をたくさん付けていました。今からは花が咲くまでゆっくりと見守る事にします。綺麗な花を咲かせてね。

全日本フィギュアが始まりましたね。やっぱり真央ちゃんはスゴイですね。今日トップに立ったのは荒川静香さんですね。トリノに向けて熱い戦いが繰り広げられていますね。誰もが負けられないって感じで・・・みんな頑張れ!!と声援を送りたいです。誰がトリノに行くのか本当に楽しみですね。明日のフリーは見所一杯ですね。楽しみです~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

気になる天気

お正月目前の3連休。クリスマスイブ、クリスマスがこの連休中にあるからさぞかし大型ショッピングセンターやデパートは人出がすごいんだろうな、と思いならが天気を気にしています。天気のいい日が続かないからどうしても掃除が中途半端になるんですよね。雪や雨の日に窓拭きはしたくないし、フローリングにもワックスをと思っても天気のいい日でないと。こんなに天気ばかりを気にしているとあっと言う間にお正月になりそうです。明日は少しでも天気が回復すればいいんだけどなあ。今、山口では雨が降っています。

darlingがやっと重い腰(?)を上げて年賀状の作成に入りました。毎年、凝った年賀状を作るのはいいのですが、取り掛かるのが遅いんです。見ているこっちがイライラして来るんですが、マイペースな性格はどうにもなりません。でも、今年は早く(わたしに言わせれば遅いですが、darlingにとっては早い)にその気になったみたいです。いつもは28,29日から取り掛かるんですから。あんまり小言を言うのもいけませんね。「男はいつまで経っても子供、生涯、子供を育てるようなつもりで夫を育てればよい」と山内一豊の妻、千代の母親・・・法秀尼も言っていました。(功名が辻:司馬遼太郎) 頭ごなしは駄目なんです。おだててやる気を起こさせる言葉を使わないと・・・くどく言うのもご法度。これはわたしにも経験があります。

昼ごはんの時に“りんごのうた”が流れてきたんです。♪紅いりんごに唇寄せて♪です。その時の会話。

darling 「りんごの気持ちはよく分かる、ってどんな気持ち?」

わたし  「食わんでくれ~」と思わず返したらdarlingが笑いながら

darling 「何でこんなとこでぼけるん?」 

わたし  「何で?」ぼけた気のないわたし 

darling 「戦後の暗い時代に流行った歌にそんな意味はないじゃろう」 

わたし  「そうじゃろうけどね。でも単純に良かったのいね」 

darling 「元文芸部とは思えん。もっとええ解釈はないん?何か漫才になってない?」 

そうか?と思ったわたしでした。こんな変な会話の出来る夫婦です。

明日から天気になるらしいです。窓拭き出来そうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

こんな日が・・・

今朝、目覚めた時に感じたのは外を走る車の音がしない事。妙に静かなんです。いつもは早朝に出かけられるご近所さんの車の音がするんですが・・・外の様子が気になる。起きてカーテンを開けても曇っていて外の様子が分からない。でも空模様はどんよりしているみたい。一気に体が冷えてくるんです。お、お、恐るべし爆弾低気圧。寒気団。

こんな日は家に篭っていたいのに今日はそれが出来ない日。こんな凍った日がお給料日なんて最悪です。出かけないで済ませられないんですよね。気合を入れて出かける準備をしながらも窓の外で舞う雪に気持ちがくじけてしまいそうでした。

最初にコンビニで支払いを済ませて郵便局で年賀状を出してきました。それからバスに乗って銀行へ。道路はアイスバーンだったからチェーンを装着している車が多かったです。それでも車はノロノロ運転。バスも遅れて到着するしノロノロ運転だし・・・仕方ないですね。こんな日はやっぱり外に出ない方が正解ですね。銀行から帰って来る頃には道路のアイスバーンが解けていました。

わたしのいる地方はこの程度の雪で良かったんだけど鹿児島は88年振りの大雪らしいですね。大阪も雪が積もっていたし。この寒さ、明日には抜けるらしいですが、まだ油断出来ませんね。師走寒波のこんな雪は誰にとっても想定外ですよね。この寒さのせいか1月後半から流行し始めるインフルエンザが既に猛威を振るっているみたいですね。学級閉鎖になった学校もあるらしいです。今年は症状の重いA型が流行しているらしいです。皆さんもインフルエンザには気を付けて下さいね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

冷た~い雨

寒い日がまた戻ってきました。今夜から大荒れになるとか言ってました。朝起きたら外は真っ白って事になっているのかな?平地でも10センチの積雪予報が出ているし、今現在は暴風雪・波浪警報が発令中なんですよ。今年の冬は荒れ模様ですね。

大雪で雪かきや雪下ろしが日課になっている地方も大変ですよね。山口でも山間部では雪下ろしや雪かきをするほど雪が降るんですが、瀬戸内に面したわたしの住む地方ではそんな重労働がないだけ幸せです。だから我町は滅法、雪に弱いです。雪って見た目は白くて綺麗だけど凶器にもなるんですよね。スキーをしている時に新雪に体が埋まると身動きが取れなくなるんですよね。これって結構怖いですよ。それに重いんですよ。埋まって亡くなる方もいらっしゃるでしょう?

