« 花粉症と菅原道真 | トップページ | 「Apeos」のCM »

2006年3月 1日 (水)

日本vsボスニア・ヘルツェゴビナ

W杯で日本vsブラジル戦が行われる予定のスタジアム、ウェストファーレンで行われた日本vsボスニア・ヘルツェゴビナの親善試合は2-2のドロー。W杯ヨーロッパ予選でスペインを苦しめたボスニア・ヘルツェゴビナの強さは本物。

前半は日本もスピードのある攻め上がりをみせていたが、引き気味のボスニアに対して効果的なシュートも数本しか打てなかった。ボスニアの速さと高さにゴールを阻まれた感のある日本の攻撃陣で気を吐いていたのが高原。柳沢や大黒のような動きの少ない高原がいい動きをしてた。それに引き換え久保は相変わらずの緩慢な動き。ロビングのボールも見送るだけで追いかけもしないなんて・・・・そんな久保に対してMFの小笠原は前回の試合でのいいイメージのままの動きを見せてくれた。ゴール前にドリブルで切り込んできた小笠原のシュートはGKの正面。惜しかった。

サイドからの攻撃は変化に乏しくセンタリングも鋭いものが無く山なりのボールばかり。最初にセンタリングを上げた時点で高いボールに相手が反応すると分かれば鋭いグランダーのボールを入れてみるとかの工夫が出来ないのはどうして?だからコーナーキックも前半終了間際まで無かった。このコーナーキックに高原が合わせてゴール!1-0で前半終了。

後半、ボスニアが反撃を開始した。高さだけでは無く、早くて足技もあるボスニア相手に日本のミスが目立ち始めた。不用意な横パスを奪われて高い位置から攻撃される場面が増えると同時にイエローカードを貰う選手も増えてきた。中沢がPKを献上して1-1。サイドのパスミスをカバーしようとした宮本がイエローカード。FKを競り負け川口がこぼしたボールを押し込まれて1-2とされた。

後半、目立ったのが両サイドの弱さと中盤のパス回しの雑さ。両サイドはボスニアの選手にあっさりとかわされてゴール前まで持って行かれる。特に右サイドからのボスニアの攻撃が多くなりチャンスまで作られる始末。中盤の選手がサイドへのワイドなボールを出せずに横パス、バックパスを多用するのはいただけない。

小野がピッチに入ってからは深い位置からのボールが少しは出るようになった。マークを振り切ったヒデからもサイドにロングパスが出るものの受け止める選手が球際の弱さを露呈して相手選手に取られる場面も。久保、高原と交代した柳沢、大黒が裏に飛び出す動きをみせたもののチャンスに繋がらなかった。後半ロスタイムにヒデが意地のヘディングシュートをサイドネットに叩き込んで2-2のドローに持ち込んだ。

「やっぱりヒデがいないと」そう感じました。2人3人にマークされながらも絶妙なロングパスをサイドに前方に出せるんですから。そしてここぞという時に決めてくれるんですから。でもどうしてジーコは久保、三都主にこだわるんでしょうか。そのために有力選手が招集されなかったり、スタメンで出られないなんて変じゃないですか?力を付けて来た平山を招集してないし、小野、稲本、柳沢が先発を外れるなんて。こだわり過ぎるジーコは人事が下手なんでしょうね。旬の選手を使わずにチャンスを逃す事になりかねないので心配です。一抹の不安があるのはわたしだけでしょうか?

|

« 花粉症と菅原道真 | トップページ | 「Apeos」のCM »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

早速のコメントありがとうございます。
三都主不要論はけっこう広まりつつあると思うよ。
それにしても、ジーコのこだわりに文句を言える人が
日本協会には居ないんでしょうかね?
せめて、サブにして流れを替える選手としての
起用の方が良いと思うのですが。
私的には、三都主は選手じゃなく通訳で良いと思っていますがね。
あと約100日。
後悔のないW杯を迎えたいものですね。

投稿: ともくん | 2006年3月 1日 (水) 12時22分

*aprileさん

いつもありがとうございます。
そーですね~。
特に後半は、厳しかったですね。
この時期で、これはないだろ!
と言いたいお気持ち!よくわかります。

フォーメーションや選手起用についても、方向性が見えてないというか、行き当たりばったり的ですよね。

あと3ヶ月のなかで、予選突破できるように改善をはかってほしいものですね。

投稿: 「感動創造」 | 2006年3月 1日 (水) 20時23分

おっとそれから!
サイパンにもコメント感謝です!

喜んでいただけました?!!

おかげさまで充実した旅行ができました!
ありがたいことです。

お土産は、そうですね~
遊ぶのに一所懸命で、あまり見てこなかったのが現実です。
ボージョボー人形でしたっけ?
有名な現地のお土産があるらしいですね。
なにやら願いが叶うとか、叶わないとか・・・

投稿: 「感動創造」 | 2006年3月 1日 (水) 20時28分

「感動創造」様
サイパンの旅行記、楽しませてもらいました。ありがとうございました。
ボージョボー人形は知っています。金運とか異性運とかにいいと言うお人形でしょう?最近は日本でも売ってますよね。
ジーコの人事起用には納得がいきません。旬な選手を使ってもいいじゃないですか。そう思いませんか?

投稿: *aprile | 2006年3月 2日 (木) 13時53分

ともくん様
本当に三都主は通訳で十分です。もっと違う選手を使って欲しいですよね。
応援できない選手でなくて応援できる選手を起用して欲しい物です。

投稿: *aprile | 2006年3月 2日 (木) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/8889650

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsボスニア・ヘルツェゴビナ:

» サッカー 対ボスニア戦 [くすりぶくろのなかみ]
2-2のドロー。 内容的には負けと言って良いでしょう。 負けてませんが敗因は、 DFの崩壊、特にサイドから崩されいた。 よく攻めの機転となる人がいますが、 日本 [続きを読む]

受信: 2006年3月 1日 (水) 11時37分

» ジーコジャパン!中田英!値千金の同点弾!このドローは大きい! [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
ジーコジャパンが価値あるドロー  [続きを読む]

受信: 2006年3月 1日 (水) 20時23分

« 花粉症と菅原道真 | トップページ | 「Apeos」のCM »