« 「ダ・ヴィンチ・コード」を見てきました | トップページ | カーンの気持ち »

2006年5月31日 (水)

日本vsドイツ 

日本VSドイツはW杯前の強化試合。シードされているドイツとこの時期に戦えるのはとても恵まれていると思います。ジーコも試合前に言っていました。「勝ち負けを重視するのではなくW杯に向けてコンディションを整えて、良いコンディションでW杯に入れるようにするのが大切な試合」それは分かってますけどね。でも、勝って欲しかったと思ったのは欲張りでしょうか。

怪我で出場するのかどうか分からなかったバラックがスタメン・・・・ドイツもベストメンバーでした。前半はドイツのボール支配率が高く若い選手が攻撃に絡んできてリズムは完全にドイツペース。流れを引き寄せようとする日本に対してドイツはリズムを掴ませてくれませんでした。ドイツはコーナーキックの回数も多くいつ点が入ってもおかしくありませんでした。ドイツのセットプレーは高さのあるDFがゴール前に来るから圧迫感があります。福西が攻守にいい動きをしていました。それに比べて三都主のパスは短いし高原との連携が悪いから前にボールを運べない。あ~日本は10人で試合しているみたいじゃないですか。

シュートチャンスは数回。高原がドイツ選手を背負ってシュート。ヒデのシュートはGKレーマンの足に当ったもののもう少しでゴールに吸い込まれそうでした。柳沢のシュートはレーマンの真正面。ゴール前の混戦から中澤が放ったシュートもレーマンの正面でした。後は決定力だけなのに・・・・日本もドイツの攻撃を凌いで0-0で前半終了しました。ピンチは何度もあったのにね。気掛かりは負傷退場した加地。大丈夫だといいんだけど。試合中に柳沢のユニフォームの前が縦に綺麗に裂けてました。ゴール前でドイツの選手に引っ張られていたんです。凄い力で引っ張られていたんですね。これで柳沢とドイツ選手は互いにイエローカード。

後半早々にヒデから駒野にボールが渡りチャンスを作ったんです。三都主は左サイドを駆け上がらないんだけど加地に代わって入った駒野は右サイドを上がって来るのでシュバインシュタイガーに守備をさせるのでチャンスを作れるんです。前半はサイドに出難かったボールが右サイドの駒野によく出るようになりました。後半11分に柳沢からいいボールを貰った高原がゴール!レーマンの伸ばした手をかわして素晴らしいゴールでした。20分の2点目もドイツ選手2人をかわして高原がゴール!日本が2点を先取するとドイツを本気にさせました。でも2点は一番危険な点差なんですよね。

後半分にクローゼが1点を取り1点差に。そして後半34分にフリーキックからシュバインシュタイガーのヘッドでドイツに2点目。とうとう2点差を追いつかれてしまいました。ドイツに同点にされてからヒデの動きが変わってきました。疲れを感じさせない良い動きをするんです。その後、日本はヒデから大黒に決定的なパスが2度も出るのですが、大黒が決めきれないんです。同点後に緊迫した面白い試合になりました。ドイツ相手に2-2のドロー。これは評価出来ますね。でも2-0から追い付かれたのは・・・・これがドイツの底力なのかもしれません。この試合は内容と言っていましたから・・・内容は良かったでしょう。でも、高さに対する守備に不安がありますね。これをどう修正してくるのかが気になります。

|

« 「ダ・ヴィンチ・コード」を見てきました | トップページ | カーンの気持ち »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

*aprile さん

いつもありがとうございます。

いつもながら、サッカーの時の内容は
非常に詳細ですよね~!!!

やはり、勝っている試合を
どう逃げ切るか?という経験がほとんどない日本としては
ちょっと浮き足立ってしまいましたよね!

これを本番までに修正して
まずはオーストラリアを叩いてほしいです!

投稿: 「感動創造」 | 2006年5月31日 (水) 18時08分

 いい形で取った2点を守れなかったのは残念でしたね。
 でも、日本は本番でいけそうですよ(^^♪

投稿: kenji | 2006年5月31日 (水) 20時41分

待ってました!*aprile さんのサッカー観戦記。

2点とったとこで、4バックになんで変えないんだよ~とドシロウトの私、さけんじゃいましたよ。
宮本選手、あそこはつぶされたらまずかったですね。
でも柳沢選手はもう心配しなくても大丈夫そうですね。

大黒選手の変わりに巻選手見たかったです。(笑)

投稿: tami | 2006年5月31日 (水) 21時44分

面白い試合だったと思います。リプレイしてみたくなるシーンが多いのは、それだけいい連携が出来ているということなんです。ただ、守備はまだちょっと不安なのと、この試合を見たクロアチアやオーストラリアは日本への警戒を強めてきそうです。セットプレーは、どう防ぐかよりも与えないことを考えたほうがいいでしょうね。

投稿: yamamo8 | 2006年5月31日 (水) 22時32分

「感動創造」様
サッカーになるとついつい熱くなってしまうんです。こんなわたしにしたのは主人なんです。
勝てる試合を勝てなかったのはドイツが同点に追い付いてから「勝ち点を取る」モードに入ったからでしょう。
日本はゴール前での連携ミスや高さに対する修正をしないといけないですね。
オーストラリアには勝って欲しいですね。

投稿: *aprile | 2006年6月 1日 (木) 14時07分

kenji様
FWの動きが良かったのは収穫ですね。2点を守れなかったのは本当に残念ですが、こんな試合をしてくれれば本番も面白くなりそうです。

投稿: *aprile | 2006年6月 1日 (木) 14時10分

tami様
日本が4バックに変えていたら多分、ドイツはサイドからの攻撃を多用していたと思います。
3バックで駒野がいい感じで上がっていたのでそれをカバーする選手がどうしても下がらなければならなくなったのがサイド攻撃を封じたのだと思います。
ヤナギはいい動きをしてましたね。オグリが1点でも入れていたら面白かったのに。

投稿: *aprile | 2006年6月 1日 (木) 14時15分

yamamo8様
守備に対する不安はありますね。それも高さに対しての不安があります。
セットプレーが多すぎましたね。三都主がペナルティーエリア近くで不用意なファールをするのを冷や冷やして見てました。
オーストラリアとクロアチアが警戒を強めるのは仕方がないですね。オーストラリア戦も面白い試合にして欲しいです。

投稿: *aprile | 2006年6月 1日 (木) 14時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/10327771

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsドイツ :

» ジーコジャパン、高原2ゴール!=対ドイツ国際親善試合= [今日の気分は?]
 今日未明(日本時間)にドイツで行われたジーコジャパン対ドイツとの試合は、後半11分に高原選手が先制のゴール、19分には高原選手の2本目のゴール。ここまでで2−0。  ところが、後半30分と34分にいずれもフリーキックからドイツにゴールを決められ、最終的に2−2のドローという結果でした。  日本の2本のゴールを決めたのは高原選手でしたが、その前のお膳立てには中田英選手が必ず絡んでい... [続きを読む]

受信: 2006年5月31日 (水) 20時31分

« 「ダ・ヴィンチ・コード」を見てきました | トップページ | カーンの気持ち »