今、風がビュービューいって吹き荒れています。ヒェ~家が揺れてる。台風並みの風が吹いてます。雪の被害が出ないといいですね。雪や道路の凍結には皆さんも気を付けて下さいね。

明日は“古紙の日”だけど出さない方がいいかも。雨に濡れたりしたら古紙の価値が下がるらしいですね。やっぱりリサイクルをするにしても古紙の価値が高い方がいいですものね。エコは大切です。限りある資源を大切にしましょう。そう言いながらも無駄使いしてしまう事もありますよね。気持ちを引き締めて地球に優しい生活を心掛けます。

雪と一緒に八代盆地に“ナベヅル”が6羽飛来したらしいです。本州唯一の“ナベヅル”の渡来地なんですが、年々飛来する数が減っているんです。今年も7羽飛来しただけでもう飛来しないと思われていたんですが・・・やっと13羽になって去年と一緒の飛来数になりました。周南市八代の“ナベヅル”を知って下さい。下記アドレスで“ナベヅル”が見られます。丹頂に比べたら地味です。http://www.kanko-shunan.com/html/turu.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

あらしのよるに、を見てきました

嵐の夜、逃げ込んだ山小屋でヤギのメイと狼のガブが出会います。真っ暗闇の中でお互いを嵐から逃げてきた“仲間”と思い込んで話が弾みます。話をしてお互いが似ている事に気付いた2匹は再会を約束して別れます。お互いを知る為の合言葉が「あらしのよるに」。翌日、メイの前に現れたのは狼のガブ。お互いの勘違いに目が点の2匹。そんな2匹の間に奇妙な友情が芽生えて散歩を繰り返し仲良くなってしまいます。互いの仲間が2匹が仲良くなる事を許さない為に群れから離れる事を選んだ2匹は雪を被る危険な山を越えて狼とヤギが一緒に暮らせる「みどりのもり」に行く決意をします。その2匹を待ち受ける運命は・・・

原作は信頼、友情、愛といった普遍的なテーマが共感を呼んでベストセラーになった絵本です。普通なら食うものと食われるもののありえない友情を描いています。気弱な狼のガブにすればヤギのメイはご馳走。でも奇妙な友情ゆえに我慢するガブ。怖いと思っていた狼に親しみを感じるメイ。ガブとメイが散歩する姿はユーモラス。狼らしくない優しさを持ってメイに接するガブの顔も表情豊かでいいです。「命をかけてもいい友情があるんだ」と言ってガブの餌になろうとするメイと空腹でもメイを食べられないガブが泣きながら「何で狼に生まれてきちまったんだよー!」って本心を吐露します。それぞれから相手を思い遣る気持ちと愛を感じました。やっぱり信頼し合うっていいですね。

わたしももう一度、信頼や友情、愛について考えてみたいと思いました。そんな事を真剣に考える時間も大切ではないでしょうか?人と人の関係が希薄になってきたと言われるこの頃だからこそ考えないといけないのかも知れません。

声優さんの声ですぐに分かったのが市原悦子さん。特徴的でしょう?メイのお婆ちゃんだった。おばさんヤギの声を出していたカバちゃん。ヤギそのものがカバちゃんぽかった。想像してみて下さい。中村獅童ってあんな声も出せるんだ、って感心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月19日 (月)

日本列島が大雪

どの報道機関も大雪のニュースが大きなウエートを占めています。12月こんなに雪が降るのって記憶に無いです。うん十年生きていてこんな雪、12月に見たこと無いですね。やっぱりすごいんですよね。名古屋は58年振りの大雪とか。高速道路で雪に閉ざされたトラックで遭難しそうになった人がいたとか。中国道をはじめ多くの高速道路が通行止めになっていました。一番、多く雪が降った所は積雪が2メートルを超えているらしいですね。雪に閉じ込められた日本列島。

