« 風花の舞う朝 | トップページ | ゴミの分別 »

2006年1月24日 (火)

THE有頂天ホテルを観て来ました

今日は映画館のレディースデイ。この日に気に入った映画を観る事にしているわたし。今日は三谷幸喜の「THE有頂天ホテル」を観て来ました。

“HOTEL AVANTI”の大晦日のカウントダウンパーティに向けて忙しく動いているホテルで繰り広げられる様々な出来事をユーモラスに描いている作品です。副支配人:新堂平吉(役所広司)は矢継ぎ早に発生するトラブルを解決しながら大晦日を無事に終える任務に当っています。そんな新堂自身に大問題が降りかかります。15年前に別れた妻が新しい夫とホテルに滞在しているのを知らずに再会してしまいます。客室係:竹本ハナ(松たか子)と国会議員:武藤田勝利(佐藤浩市)は元愛人の関係。ハナがスイートルームの片付けをしながら部屋にあった豪華な毛皮や宝石を身に付けてうっとりしていると部屋に男が入って来ます。ハナを誰かと勘違いしている男に言われるままにラウンジに向かうハナ。国会議員:武藤田勝利(佐藤浩市)はクリーンなイメージを売りにしていた彼が汚職に関わった事でマスコミに追い詰められてホテルに逃げ込んでいました。八方塞りの状態で大晦日を迎えました。ベルボーイ:只野憲二(香取慎吾)は30歳を前にシンガーソングライターになる夢を諦めて故郷に帰る決意をしていました。でも大晦日の忙しさに再びベルボーイに戻った彼を待っていたものは・・・・。

副支配人:新堂平吉、客室係:竹本ハナ、汚職国会議員:武藤田勝利、ベルボーイ:只野憲二、それぞれを中心としたストーリーに様々な人・・・能天気な総支配人は伊東四朗。この総支配人白塗りでホテル中を逃げ回って最後にはホテルの中で迷子になるんです。ホテル探偵はアリとキリギリスの石井正則。アヒルのダブダブを追跡します。筆耕係はオダギリジョー。書き文字の達人。でも垂れ幕に書く字が小さくて。神出鬼没のコールガールは篠原涼子。ホテル従業員の目を盗んでホテルで客引きをしているんです。芸能プロの社長に唐沢寿明。この男が場当たり的で最後には自分でマジックのアシスタントをするつもりに。不幸なシンガーはYOU。芸能プロの愛人。死にたがる演歌歌手に西田敏行。付き人尾藤とのやり取りが面白い・・・が関わってきてホテルという場所で見られる日常が非日常の世界に変わります。目まぐるしく展開するストーリーの中に沢山の笑いがあり、人を思い遣る気持ちがありました。宿泊しただけでは分からないホテルを見ているような気がしました。この「THE 有頂天ホテル」のパンフレットには“お帰りなさいませ、お客様。当ホテルは愛と勇気と素敵な偶然をお届けします。”と書かれています。本当にそんな映画でした。兎に角、大笑いしたければお勧めの映画です。

わたしがホテルで思い出すのは石の森章太郎さんの「HOTEL」。テレビドラマにもなっていましたよね。その「HOTEL」とどこか通じるところがある気がします。“ホテルアバンティ”のモットーはお客様は家族。そしておもてなしは一流。石の森さんの「HOTEL」のモデルは帝国ホテルだとか。三谷幸喜監督のモデルは1932年に製作された「グランド・ホテル」みたいです。

こんなホテルに泊まってみたいと思わせるような豪華なセットなんです。「どこかにこんなホテルあるんじゃないかしら」と探してみたくなるようなホテルです。「THE 有頂天ホテル」のパンフレットはホテルの部屋にあるパンフレットみたいです。4室の豪華なスイートルームの写真が載せられているし、ロビーの写真もあります。これがセットだとは思えないんです。どこまでも凝った作りになっています。

「THE 有頂天ホテル」は素晴らしい娯楽作品です。この映画はお勧めです。来週は多分、ゾロを観に行くと思います。

|

« 風花の舞う朝 | トップページ | ゴミの分別 »

「シネマ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

有頂天ホテル観にいかれたんですね。

金曜日仕事休みなので、有頂天にしようか博士にしようか悩んでいます。

う~ん、どっちも行きたいし。(笑)

投稿: tami | 2006年1月25日 (水) 00時29分

tami様
有頂天ホテル、兎に角笑えます。
金曜日はお休みなんですね。どっちにいかれるんでしょうね。また、教えて下さいね。有頂天ホテルの登場人物で一番おかしかったのは伊東四朗。それから慎吾ちゃんが歌った変な歌の歌詞も笑えます。

投稿: *aprile | 2006年1月25日 (水) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/8317568

この記事へのトラックバック一覧です: THE有頂天ホテルを観て来ました:

« 風花の舞う朝 | トップページ | ゴミの分別 »