« 初メダルが金メダル | トップページ | 金メダルの秘密・・・darlingの言い分 »

2006年2月25日 (土)

ゼロックススーパーカップ

Jリーグ開幕前のゼロックススーパーカップが国立競技場で行われました。対戦カードはJリーグ覇者のガンバ大阪vs天皇杯覇者の浦和レッズ。リーグ戦前の試合だけにどんな試合を見せてくれるのかと期待したのですが・・・・見事に期待を裏切られました。

リーグ戦1週間前だからリスクを恐れているのか、何とも動きが良く無いんです。レッズはインド戦に出ていた選手も出場していたのですが、ガンバは宮本も加地も温存なんです。監督の考えの違いが出ていました。ブッフバルト監督は選手の状態を見て出場させたのでしょうが、西野監督は選手の状態よりは来週から始まるリーグ戦を睨んでいる気がする選手の起用。どっちがどーだとは言えないけど・・・・ガンバのサポーターはちょっとフラストレーションが溜まっている気がします。後半、加地は交代でピッチに立ったのに宮本は出てこなかったから。

試合は前半開始数分で坪井のオウンゴールでガンバに1点献上。ここからレッズの攻撃が始まり9分に堀之内(レッズ)がヘッドで同点に。レッズの攻撃に対してガンバはマグノアウベスとフェルナンジーニョのコンビが機能しておらず、宮本のいない3バックがレッズの攻撃に持ち堪えられない場面もありました。小野からのパスにワシントンが飛び出しGKを交わしてゴールして逆転。前半はレッズの攻撃にガンバが耐えていました。

後半は選手交代も無く試合開始。6分にポンテが駄目押しのゴールを決めたレッズ。GKの前を守りきれずにポンテの前に大きなスペースを空けたガンバの守備ミスでしょう。宮本が居ないのがこんなにも大きな影響を与えるんです。「もっとしっかりしなさいよ!ガンバDF」って言いたいですよね。少しずつ流れが変わり始めた頃に最初に動いたのはガンバ。二川、寺田を下げて播戸、加地をピッチに送り出しました。暫くしてレッズも三都主、ワシントン、小野を下げ細貝、永井、酒井をピッチに。ここからガンバの攻撃が始まりました。いい流れの攻撃の形は出来ているんですが、遠藤のミドルもマグノアウベスのシュートも僅かにゴールマウスを外れて行きました。声が出るくらい惜しいシュートだったんですよね。ガンバがもう1点を入れていれば違った展開になったんでしょうが・・・・後半35分頃からはレッズに攻撃しようという気持ちが無くなったような気がします。結局1-3で浦和レッズがゼロックススーパーカップの勝者になりました。

Jリーグレベルの試合でしたね。やっぱりヨーロッパのリーグの試合や日本代表戦を見ているとボールのスピードや攻守の切り替えが遅いんです。わたしはこんな試合を「チンタラした試合」と言っています。もっと一生懸命の試合が見たいんですが・・・これはJリーグの人気がなくなる原因の一つだと思います。Jリーグが始まった頃のようなガムシャラさや一生懸命さのある試合を見たいものです。そうすれば「スタジアムにサッカーを見に行こうかな」っていう人も増えると思うんですよね。

わたしにとってもJリーグ開幕は今シーズンのサッカーの開幕です。今年もdarlingと一緒にスタジアム巡りをしようと思っています。今年は“フクアリ”に行きたいんです。あ~サッカー好きには堪らない楽しみです。

|

« 初メダルが金メダル | トップページ | 金メダルの秘密・・・darlingの言い分 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/8829019

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロックススーパーカップ:

» ゼロックスはガンバがレッズに敗戦 [芸能&スポーツ瓦版]
昨年シーズン王者のガンバ大阪と天皇杯王者の浦和レッズが ゼロックススーパー杯で対戦し今季最初のタイトルを争った 前半はレッズ坪井のオウンゴールでガンバが先制したのだが ガンバはレッズに2点を取られ逆転されて前半を終了する 後半もレッズが1点を取り3対....... [続きを読む]

受信: 2006年2月25日 (土) 19時05分

» ゼロックススーパーカップ 浦和レッズVSガンバ大阪 [白浜スポーツチャンネル764]
天皇杯覇者の浦和とJ1王者のG大阪が“日本一”を争う一戦は25日、東京・国立競技 [続きを読む]

受信: 2006年2月25日 (土) 22時41分

« 初メダルが金メダル | トップページ | 金メダルの秘密・・・darlingの言い分 »