大雪の思い出と言えば小学生の頃は雪を踏み固めて下校時にスケート遊びをした事。結婚式の前日が大雪で結婚式当日は晴れたものの積雪は10数センチ。朝起きてすご~く感動したんです。結婚式の当日に真っ白な雪なんてロマンチックな気分に浸りました。でもその雪が後々、厄介を起こすなんて思いもしませんでした。結婚式を挙げた場所は有名な太鼓谷稲荷だったのでそこまで来るバスが1時間遅れたんです。待っているわたしは重いかつらを付けたままで疲れてました。新婚旅行に出る時間があったので披露宴を短縮して・・・タクシーに駆け込みました。誰にとっても記憶に残る結婚式だったみたいで友人の間で結婚式の話が出るたびに「○○結婚式の時はすごかったよね。」と未だに言われています。結婚1年でdarlingが三重県に転勤。2月始めにわたし達二人は社宅に到着したのに来る筈の荷物が来ないんです。節分寒波で引越し荷物を積んだトラックが立ち往生したらしく2日間、荷物を待ってホテル暮らしをしました。雪に関しては結構、面白いエピソードを持っているんです。

見るのは綺麗な雪ですが、厄介ものでもあるんですよね。また木曜日頃に寒波が襲来するらしいです。雪対策を万全にして乗り切りましょう。山にはいい雪が降っているのに高速道路が通行止めだとスキーにもいけません。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年12月17日 (土)

荒れてる夜

今夜、行われると思っていたトヨタカップの3位決定戦が実は明日の午後だと知ってちょっと気の抜けた夜になっていますが、外はすごい風が吹きまくっています。まるで台風を思わせる風です。なんでも山口県地方に風雪警報が発令されたとか。それなら荒れまくっている風にも納得です。

フィギュアスケートのフリー演技を見ました。15歳の真央ちゃんが楽しそうに滑っているのを見ているとスケートって簡単そうと思えてくるんですよね。簡単にジャンプを決めてしまう真央ちゃんは本当にすごいですね。女王スルツカヤを寄せ付けず優勝するなんて・・・やっぱり天才なんですね。今日の「くるみ割り人形」は可愛らしくて見ていて楽しくなりました。屈託の無い笑顔で嬉しそうに手を振る姿からは本番に強い精神力を感じさせないんですけどね。真央ちゃんの楽しそうに滑る姿をもっと見たいです。安藤美姫ちゃんは何だか体が重そうな気がしました。まだ、疲れが残っているのかな?ジャンプも何度か失敗してしまい表彰台に一歩届きませんでしたね。ちょっと期待していたから残念でした。

明日は午後からずっとサッカー三昧になりそうです。3位決定戦から決勝戦へと雪崩れ込みそうです。明日もこの天気が続くのなら家の中の掃除くらいで何も出来そうにありません。この冬一番の寒気なんて1月か2月頃に来るんじゃないんですか?もうそろそろ寒気が抜けてくれないかな~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月16日 (金)

38歳カズに拍手です

シドニーFCvsアルアハリの試合、手に汗握って見てました。ハラハラ、ドキドキ。シドニーが先制したもののアルアハリが追い付いて、勢いのあるアルアハリが逆転しそうな気がして。でも、それを凌いだシドニーが追加点のゴールを決めた時は声を上げていました。カズのゴールを見たかったけど・・・それは叶いませんでしたが、カズがピッチで年齢を感じさせずにボールを追う姿に感動しました。

百年近い歴史を持つアルアハリは新興クラブチーム、シドニーFCには負けられないと意気込んでいましたが、どうも決めるところでゴールを決められなかったのが敗因ではないでしょうか。チャンスはありましたもの。冷や冷やさせられたんですから。後半終盤にカズが交代させられそうになった時の国立で応援していたサポーターからのブーイングはすごかったですね。わたしもテレビの前でブーイングしていました。交代選手を間違えたのか、ブーイングに負けたのかリッティーが交代を変更した時は苦笑してしまいました。どっちだったのかな?2対1で勝ったシドニーFCの選手が期限付きで移籍したカズを取り囲んで一緒に喜んで居たのは印象的でした。そして恥ずかしがるカズを肩車して応援してくれたサポーターに答えてました。リッティーのインタビューにもカズへの感謝が多かったですね。シドニーFCの1勝に「おめでとう」を言いたいです。そして38歳であれだけ尽力したカズに拍手を送ります。明日はアルイテハドvsサプリサですね。どんなゲームになるんでしょうね。アルイテハド有利かな?

15歳の真央ちゃんは可愛いですね。それに物怖じしないで演技できるなんてすごいです。ジャンプが好きだと言うだけあって綺麗なジャンプですね。久々にフィギュアスケートが面白いですね。女子も男子も。トリノへの切符は誰が手中にするんでしょうね。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

リ~バプ~ル!

