« GWも終わって | トップページ | バラの花 »

2006年5月 8日 (月)

リンダのロマンティックミステリー

風邪をひいたり風邪気味な時って眠くなりませんか?わたしの場合、風邪をひくと体がだるくなってすご~く眠くなるんです。こんな時は無理せずゴロゴロしながら本でも読むのが一番。でも活字を追っていると眠気が・・・・いつの間にか寝ているんです。今、風邪が流行っているみたいなので気を付けないと。

最近、読んだ本をご紹介します。

Photo_6 『チアガール★ブルース』作者はリンダ・ハワード。出版社は二見文庫

わたしのお気に入りの作家の一人です。リンダとの出会いはハーレクインロマンス。全米でも圧倒的な人気のリンダはロマンス小説部門で様々な賞を獲得しています。今作品は抱腹絶倒のロマンティックミステリーです。

- あらすじ - 主人公のブレア・マロリーはかつてチアリーダーの女王、商才に恵まれたブレアは人気フィットネスクラブのオーナーをしている。そんなブレアがブレアのコピーキャット(真似っ子)をしていたニコール・グッドウィンの殺人事件を目撃して命まで狙われるはめに。その捜査に当ったのが二年前、たった三回デートしただけでブレアの前から去って行ったジェファーソン・ワイアット・ブラッズワース警部補。焼けぼっくいに火が付いた途端に第二、第三の事件が発生する。

ブレアはブロンド美人で抜群のプロポーション。本人曰く「絵に描いたようなアメリカ娘、それがあたし。高校の卒業アルバムをめくるといるでしょ。長いブロンドの髪、日焼けした肌、完璧に白い葉を見せびらかしてにかっと笑っている娘が」。チアガールでブロンドとくれば“頭は空っぽ”が相場だけど、ブレアはチアリーディングで奨学金を貰えるほど。J・W・ブラッズワース警部補もただ者じゃない。NFLのプロ選手として二年過ごしたあと、故郷の警官になる為にあっさりと辞めた男。マッチョな男なんです。この二人が繰り広げる会話や痴話喧嘩もなかなか面白い。うんざりしそうな痴話喧嘩が笑えるんです。女と男の考え方の違いがよく分かるんです。それからブレアのママとワイアットのママも“名言”を連発します。南部の女、作者のリンダが本音をぶつけているからつまらない筈ありません。『Mr.パーフェクト』『パーティーガール』も読み終わると心がうきうきする“ファニー”で“ハッピー”な物語です。

|

« GWも終わって | トップページ | バラの花 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/9960259

この記事へのトラックバック一覧です: リンダのロマンティックミステリー:

« GWも終わって | トップページ | バラの花 »