今夜のトヨタカップはサプリサvsリバプール。試合開始3分にいきなりクラウチのゴール。あっと言う間のゴールでした。これでサプリサは出鼻をくじかれて自分たちのサッカーが出来なくなってしまった気がします。昨夜みたいな拮抗したゲームを期待していたんですが、リバプールの力が上って事かな、と思いながら観戦していました。でも、サッカーは何が起こるか分からない・・・起きる事を期待していたのにな~。

ジェラードの鋭いシュートがゴールに突き刺さった瞬間に歓声を上げてしまいました。素晴らしいゴールでしたね。クラウチのゴールで3対0・・・サプリサも後半に見せ場を作ってくれましたが、結局リバプールが快勝でしたね。リバプールはあと2点は取れたんじゃないかな。ジェラードが交代してからリバプールの調和が崩れたのにサプリサはそこを衝き切れなかったのが残念でした。これで決勝は南米サンパウロvsヨーロッパのリバプールです。今日の試合をサンパウロも見に来ていたようですが、彼等の目にリバプールはどんな風に映ったんでしょうね。日曜日には「さすが!」と言わせて欲しいし興奮する試合を見たいですね。わたし結構、シャビ・アロンソが好き。頑張れシャビ!!

今日も寒い日でした。午後2時頃には雪がすごい勢いで降り出してあっと言う間に外の景色が白くなったのにはビックリしました。解けるよりも積もる方が多かったんですね。まだ、寒い日が続きそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

アルイテハド強いじゃない

今夜のトヨタカップの試合は面白かった。アルイテハドがサンパウロと互角に戦ったのにはビックリしました。それもスコアが3対2・・・サッカーで一番面白いとされる得点ではないですか。サンパウロはやっぱり個人技がスゴイですね。これぞブラジルサッカー。前半にアルイテハドが1対1に追い付いた時にはどうなるんだろうと、ワクワクしました。後半開始数分でサンパウロがアルイテハドを突き放した時は前半の終わりに動きが悪かったサンパウロとは違うチームになっていました。ハーフタイムでチームの空気が変わることってありますよね。最終的にサンパウロが勝ちましたが、アルイテハドの想像以上の戦いぶりに拍手です・・・まだ、拍手をするのは早いですね。トヨタカップが終わってからですね。アジア王者のアルイテハド、侮っていました。このアルイテハドに試合に出られなかった三人の選手が加わっていたらどうなっていたんでしょうね。もっと興奮させてくれる試合になったかもしれませんね。あ~残念!

明日はデポルティボ・サプリサvsリバプールですね。これも楽しみです。2004-2005チャンピオンリーグのACミラン戦(手に汗握って見てました)で見せた闘志とチームワークを見たいですね。ジェラードが観客に「もっと盛り上がってくれ!僕らに力をくれ!」みたいに煽ってましたよね。あんなジェラードが見たい。一番気になっているのはシセ。あの髪型がいつも気になるんですよね。今回は日本にちなんだ髪型にするとか・・・・どんなのか明日の夜が色んな意味で楽しみです。

山口県の山間部では昨日から35センチも積雪しているんです。明日にかけても大雪になるらしいです。あんなに雪が降ると大変ですよね。スキーをするわたしは嬉しいんですが・・・大雪の地方の皆さんすみません!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月13日 (火)

寒い一日・・・家に篭る

寒い一日でした。ブルブル。今朝、マーブルの散歩の時は曇り空でちらほら雪が舞っていました。積雪というよりは凍った道路に雪が張り付いている感じなんです。木や葉っぱの上には雪が乗っていました。高台の公園から眺める街の風景は綺麗でした。屋根の上に雪が積もって街自体が雪化粧でした。いつも見ている風景とは思えないほどでつい見とれてしまいました。

寒い朝は散歩の時にお会いする顔見知りの飼い主さんの第一声は「寒いですね~」「冷たい朝ですね~」。寒いせいか今朝は誰もが遅い散歩で最近、お会い出来なかった飼い主さんとワンちゃんに出会えました。

こんな寒い日は家から出られません。だから日頃は出来ない所の整理整頓をして過ごしました。本当なら今日は妹とランチの予定だったんですが、この雪でキャンセルです。妹の住む所は積雪が10センチ以上はあったんじゃないかな。いつも雪の時はすごいんです。山の中だからかな?我家から30数キロしか離れてないんですけどね。(妹は県内に住んでいるんですよ)

スキーの時の方が完全防寒だし体を動かすから汗はかいても寒いと感じる事は少ないんです。吹雪いている時にリフトに乗っているとか、北海道のナイタースキーでは寒いと感じますが、暖房のある家にいても寒いと感じることって多いですよね。(これってわたしだけ?)そういえばdarlingの知り合いの方が「山口の方が北海道よりも寒い」と言われたそうです。どうして?って思ったのですが、冬の北海道に行って納得しました。冬の北海道の建物の中はとても暖かなんです。春物の洋服で過ごせるくらいです。窓は二重窓だし暖房はガンガン効いています。建物全体が完全防寒している感じです。中途半端な防寒が一番寒いのかもしれませんね。

明日も寒そうです。早々にブログを書き上げて暖かくして早く寝よう。体調を崩さずに年末を乗り切りたいですからね。元気に頑張りましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

審判が潰した試合

わたしは怒っています。トヨタカップは「地球一のクラブチーム」を決めるんですよね。それなのに今日のシドニーFCvsデポルティボ・サプリサの試合は審判が潰した!どう見たってファールでもないのにシドニーFCの選手はファールを取られて・・・完全に試合を潰したのはシドニーFCの選手に一発レッドを出した時。あの時、シドニーFCの選手の足に相手GKの足が当っているのにシドニーFCの選手にレッドカード!リプレーを見てもシドニーFCの選手がGKに痛手を加えるほどの事はしていないじゃないですか。デポルティボのGKの痛がり方が異常でしょう。日本の審判はボールに近い位置でジャッジするのが少なすぎます。ゲームに関わる位置が遠すぎるでしょう。だから正確なジャッジが出来ないのよ!

あ~またヘボ審判の誤審です。日本の審判の質は悪すぎます。日本人の国際審判のレベルがこんなにも低いなんて恥ずかしい。選手のレベルがアップしてもジャッジする審判のレベルが低いから世界で通用する選手が出てこなくなるのよ。Jリーグを見ていても感じることです。こんなにも基準の曖昧な審判が多いなんて。トヨタカップのような試合にレベルの低い審判を出すことないでしょう。もっとレベルの高いヨーロッパとかの審判を使うべきでしょう。昨夜のアルイテハドvsアルアハリをジャッジしたイングランドの審判は上手く試合をコントロールしていて面白い試合だった。久し振りに面白い試合だったから「やっぱり地球一のクラブチームを決めるだけの試合だよね」って思っていたのに。今日はガッカリです。こんなに腹立たしい思いをさせる審判なんか消えて無くなれ。

カズは頑張ってたのにね。38歳という年齢を考えてもスゴイと思うのに・・・カズは本当にサッカーが好きなんでしょうね。カズには頑張って欲しいです。

次の試合に期待したいのですが、ジャッジによって試合が潰されるのだけは許されません。それにトヨタカップに来てくれているクラブチームにも失礼でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年12月10日 (土)

今シーズンの初滑り

今シーズンは早い時期に初滑りです。ワクワク、ドキドキでした。女鹿平スキー場でトップゲレンデに一直線。リフトが上に行くにつれて霧が深くなりリフトを降りた時にはもう前が見えない状態でした。視界はどれくらいあったのかは分かりませんが、前にいる人を見分けるのに必死でとても疲れました。神経を遣い過ぎて本当に疲れましたし、初滑りだったからスキーと靴に慣れることに専念したこともあって倍以上に疲れました。雪も重くて林間コースの雪は降雪機のざらめ雪だったからスキー板を取られてしまい・・・ボーゲンの基本形で滑ってました。これも疲れました。でも、午後からはスキーにも靴にも馴染んで来たみたいで滑りを思い出しセンターコースのゲレンデでうずくまっているボーダーをかわして楽しく滑りました。残念なのは雪質が思ったほど良くなかった事かな。重い雪は疲れを倍層させてしまいます。今は足がだるいです。

J1J2入れ替え戦の結果を見て唖然としてしまいました。 6対2でヴァンホーレの勝ち?レイソルは何してたの?考えてみれば水曜日の試合もヴァンホーレの方が押し気味だったし勢いがありましたからね。レイソルはどうなるんでしょうね。明神は?南は?玉田は?ラモスは?と考えると1年で帰ってこれるの?って心配になります。

ドイツワールドカップの対戦相手が決まりましたね。F組の日本はブラジル、クロアチア、オーストラリアと戦うことになりましたね。相手はどうであれ恐れずに頑張って欲しいです。日本のサッカーを見せて欲しい!!日本チャ・チャ・チャです。もう今から来年の6月が待ち遠しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月 9日 (金)

ALWAYS三丁目の夕日を見ました

映画開始の場面から懐かしいナレーションがバックに流れていました。昭和30年代初めの本当に懐かしさの漂う映画でした。鈴木オートと茶川商店(駄菓子屋)を中心にストーリーは展開して行きます。鈴木オートに青森からの集団就職で一人の女の子がやって来ます。そして茶川商店にも母親に捨てられた小学生の男の子が転がり込みます。ここから様々なドラマが展開してゆきます。笑有りほろりとさせられる所ありでいい映画でした。

画面から懐かしさが溢れていました。とても印象的だったのは建設中の東京タワーがストーリー展開に合わせて高くなっていくんです。あの頃は東京タワーが街の上にそそり立っていたんですね。街には路面電車が走り路地に入れば子供達が遊んでいるんです。う~ん、子供の頃は道路で遊んでいたなあ。あの頃は地域に活気がありましたよね。今は幼い子供達が安心して一人歩きも出来ないし遊べない時代になって地区の活気が薄れていますよね。それに近所との関係も希薄で・・・隣に誰が住んでいるかも分からないとも言われていますよね。それも悲しいですね。わたしの住んでいる所は昔から住んでいる人が多いから誰がどこのおばちゃん、おじちゃんか分かりますけどね。

この映画の中で小雪が着ていた洋服がとてもレトロなんだけれど今でも素敵な感じの服が多かったんです。可愛いな~って思って見てました。あとは薬師丸ひろこの母親役が原作の母親にそっくりで嵌ってました。「快感~」なんて言っていたあの薬師丸ひろこがです・・・原作は“ビッグコミックオリジナル”に連載されているんです。漫画で見ても「有ったよね、こんなの。こんな品」なんて呟くんですよね。懐かしくて面白い漫画です。そういえば原作に出てくる“六ちゃん”は男の子なんだけど、この映画の“六ちゃん”は女の子なんです。ちょっとびっくりだったけど・・・女性の“六ちゃん”も良かったですよ。家族ってやっぱりいいな、って思わせてくれる映画でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月 8日 (木)

カニの日

今日、お世話になっている方からお歳暮を頂きました。届いた発泡スチロールを開けてビックリ。そこに見たのはなんと高級食材の“活き松葉ガニ”ではありませんか。まだ生きているんです。泡を噴いているんです。あまりの嬉しさにすぐにdarlingにメールしていたわたし。

夕食はゆで松葉ガニ・・・とても美味しかったです。その辺で売っている冷凍物とは格段の差があります。あのカニ肉の弾力と甘みは堪りませんね。それに味噌のコクは口の中を一杯にするくらい濃いんです。カニってやっぱり美味しいですね。これからの季節の美味しい一品ですね。あ~満足、満足。

こんなに美味しい食材がわたしを悩ませているんです。それはアレルギー。実はわたし、甲殻類に対してアレルギーがある事が分かったんです。エビ、カニは生で食べると口の粘膜が腫れ、喉がかゆくなるんです。これは接触アレルギー(?)と言われました。火が通ればそんな症状は出ないんですが・・・・病院の先生曰く「食べる時に気をつけた方がいいでしょうね。極端な話、料理の中のカニ、エビを除けるくらいでもいいですよ。」ガ~ン。そ・そ・そんな~。そんな酷な話ってないでしょう。まあ、気を付けて食べるようにと言われたので、量を制限して食べています。でも、今日のカニは結構食べた気がします。

ヨーロッパのCLも面白い事になってますよね。マンチェスターユナイテッドが決勝トーナメントに進めないという事態に・・・ルーニーやファン・ニステルローイを擁し、チェルシーを破って上向き加減だったのに。何があったのよ。ファーガソン監督は「必死になりすぎた」とのコメントを残していましたが・・・。これだからサッカーは面白いし夢中になるんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

年賀状作りの一日

やっと重い腰を上げて年賀状を作り始めました。来年は戌年だからマーブルで決まり。後はどうしようかな~。インクジェット葉書以外に写真用年賀葉書を購入したから写真を使わないなんてもったいない。でも、どんな写真を使おうかな。それを考えて時間が過ぎてしまいました。CMじゃないけど「写真写り悪いんです」って独り言を言いたくなるんですよね。

写真写りっていえば自分の顔は「この角度から撮って」とか、「斜め横から撮って」っていう人いるんですよね。いませんか?こんな人。人それぞれパターンってありませんか。写真を見ているとこんなポーズ多いなとか。わたしなんて何も考えずにピースしてみたりするから後で困るんです。いい写真が無くて・・・悲しい。

J1とJ2の入れ替え戦・・・すごい事になってました。レイソルサポーターはみぞれの降る甲府の地で上半身裸で応援してるし、レイソルはどうしたのよってくらいヴァンフォーレに攻められているし、バックパスしてGKが手で取るし、スタジアムのライトが突然消えて中断するんだから。何でもありって感じの入れ替え戦です。本当に。今、勢いがあるのはどう見てもヴァンフォーレの方ですね。そういえばレイソルって去年も入れ替え戦を戦ったんですよね。去年は確かアビスパじゃなかったかな?常連になるような戦力じゃないと思うんだけどな。土曜日はどんな結果になるのやら。レイソルは去年のように踏ん張れるか。それとも勢いのままヴァンフォーレがJ1に昇格するか、楽しみですね。日曜日からはトヨタカップが始まるし・・・まだまだ熱いサッカーが見られそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月 6日 (火)

方言っていい

テレビ番組で方言を扱った番組がありますよね。方言って地方色豊かで何とも言えない温かさがあっていいと思いませんか?日本の地域で日本語がただ方言になっただけなのに聞き取れないのはなぜ?って思いますが、またそこも活きている言葉って感じがしていいじゃないですか。

わたしの住む本州の西端にある山口では言葉の語尾に「~そ」「~ほ」「~ちゃ」が付く事が有ります。「ぶちでかい」の上が「ばりでかい」。「超~」的な言い方は「くそでかい」となります。家の裏を「せど」、温かい「ぬくい」、わたし「うち」、準備するとか下ごしらえする事を「しごする」、湿っぽくなった煎餅など食べた時には「この煎餅、しわいね」と表現します。「しわい」って言いません?「あの人しわいよね」って言われるとあの人ケチよね・・・って意味です。後は「やねこい」癖がありそうだとか、そんな意味かな。わたしにも分からない方言も有ったり、先人たちが使っていて田舎にしか残ってない方言とかもあるから・・・妹が嫁いでいる所には面白い方言もあるんですよね。その一つが「うみる」。これは蒸れるの意味らしいです。今度、面白い言い回しとか妹に聞いときます。お楽しみに。

darlingは関西出身なんだけど就職してすぐに福岡に赴任し次が山口、結婚してから三重、そして現在が山口。妙に感化されていて福岡で覚えた言葉が出たり、山口の方言が出たりで本当に関西人?って思うことも多いんです。darling曰く「マーブル(我家の愛犬)と一緒でミックスなんだ」とか。う~ん、そうなのかな。darlingだけのような気もするんだけどな。関西弁を忘れてる人も珍しいでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

雪が降る~

今日は寒い一日でした。ストーブが部屋の中を温めるのに随分時間がかかりました。いつもならすぐに部屋が温まるのに・・・ストーブの前から離れられません。でも、カーテンを開けた時は心が弾みました。一面白一色なんですもの。雪が積もった屋根や木々に見とれてしまいました。冷たい白い色がわたしを燃えさせるんです。あ~スキーシーズン到来です。

我家から一時間半くらいで行ける所に本当に小さなスキー場があるんですが、そこもいい雪が降っているのにスキー場の準備が出来ていないんだそうです。いつもは雪が降らなくてスキー場開きが遅いからだとは思いますが、もったいないです。わたしはこのスキー場には行かないのですが、ファミリー向けのゲレンデだと思うので雪が降れば行こうと思う人もいると思うんですよね。何でもスキー場開きは12月23日だそうです。まだまだ先ですね。

島根や広島のスキー場は11月下旬にはもうスキー場開きをしていたからこの雪でいいコンディションじゃないかな。どれくらい雪が降っているかはまだ確認していないけどこの先も低温が続くそうだし、早くスキー板で雪を確かめたいな。

それよりもスキーに行く前に頭痛を撃退しないと・・・楽しめないのも。冷たい風と雪がわたしを待っている。今週末くらいにスキーに行けるといいんだけどな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

ガンバ大阪、優勝おめでとう!!

ガンバ大阪、優勝おめでとう!今シーズンは最後まで優勝の行方が読めず勝ち点2差の中に5チームという混迷を呈していました。その中で少しだけ頭を出していたセレッソ大阪。勝てば文句無くセレッソが優勝なのにそのセレッソがFC東京とドロー。浦和、鹿島、千葉は順当に勝ち点を伸ばしはしたもののガンバの勝利で逆転優勝も露と消えてしまいました。

アントラーズサポーターのわたしとしては数年振りのアントラーズの逆転優勝を夢に見ていたのですが、darlingのご贔屓のガンバの優勝は結構嬉しいです。恒さんの男泣きに感動しちゃった。いつもはバックスから大声を飛ばしている恒さんの姿からは想像出来ませんが、だからこそいい涙なんです。爆発的な攻撃力を持つ3トップと恒さん率いるバックスがしっかり仕事をすれば結果は出るんですよね。来シーズンも絶対に1試合はホーム万博記念競技場に応援に行きま~す。

でも、西野監督の采配にはちょっと言いたいです。松波が今期限りで引退するからって吉原宏太を使わないなんて・・・・ここ数試合、松波を使わずに宏太を使っていればもっと早くにガンバの優勝が決まっていた気がします。厳しい言い方かも知れないけれど。後手を踏むのは西野監督の悪癖じゃないですか?だって柏レイソル時代にも優勝を掴みかけて結局、優勝を逃しているじゃないですか。原因は選手交代の遅さにあるんだと思います。怪我人が出たから選手交代じゃ勝てないでしょう。いい選手がいるんだから選手起用を上手くすればこんな混戦にはならなかったと思います。今度はセレッソに頑張って欲しいな~。いえいえアントラーズ頑張ってよ!リーグ戦は終わりましたがトニーニョ・セレーゾ監督、最後の天皇杯、頑張って下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月 2日 (金)

早くもお節料理の話題

師走に入ったばかりだというのにわたしの周囲はとても気忙しくなってきました。仕出屋さんから届いた葉書にお節料理が紹介されていて・・・早速、「わたしは何を作る」「お母さんは何を作る?」の会話に発展。母は数の子を漬けて煮しめを炊くそうです。わたしは田作りとクワイの煮物を担当。実はわたしの田作りは我家の男性達(父と夫)には好評なんです。クワイの煮物はdarlingのリクエスト。結婚して以来ずっと作っているんです。でも、結婚前はクワイの煮物なんて食べたことも作ったこともないから戸惑ったのなんのって困り果ててしまいました。伝統的なお節料理を紹介している本を買ってやっと見つけました。最初に作ったクワイの煮物、あの時は本の通りに作ったんだけど今になっては美味しかったのかどうかも分からないんですよね。だからってdarlingにも聞き辛いんです。

お節料理って地方色だとか家庭の味ってありますよね。我家は里芋、にんじん、れんこん、たけのこ、こんにゃく、干し椎茸を一つずつ味付けを替えて炊くんです。これってすごく大変な作業。わたしには出来ない・・・数の子、黒豆、棒ダラ、田作り、紅白なます、そして雑煮。わたしの地方では丸餅に醤油仕立てのすまし汁。具は三つ葉や春菊、ゆずの皮といたってシンプルです。あと必ず正月の食卓に出てくるのがブリ・タコの刺身。darlinの実家ではお餅は切った角餅。すまし汁の醤油仕立てだったから違和感は無かったけどね。

お正月に結婚した旦那さんや奥さんの実家に行ってビックリすることってあるんじゃないでしょうか。わたしはdarlingの兄嫁さんやお姉さんのパワーに圧倒されました。すごいの一言。大阪の女性ってすごいエネルギーを蓄えているんです・・・・本当に凄かったんですから。今でもあの凄さは忘れられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

ハリー・ポッターを見てきました

“ハリー・ポッターと炎のゴブレット”を見てきました。原作を読んでいるので筋は分かるんですが、文章を追いながら頭で想像するのと映像になって表現されるのでは違いが大なり小なり有ります。仕方が無いことだと思いますが・・・前の三作を見ているからハリー、ロン、ハーマイオニーの登場人物は違和感が無いんです。大人にはなってますけどね。

今回はクディッチ・ワールドカップにロンの家族とハーマイオニー達と出かけるハリー。そこでワールドカップの華やかさと対照的に“闇の印”が夜空に打ち上げられる。それは“例のあの人”の復活を告げるものだった。ハリー達の4年目の新学期はダンブルドア校長の重大発表から始まる。世界の三大校が一堂に集まり選ばれた精鋭達が魔法の力を競いあることに・・・100年の封印を破って「三大魔法学校対抗試合」が再開されることになった。参加資格は17歳以上。立候補した生徒の中から“炎のゴブレット”が各校の代表選手1名を選ぶ。ダームストラング校代表はプロのクディッチ選手でもあるビクトール・クラム。ボーバトン校代表はヴィーラを祖母に持つ美女フラー・デラクール。ホグワーツ校代表はレイブンクローのセドリック・ディゴリー。それだけで終わりではなかった。“炎のゴブレット”が引き続いて4人目の選手ハリー・ポッターを選び出した。資格も無く、立候補もしていないハリーがなぜ?ロンとの関係も悪くなりハリーの周囲はハリーを冷たい目で見るようになった。そしていよいよ第一の課題が始まる・・・・4作目で闇の帝王ヴォルデモート卿が完全な肉体を手に入れ、姿を現す。迫り来る直接対決の時が・・・決戦の火蓋が今、切って落される!

前三作よりもハリーに迫る危険が半端じゃない。クディッチ・ワールドカップの前に恐ろしい夢を見るハリーはワールドカップの会場で「死喰い人」に襲われそうになり夜空にはヴォルデモートの“闇の印”を打ち上げたと疑われる。これらはまだ序章に過ぎなかった。「三大魔法学校対抗試合」で様々な試練がハリーに襲いかかる。そして優勝カップを手にした途端に・・・原作は上下巻2冊もある長編。だから出てこないキャラクターも居るんですよね。屋敷僕のドビー、ウィンキーやバグマンとか。まあ長い作品だから仕方ないんでしょうが、クディッチ・ワールドカップの場面が少なかったのが残念だった。だから言ってしまうけどワールドカップで優勝したのはアイルランド。ビクトール・クラムの居るブルガリアは負けるんですよね。シリウスも出てこなかったのよね。わたしが映像になっていなくて一番残念だったのはオリバンダー(杖職人)の杖調べの場面。そこでハリーの杖がヴォルデモートの杖の片割れだと思い起こさせてくれるからヴォルデモートとの対決の時の事が分かり易いんですよね。次は期待してますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »