« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

雑草と花たち

今日で6月が終わります。もう今年も半分過ぎちゃったんですね。早かった気がします。そろそろ梅雨前線の動きも活発になりそうです。大雨の被害があちらこちらで出始めているので大雨だけは勘弁して欲しいです。いくら夏に水不足を心配しなくていいとは言っても・・・・W杯が終わったら暑~い夏がやってきます。今年の夏はどんな夏になるのかな~。

我家の庭は今、雑草に占領されそうになっています。雨が止んであっと言う間に雑草が伸びたんです。雨の前に草を抜いておいたのに「どこから出てきたの」って訊きたくなります。雨の後、気温が高くなると雑草は一気に伸びるんですよね。雨の前に草抜きをしたかったのですが、どうもそれも出来そうに無いです。伸び放題の雑草・・・仕方がないです。春に植えたトマトにたくさんの実が付き大きくなった実は赤さを帯び始めています。もうすぐ収穫出来そうです。どんな味なのかとても楽しみ。

Buraidaruberu1 ★ブライダルベール

露草の一種です

何年も前に可愛いと思って手に入れたのですが、最近は「これ抜いてもいい?」って言うくらい我家の庭に自生してはびこってしまいました

冬の寒さも凌いでこの時期になると小さな白い花をたくさん付けてくれます

こんなにはびこらなければ可愛い花なんだけど・・・・

Shikakuso1 ★四角草

名前の通り茎が四角の不思議な草花です

カタカナの名前だったんですが・・・忘れました(笑)

八重咲きでピンクと白があります

石鹸のような優しい香りです

でも、この花も非常に旺盛に増え広がります

根で増えるので春にある程度の株を残して後は処分しています

そうしないとこの花に庭を占領されるのは間違いありません

Kikyo1 ★桔梗

しっとりとした日本的な花です

毎年、この時期になると花を咲かせてくれるので楽しみにしています

今年もたくさんの蕾をつけています

ここ数年は鉢替えもしていないのですが、毎年花数をふやしています

桔梗ってほったらかしでも綺麗な花を咲かせてくれます

雨の日の桔梗も違う趣があってわたしは好きなんです。

今夜からW杯は準々決勝が始まります。昼間にW杯の録画放送がないと何だか気が抜けてしまいます(笑)そのせいか今朝からワクワクしています。楽しみなカードが多すぎて・・・どんなプレーが見られるのかと期待で一杯なんです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

明日から準々決勝

寝不足気味の毎日が続いていますが、W杯は明日までお休み。わたしもちょっと息抜き。30日から始まる準々決勝に向けて英気を養います。

ドイツvsアルゼンチン・・・1990年の決勝と同カードです。4年前と違うクローゼには可能性を感じます。ホームの利でドイツは調子がいいみたいだけど。アルゼンチンのアイマールが見たい。

イタリアvsウクライナ・・・イタリアは基本のカテナチオだけでない攻撃が今回の魅力です。初出場のウクライナは過去2回のW杯の悔しさをバネに勝ち上がってきた気がします。

イングランドvsポルトガル・・・FWがまだ調子の出ない中でランパートやジェラードなどがいい働きをしています。ベッカムのフリーキックも飛び道具の一つです。ポルトガルは33歳のフィーゴの調子がいい。疲れが溜まり始めていると思うのでその辺りが不安。

ブラジルvsフランス・・・1998年大会決勝と同カード。ブラジルのロナウドは調子を上げてきました。そろそろロナウジーニョが活躍しそうな予感。ジズーが中心になってフランスの調子も上向き。スペインを沈めたフランスに期待したいです。

楽しみなカードが多いんですよね。darlingと一緒にサッカー見ていると同じ場面で唸ったり歓声を上げたりしています。仕方ないですね。darlingがわたしにサッカーを教えたんだから・・・・でもdarlingに言わせると最近はわたしの方がサッカーやプレーに対して煩い(辛口なコメントと言う意味だと思うけど)らしいです(笑)

そんじょそこらのミーハーとは違います!そんなわたしとdarlingが甥のテツにサッカーを教えたんです。テツも小さい時からサッカーを見ているから結構、鋭い指摘をするんです。う~ん頼もしい。そのテツが「最近になってサッカー知った奴が偉そうにコメントするのを聞いているとムカつく」って言うんです。その気持ちはわたしにも分かります(笑)が、テツは「W杯が始まってからサッカーを知ったような奴がコメントするな」と言います。テツもまだまだ青いんです。可愛い。テツのお気に入りはイングランドのリオ・ファーディナンドとかDFの選手が多いんです。見てる所が違う・・・フェルナンド・トーレスもお気に入りだったのにスペインは姿を消しちゃったから残念がってました。

わたしのブログを訪ねて下さる方はサッカー好きの方が多いです。どこを応援するかはそれぞれ違うでしょうが、世界のサッカーを堪能しましょう。明日からの準々決勝を楽しみましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

不機嫌なオーディオコンポ

最近、我家にあるオーディオコンポの調子が悪いんです。音が飛ぶしCDがチェンジ出来ないんです。数年前に故障して部品を取り替えて貰ってからは機嫌良かったのにね。音楽を聴くのならパソコンでも聞けるんだけど何かの作業をしながらだとそれも出来ない事があるので・・・・ど~してもオーディオ機器が必要なんですよね。また修理に出さなきゃいけないみたい。

電化製品の部品って約10年くらいで製造を中止するとか。だから10年を過ぎると修理出来ないんですって。だから買い換えなきゃいけないんです。このオーディオ機器も10年は経っていると思うから・・・・買い換え?でも、これってエコじゃないですよね。部品さえあれば修理して使えるのに。これからはエコ的な思考で電化製品を作って欲しいです。

darlingの時計はもう30年は使っているダイバーウオッチなんです。まあ大学の学部が水産学部だったし学生の頃はカッターを漕いでいたんです。だからダイバーウオッチがお似合いでしょう。だけどその時計の電池交換と一緒に防水検査をしてもらおうと思ったら「部品が無いので代用部品にしたら防水が生活防水くらいに性能が低下します」と言われました。電池交換と部品交換で長い時間、使用できるんですよ。今の日本・・・何もかもが使い捨てです。最近になってエコ的製品が出始めていますが、まだまだ使い捨て社会だと思います。愛着のあるものを長く使いたいという消費者もいるのですからそのニーズに企業も答えて欲しいです。

あ~オーディオ機器は買い換えなきゃいけないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

モスキートブロッカーが効いてるみたい

蚊に悩まされる時期を前にわたしは「モスキートブロッカー」を購入しました。ブログにも書いたので覚えておられる方もいらっしゃると思います。その「モスキートブロッカー」を置いてからの影響をご報告します。

1_4 我家の東側のウッドデッキにこの「モスキートブロッカー」を4個置いています。ここは金木犀と椿の木がありその下にメダカの入った入れ物があります

例年だとウッドデッキに出る時は蚊が寄ってくるのを承知の上で出ていたのですが、今年はウッドデッキに出ても蚊が寄って来ません

「モスキートブロッカー」の効果が出ているのだと思います

2メートルくらいの間隔に1個でいいらしいのですが、我家の「モスキートブロッカー」はまだ小さいのでウッドデッキの周りに4個も置いています。バラの手入れでウッドデッキの側に行っても蚊に悩まされることはありません。

梅雨明けにはウッドデッキに2個くらい残して表側の庭に3個移動させるつもりです。ここも蚊が多いんです。ここで効果があったら言う事はありません。ウッドデッキでは効果があるようです。表側の庭に置いた「モスキートブロッカー」の効果についてもご報告します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

無敵艦隊スペインが沈む

W杯が始まってから毎朝、試合結果の速報を見るのが楽しみです。マーブルをグランドで遊ばせながら結果速報をチェックしています。今朝は結果速報を見てビックリ。フランスvsスペインの試合、わたしはスペインが勝ち進むと思っていたんです。でも結果は1-3でまだ本調子ではなさそうだったフランスが無敵艦隊のスペインに勝っているじゃないですか。スペインっていつもこんな調子でズッコケルんですよね。これさえなければ優勝常連国かもしれないのにね。今回のスペインは強いと感じていたのに思わぬ所に落とし穴があったんですね。またもや優勝を逃したスペイン・・・・無冠で終わるにはモッタイナイ。もうフェルナンド・トーレスやシャビ・アロンソ、ルイス・ガルシア、プジョルが見れないんですね。本当に残念!

ここに来てフランスが3点取ったという事は調子が上向いてきたんでしょうね。ジズーのゴールもあったみたいなのでこれからのフランスが楽しみ。どこまで駒を進められるでしょうね。この試合は再放送で絶対に見ます。

ブラジルも警戒していたアフリカ勢のガーナを一蹴していました。ブラジルのサンバのリズムとアフリカの独特なリズムがかみ合わないから要注意だとブラジルの監督が言っていたそうですが、終わってみれば3-0の圧勝じゃないですか。日本戦で2点を上げたロナウドが先制点をゲット・・・・体重増加で動かないロナウドとか言われていましたが、日本戦で得点出来たことがロナウドを蘇らせたみたいですね。ユース世代では各大会で優秀な成績を収めてきたガーナが決定力を欠いて敗戦したなんて信じられませんが、ブラジルはディフェンディングチャンピオン。決勝トーナメントに入って選手のモチベーションが上がり始めたみたいです。予選は軽く流して決勝トーナメントに入ってから本気を出し始める・・・ブラジルにとってはいつもの勝利の方程式ですね。この試合も再放送で見ないと。ライブで見たいんですけどそうすると主婦としてのお勤めが出来なくなるので再放送を見る事にしています。さ~て今日も張り切っていきましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

霧の川とキツネ

大雨が止んで夕方までは雨の心配もない今朝は霧がかかっていました。マーブルの散歩の時に見下ろせる川が真っ白な霧に覆われてとても幻想的な風景になったいました。いつも見ている川が違う様子をしているから見とれていました。雲の上に橋がかかっているような不思議な景色でした。残念なのはマーブルに急かされて写真を撮れなかったこと。マーブルは「わたしが悪いわけ?」って不機嫌な顔で言われそうです(笑)

その代わりに珍しいマーブルのお友達を紹介しますね。

Fox_002 この子は何だと思います?

この子、実はキツネです

マーブルが散歩している公園に住んでいるみたいなんです

マーブルが小さい時から居るんです

このキツネ、人間や犬をあまり怖がらないんです

だからこうやって写真にも撮れるんです

Fox_001 今は夏毛になっているのでシッポも細いですが、冬毛になるとキツネらしい立派なシッポになるんです

携帯のカメラで撮ったから大きくは写っていません

デジカメを持ち歩けばいいんですが、すぐに忘れてしまうんです(笑)

兄弟も何匹が居たのですが、最近は1~2匹しか見かけません

写真の隅にマーブルの頭が写っています。マーブルは興味津々でキツネを見ていたんです

野生動物に餌をやるのはいけないことなんですが、マーブルのオヤツを投げてやると美味しそうに食べてました。ここに散歩に来る人に色々と貰っているんだと思います。

タヌキは人里近くに住み着くらしいですが、キツネは警戒心が強いからあまり見られないそうです。でも、このキツネは人里に住んでいます。やっぱり山が少なくなり住む場所も食べ物も少ないから出てくるのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イタリアvsオーストラリア

少々、眠い朝を迎えています。昨夜はどういう訳か目が冴えていて1時過ぎまでイタリア戦を見ていました。わたしは断然、イタリアの応援。なぜかって?自称イタリア人(?)のわたしだから・・・ではなくてただ単にヒディングが嫌いなだけ(笑)ヒディングの勝ち誇ったようなガッツポーズを見たくないし「愛しのガットゥーゾ」がイタリアにいるからです。ガットゥーゾって男性ファンが多いらしいんだとか。彼、野性的でいいと思うけどな~。それに攻撃の芽を摘むのが上手いんですもの。

イタリアvsオーストラリアの試合は攻守の切り替えが早いしオーストラリアが意外と良い守備をしていました。守備が脆いって感じはしませんでしたね。イタリアはトッティをベンチスタートさせて今大会初スタメンのデルピエロを起用。3トップの攻撃的な布陣で臨んだイタリアは前半から猛攻を仕掛けていました。カテナチオだけではなく攻撃的になったと言われるイタリアはジラルディーノ、トーニがオーストラリアゴールに迫るもゴールには至りませんでした。前半、トーニがディフェンダーを振り切ってシュートを放つもゴールを捉える事が出来なかった時は「トーニ!!」と唸ってわたしもイタリア監督のリッピと同じように頭を抱えていました。ビックチャンスだったのに。

後半からイタリアはジラルディーノに下げてイアクィンタをピッチに投入。後半5分にマテラッツィが一発レッドで退場。う~ん、不用意なファールとはいえレッドでなくても良かったような気がしました。数的不利になったイタリアは手薄になったDFにバルザーリを入れるもオーストラリアに攻め込まれるシーンが多くなりヴィドゥガ、ブレシアーノ、ケイヒルがイタリアのディフェンスを脅かすようになりました。自陣でプレーする時間が長くなるとデルピエロをトッティと交代させて攻撃の図りました。試合が動いたのはロスタイム寸前、ペナルティエリア内でグロッソが倒されてPKを獲得。トッティがPKをゴール左隅に決めて勝利を引き寄せました。数的不利を戦い抜いたイタリアがベスト8に名乗りを上げました。

イタリアではデルピエロとトッティどちらを起用するかとの議論が巻く起こっているそうです。デルピエロを使うべきだと言う人が多いとか。この試合ではプレッシャーのかかった場面でPKを決めたトッティに拍手を送りたいですね。デルピエロはどちらかというとジラルディーノやトーニにパスを供給する事に徹していた気がします。次の試合も楽しめそうです。

もう1試合はシェフチェンコを擁するウクライナとスイス。前後半でも決着が付かず延長に入るも決着が付かない試合。PKにもつれ込んでお互いに1人目が外した不安な立ち上がりでしたが、ウクライナは後の3人が確実にゴールを決めました。スイスは集中力が途切れたのか、全員がPKを失敗。無失点を誇りながらもスイスが大会を去ることに成りました。やっぱりPKまで戦うには体力、気力が充実していないと無理なんですね。

ジーコ監督の退任記者会見を見ました。どんな結果に終わったにせよ「ジーコ監督、お疲れ様でした」と言いたいですね。ジーコが体力の強化と各年代でのレベルアップ、体力強化がこれから世界で戦う上で大切だと言っていたのにはわたしも同感です。日本はパワープレーが苦手。オーストラリアのようなラグビー崩れのような体格の選手には跳ね飛ばされてしまうから自分達の良さを利点に替えるサッカーをして欲しいと思っています。次の監督は誰がなるのか分かりませんが、これからのアジア予選は一層厳しさを増すのでそれを勝ち上がれる選手にして欲しいです。選手も戦う心構えが中途半端な選手は要りません。精神力の強い選手、気持ちで戦える選手を選んで欲しいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

イングランドvsエクアドル

イングランドは攻め込みながらもゴールが遠かったですね。辛勝でしたね。でもやっぱりベッカムは魅せてくれますね。

前半はどちらのチームとも攻めあぐねている感じでしたね。イングランドの方は中盤でのパス回しに精彩を欠きルーニーが孤立する場面が目立っていました。ロングパスで速攻を仕掛けてくるエクアドルに苦しめられていました。後半になるとボールが回せるようになり、後半15分にFKを得たイングランド。ベッカムの右足から放たれたボールがゴールに突き刺さり1点を先制。その後はジェラードやランパードが攻撃のリズムを引き寄せるが2点目を取ることが出来ずに1-0で辛くもイングランドがエクアドルを下してベスト8に名乗りを上げました。不満の残るイングランドの攻撃はどう変えられるのか・・・攻撃が機能しなければ次は難しいかも。

とても楽しみにしていた試合なんです。ポルトガルvsオランダは小競り合いが巻き起こりヒートアップした激戦でした。ポルトガル、オランダそれぞれから2人の退場者を出し、16枚のイエローカードが出た試合。質の高いパス回しを見せていたオランダから1点を先制したポルトガルがオランダの猛攻を凌いでベスト8に駒を進めました。でもポルトガルは次の試合にデコと中盤の底のコスティーニャを欠く事になります。このままの勢いで行って欲しいのですが・・・・どうなるんでしょう。ポルトガル。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お気に入りのハーブティー

昨日からの大雨も午後になってから小康状態です。空は明るくなってきたのですが、またいつ大雨になるか分からないそうです。この大雨で山口県には大雨洪水警報が発令されています。土砂崩れや河川の増水で危険な地域が多いんです。山口県内の在来線は何箇所かで徐行運転になっています。高速道路は宇部ー埴生間で通行止め。もう一箇所高速道路の通行止めがありました。昨夜から大きな音を立てて雨が降っていたから・・・・仕方ないのかもしれません。大雨の被害はありませんか?

最近、嵌っているハーブティがあるんです。「脂肪燃焼系のハーブティ」なんですが、見た目がとても綺麗なハイビスカスの赤い色なんです。味は酸味があります。レモングラスの味が少し強いけれどレモン風味で飲みやすいです。

燃焼系のローズマリー、消化系のレモングラス、利尿系とビタミンの多いハイビスカス、スッキリ系とビタミン豊富なローズヒップが入ったティーバックなので飲んだ後も後片付けが超簡単。ビタミン豊富なハイビスカスとローズヒップが入っているからお肌にもいい気がします。夏はビタミン補給を心掛けないと秋~冬に後悔することになりますからね。

Terbag2 これがお気に入りの「脂肪燃焼系ハープティ」です

カップ1杯分のティーバックですが、2煎目も楽しめます

濃く出して氷を入れてアイスでも美味しいです

見た目も綺麗で飲みやすくて脂肪を燃焼させてくれるなんて言う事ないですよね。

ショップのHPアドレスを下に記しておきます。

http://www.rakuten.co.jp/e-tisanes/

このショップにはハーブの苗もありますし、ハーブを使った商品がたくさん有ります。ハーブのお好きな方にはお勧めです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

テツの水泳大会

先週はチッポの陸上の大会。今週はテツの水泳の大会。今日と明日の大会は重要なんですよね。どうしてかと言うと「中国大会」出場がかかっているんですから。雨の予報でしたが、曇りのち晴れ。さてさてどうなることか。

テツを迎えに行くとテツが良い表情で帰ってくるではありませんか。どうなったのかな、と思っていると車に乗り込むなり「中国大会に行くよ」と第一声。リレーと200m平泳ぎで中国大会に出場するそうです。何でもジュニアオリンピックに出場した事もある子とか・・・今まで水泳を中断していたライバルがいたそうです。テツ自身は「ヤバイな」と思ったらしいです。でも、テツは頑張りました。決勝は予選よりも3秒もタイムが良かったそうなんです。8位に入ったテツは中国大会に出場出来るんです。200m平泳ぎの後すぐにリレーもあったらしくて「死にそう」だったそうですが、リレーでも中国大会に出場です。やったね、テッチャン!!学校の先生達からプレッシャーをかけられていたみたいです。テツは「これで堂々と学校に行けるわ~!」と嬉しそうでした。夏休みに広島で行われる中国大会を見に行こうかな~、と考えている伯母さんです。楽しみ。楽しみ!

明日は100m平泳ぎがあるそうです。明日は大雨の予報なんだけど・・・・泳ぐのにはあまり関係ないみたいですが、やっぱり水温とかを考えると天気の良い方がいいですよね。明日もベストを尽くして頑張ってね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マーブルと目薬

少し前からマーブルの右目が充血しているんです。2週間くらい前の散歩から帰った時マーブルが目を瞬いていたんです。この時、目がもう充血していたから「草か何かで目を突いたのかな?」と思って一応は氷で目を冷したんです。それで目の赤味が取れたから安心していたんですが、また充血しているんです。ちょっと気になるので今日、病院で診て貰いました。

病院の先生によると「草で目を突いたか、虫が威嚇する時に出す体液が目に入った可能性がある」と言う事でした。どちらかははっきりしないんですよね。マーブルは草の中に頭を突っ込むのが好きだから何があってもおかしくないんです。眼球自体が少し腫れているとの事なので2種類の目薬を処方してもらいました。1日に5~6回点眼する事になりました。マーブルにとっては始めての目薬。何だか嫌がって逃げるので大好きなオヤツでつりながら点眼してます。早く治ってくれるといいんだけど。

病院に行くと様々なワンちゃんやネコちゃんに会えます。今日は雄のゴールデンが居たんです。お互いが興味を持ったみたいでゴールデンが病院を出てからもガラスのドアの外からマーブルを見ていました。小さなワンちゃんともマーブルは鼻をくっ付けてご挨拶出来るんです。ネコちゃんも大好き。ネコパンチをされるからわたし達の方が気が気ではないんですが、マーブルはあんまり気にしてないみたいです。誰とでも仲良くなれるのはいい事なんですけどね・・・・野良猫は爪を出してネコパンチするからね。気をつけてよ、マーブル。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

日本vsブラジル

日本代表のW杯が終わってしまいました。4時前に起きて選手と一緒に「君が代」を聞き臨んだブラジル戦。4-4-2の布陣。2トップは玉田と巻。4バックに三都主、中澤、坪井、加地。中盤はヒデ、稲本、小笠原、中村。もっとアグレッシブに行くのなら中村の変わりに小野を起用して欲しかったです。前2戦どうみても中村は調子が良くなかったから。この試合を勝ちたいと思うのならもっと思い切った選手起用を見たかったですね。

前半の日本のボール支配率は40パーセント。やっぱりブラジルはボールを持つのも上手いですね。というよりも今日の日本代表は前からプレッシャーを掛けずにバックスがズルズルと下がる場面が多かったです。ゴール前でどうにかブラジルの攻撃をかわしている感じがしました。だからどうしても川口の仕事が多くなります。今日も川口は好セーブを連発してロナウドのシュートを2本も阻んでくれたんです。そんな川口に答えたのが玉田でした。稲本からのパスをマークの緩くなっていた三都主が持ち込んで裏を付いた走りをしていた玉田が見事にゴール!このゴールはビューティフルゴールでした。でも、このゴールからブラジルの動きが変わってきました。そしてロスタイムにロナウドにヘッドで決められて同点。前半を1-1で終えました。ハーフタイム、ロッカーに引き上げる選手で悔しさを露にしたのがヒデと川口だけでした。もっと多くの選手が悔しがると思っていたので意外でしたが、これが日本の敗戦に結び付いたのだとわたしは思います。

後半になってからのブラジルの動きが速くなった気がしました。ボール回しも早くなって日本のディフェンダーがボールウオッチャーになって2点、3点とゴールを許してしまいました。ブラジルはカカ、ロナウジーニョを交代させ3人目の交代は何とGKのジダ。ここまでされるなんて屈辱的と思ったのはわたしだけではない筈です。日本も小笠原、巻を下げて中田(浩)、高原を入れるものの高原が負傷。入ったばかりの高原に代わって大黒をピッチに送り出しました。ヒデが高い位置で張ることが出来ても足が止まった選手が出始めて効果的な攻撃が出来ないままブラジルが4点目をゲット。いい位置でのフリーキックも中村は決めきれず・・・・ジーコがここまで信頼して交代させなかったのに。「やっぱり小野の方が良かった」と呟いてしまいました。結果は1-4でブラジルの圧勝。主力を何人も温存したブラジルとの力の差を見せ付けられる試合でした。

日本の選手の中で一番最後までピッチに倒れたまま動けなかったヒデ。4年間、マスコミがどんな事を言おうと一生懸命に頑張ってきたヒデの気持ちを思うと涙が出そうになります。「1回目はワールドカップがどんなものか分からず、2回目はホーム。3回目の今回は初めてワールドカップを戦えるから楽しみたい」と言っていたのに楽しめるサッカーが出来なかった筈。ヒデのように誰とでも議論を戦わせて自分達のサッカーを作り上げなければ世界では勝てないんですね。日本の選手はチーム間での小競り合いがチームの和を乱すと考えるようですが、一つのチームになる為には必要な事だとわたしは思います。

あまりにも選手の力の差がありすぎました。その力の差を埋めようと頑張った選手とそうでない選手・・・・日本の中盤の素晴らしさを生かせなかった今大会でした。監督としてのジーコが失敗したのは選手起用だと思います。こだわり過ぎました。そしてジーコの考えるプロフェッショナルなサッカーを出来る選手が日本にはまだ少ないこと。自由な発想でサッカーが出来るほどまだ、日本のサッカーは成熟していないんです。この敗戦を糧に選手にはもっと大きな飛躍を期待したいですね。

クロアチアvsオーストラリアは2-2のドロー。結果、オーストラリアが決勝Tに進出です。わたしの嫌いなヒディングのガッツポーズが目の前にちらつきます。どーも好きになれないんです。ヒディング・・・・。オーストラリアチーム自体は嫌いじゃないんだけど監督が嫌いです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

雨の日の買い物

梅雨の中休みの後は大雨。朝は小雨だったのに昼前にはバケツをひっくり返した様な雨が降り始めました。今も叩き付けるような雨が降っています。この豪雨は全国規模なのかな?

こんな日はお出掛けなんかせずに家に居たいんだけど・・・・そうも出来なくて。薬はなくなっているし振り込みもあるし。夏用のパンツよりはワンピースの気分だったからちょっとだけお洒落をして出かけました。お洒落をすると気分も軽くなります。そんな事無いですか?そんな気分に水を差したのがあの大雨。薬局を出た途端に叩き付けるような雨。傘はあっても足に跳ね返る雨は防げません。アスファルト舗装された道よりも舗装されてない道の方が水って跳ね返らないんですよね。その代わりにアトバネが上がるけどね。お気に入りのワンピースの裾を派手に濡らしながら銀行に早足で向かいました。もう泣きたくなるほど裾が濡れました。

振込みが終わって銀行を出た時には小雨に変わってました。ホッとしたわたしは近くにある大好きなブティックに直行!わたしが持っている洋服の殆んどはこのお店で買ったもの。個性的で色鮮やかな洋服があるんです。カジュアルからフォーマル、バックから靴まで揃うから大助かりなんです。靴やバックも個性的。都会じゃないけどお洒落なものを置いているんですよ。バイヤーの視点がハイレベルなんです。それにわたしの好みも良く分かってくれているし・・・・明日からバーゲンなんだけどね。

バーゲンになると「いいな~」って思う服もあっと言う間に無くなるからわたしは一足先にお店に。そこで夏物のワンピースとボレロをゲットしました。買い物をした後はウキウキ。お店にいる間、外は豪雨になっていました。少し様子を伺って雨が小さくなってから帰って来ました。あ~いい買い物をしたな~!これでワンピースが雨で濡れたのも許せるかな(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

カラーの美しさ

梅雨の中休みも今日で終わりみたいです。空がどんよりして蒸し暑いです。風が入ってくる2階の居間も午後1時過ぎには室温が30度になっていました。流石にうさぎのパンナもぐったりして・・・・というよりも広げられるだけ体を広げて息もハアハア荒げているんです。やっぱり暑いんだね。だから2階の居間のエアコンを冷房運転させています。あ~涼しい風がわたしを恍惚の世界に誘います。

Redkara2 このスッキリとしたカラーの姿、いかがです?

白い大きなカラーは水辺で花を咲かせるのですが、様々な色のカラーは花壇や鉢植えで花を咲かせるんです。このカラーは赤い色をまとっています。

暑いのに苺のプランターの中からスッと花と葉を伸ばしているんです。足元には苺が葉を繁らしているんですよ。苺というたくさんの同居人と一緒でもカラーはピンと背を伸ばしています。

毎年、いつの間にか葉を伸ばして健気にも綺麗な花を咲かせるんです。この姿では彼女の綺麗さが分かりませんね。

Redkara1 これが上から見た彼女。

ちょっと照れ屋だから上からしか彼女の本当の美しさを見られないんです。どこから見てもステキでしょう?

もっと上手に彼女の姿を写真に収められれば彼女の美しさをもっと伝えられるんですけどね。来年はもっと綺麗に写すからね。

Pinkkara1 こっちはピンク色のカラーです。毎年チャーミングな花を咲かせてくれます。2~3年で球根も倍に増えました。

今年は鉢が3鉢になりました。こんなにチャーミングなんだから誰か貰ってくれませんか?

お手入れはそんなに大変じゃないんですよ。我がまま言わないし普通~に管理してくれればまた、来年には綺麗に花を咲かせます。

こんないい娘、最近は少ないでしょう?

本当にカラーって手間がかからないんです。それなのに期待以上の花を咲かせてくれるんです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

ラウルとシェフチェンコのゴール

スペインは2連勝で決勝Tに進出です。スペインの前半と後半の違いようは何なんでしょうか。3-1でチュニジアを下しましたが、前半にチュニジアに1点先制された時はどうなるのかと思いました。スペインらしい所があまりありませんでした。「スペインの至宝」と呼ばれたラウルは調子が上がらず今回もベンチスタート。そのラウルを後半からピッチに投入するとになるとラウルが監督の期待に答えて反撃へチームを奮起させました。ラウルのゴールから数分後には22歳の新エース、フェルナンド・トーレスが2点目をゴールに叩き込みました。後半はスペインが違うチームになりました。これは選手の信頼を引き出すことに長けているアラゴネス監督の采配の妙なんでしょうね。「賢人」と呼ばれるだけの監督ですね。

シェフチェンコのいるウクライナが初勝利です。初戦に敗れたウクライナにとっては負けられない試合でした。序盤から怒涛の攻撃でサウジアラビアゴールに迫るウクライナが前半4分に先制ゴール。サウジアラビアも負けずに攻撃を仕掛けるのですが、ウクライナの堅守に阻まれサウジアラビアはラストパスの正確性を欠いてゴールには結び付きませんでした。後半開始早々にエースシェフチェンコが待望のW杯初ゴールを挙げると勢い付いたウクライナが次々にシュートを放ってくるんです。サウジアラビアも反撃に出るもののウクライナから1点を奪えず、ウクライナに4点目を決められました。4-0でウクライナが初勝利の喜びを味わいました。

スイス、トーゴどちらもグループリーグを突破する為には負けられない一戦。前半にスイスが1点を先制し押されていたトーゴも選手交代から速いパス回しでスイスゴールに迫るも得点にはならりませんでした。後半になってもスイス陣内でボールを回していたトーゴでしたが、スイスディフェンスが守りを固め次第に流れをスイスに戻すと終了間際にスイスが1点を追加してグループリーグ突破に一歩前進しました。スイスって予想以上に堅守なのでビックリです。

ラウルとシェフチェンコのゴールが嬉しいですね。どこのチームも背番号7が頑張っているんですよね。日本もそうですが・・・・昼間が暑くなってきたので少々疲れ気味ですが、まだまだサッカーを楽しめる気力だけは残っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

鈴虫が孵りました

蛍の時期になったのに我家の鈴虫が孵らないと心配していたんです。一生懸命に霧吹きで水をかけたりしていたんです。「今年はもう孵らないのかな~」と諦めムードが漂い始めていたんです。Suzumushi1

それが今日、鈴虫が孵っているのをdarlingが発見したんです。

あんまり映りがよくないんですが、一応写真をアップしておきます。すごく嬉しかったので。

木炭の上にいるのが撮り易かったのですが、何だかよく分からなくなっています。

まだまだ小さな鈴虫たちですが、夏の終わり頃には涼しげな羽音を聞かせてくれることでしょう。

Suzumushi2 もう少し大きくなったらもっと映りがいいと思うのでまた、写真をアップします。

鈴虫の観察日記でも作ろうかな・・・・でも、今はサッカーで精一杯なので無理みたい。

もう白い脱皮後すぐの鈴虫がいるんです。たくさん居るみたいなのでもう少し大きくなったら引越しして貰わないといけないみたいです。

あ~鳴き始めるの楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本vsクロアチア

「スコアレスドローで良かった?全然そうは思わない」だってこのクロアチア戦は勝てる試合だったじゃないですか。幾度と訪れる決定機にFWはどうして決められないのかが分かりません。「勝ち点3を取りたかった」と言うコメントを残すのならもう少し動けないの?って中村に訊きたくなります。走らない動かないじゃサッカー出来ないでしょう?オーストラリア戦でそれは分かった筈じゃないですか。

勝てる試合を2つも落とすなんて信じられません。W杯前にヒデが「選手同士、フレンドリー過ぎるのが気に入らない。もっとお互いに闘志があった方がいい」と言って警告していたのも頷けます。戦う意思を持って試合に臨んでいる選手が少な過ぎると思います。クロアチア戦に危機感を抱き戦う意思を前面に押し出している選手だけがいい働きをしているのがその証拠ではないでしょうか?

前半のPKを阻んでクロアチアに得点を許さなかった川口の試合後の悔しそうなインタビュー・・・オーストラリア戦でも幾つもの危機を跳ね返してくれたのに得点する筈の選手がそれに答えてないんですから。オーストラリア戦ではシュートも少なかったですが、今回はヒデがミドルレンジからの強烈なシュートを何本か打ってました。交代して入った稲本もいい動きをして敵の攻撃の芽を摘み取っていました。それなのに三都主のプレスは利かないし、中村の弱いパスは敵にインターセプトされ、交代で入った筈の玉田の動きはイマイチ。どうして攻撃に関わらなければいけない選手が気弱なんでしょう。それがプレー全てに現れている気がします。

日本代表を応援しているサポーターの為にももっといい試合を見せて欲しかったです。勝ち点1で満足出来ません。ドローで終わって良かったと思うしかない完全な負け試合でしたね。

次はブラジル戦です。期待は・・・・サプライズを期待したいですね。それにはメンバーもサプライズと言えるメンバーで戦って欲しいです。気弱な選手は望みません。ブラジル相手でも強気で戦える選手で戦って欲しいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

アルゼンチンvsセルビア・モンテネグロ

昨夜のアルゼンチンvsセルビア・モンテネグロの試合はセルビアどーしちゃったの?って思うような試合でした。アルゼンチンのシュートが面白いようにゴールに吸い込まれるていくのにセルビアはシュートがゴールに結び付かなかったんです。攻撃するセルビアを止めるアルゼンチンの上手いこと。ファールの仕方も上手い・・・・審判に気付かれないように引っ張る、足かける、押すなんて茶飯事。「アルゼンチンって昔からそうだよね」とdarlingと笑ってしまいました。それとあのマラドーナにはどうしても笑ってしまいます。昔の面影はあってもあの体型には・・・・笑いが出てしまいます。

わたしがサッカーの面白さを知ったのはマラドーナが居たからなのに。あの1986年大会のマラドーナを見て「サッカーってこんなに面白いんだ」と痛感したんです。それまでサッカーで知っていたのはペレくらいでまあ、サッカーのサの字も知らなかったと言っていいと思います。マラドーナが居なかったらここまでサッカーに嵌ってなかったと思います(笑)

話が横道に逸れちゃいました(笑)アルゼンチンvsセルビア・モンテネグロの試合が終わってみれば取りも取ったり6-0でアルゼンチンが大勝でしたね。セルビアが1点でも取っていれば試合の流れも変わっていたでしょうに残念です。アルゼンチンのメッシはいいですね。まだ18歳なんだけど緊張するでもなく出場すれば1アシスト、1ゴールと見せてくれるじゃないですか。マラドーナが自分の後継者だと言うだけの実力はありますね。今後もメッシから目が離せませんね。わたしはアイマールも見たいんだけどな~。

今夜はポルトガルvsイラン戦を見ようと思います。お目当てはポルトガルのフィーゴ。先日の試合でもドリブルで相手を翻弄する姿を見てまだまだ頑張っているフィーゴを応援します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チッポの陸上競技大会

今日も疲れました。今日はチッポの陸上の大会があったのでdarlingと二人で妹の代理でチッポの応援に行きました。下関の陸上競技場までチッポを連れて行って試合を見てきました。100mはもう13~14秒で勝負がついてしまうので目が離せないんです。

チッポも中学3年生だからもう夏の大会を最後に受験勉強に集中するらしいので今は出られる大会を精一杯頑張っています。今日は曇りで風が強かったのでスタンドで観戦するわたしとdarlingは寒さに震えました。昼前になっても寒かったので昼食を調達に行った時にウインドブレーカーも買ってしまいました。寒さには勝てません。

風が強かったから記録も追い風参考記録が続発。まあでもみんないい走りをしてました。チッポも予選は14秒09だったのですが、準決勝に残ることが出来たんです。いつも予選敗退していたからわたしも嬉しくなりました。準決勝は13秒97と記録は予選よりも良かったのですが、一緒に走っている選手が速くて・・・・いい走りを見せてくれてありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

イングランドvsトリニダート・トバゴ

今日はブログアップするのを忘れるところでした。どうしてなのかと考えていると眠くなってくるんです・・・・眠いから忘れそうになったのかも。だから今日はブログが変かも。

イングランドvsトリニダード・トバゴ。この試合はトリニダード・トバゴのヒスロップの好セーブが光ってました。イングランドのシュートをことごとく跳ね返すなんて凄すぎます。一方的に攻撃するイングランドに対してトリニダード・トバゴがみせる攻撃に「おお~」と唸ってしまいました。イングランドはチャンスが何度もあったのにクラウチに合わず、オーエンのシュートはGKに阻まれる・・・・「もしかしてドロー?」って思ってしまいました。でも、その懸念を跳ね返したのは底力を見せたイングランドでした。ベッカムからクラウチの頭にピンポイントのパス。そしてわたしが待ちに待ったジェラードのゴーーール!!これでイングランドは決勝T進出です。次はスウェーデン戦です。面白い試合になるのかイングランドはどう考えるかによるかも。

今からアルゼンチンvsセルビア・モンテネグロが始まります。でも・・・今日は途中で眠ってしまいそうです。何だかすご~く眠いんです。

最近は昼間の時間にホームページに載せる写真を選んだりホームページを更新したりと遊んでいます。遊びが遊びでなくなってしまって集中し過ぎています(笑)マーブルのページやガーデンのページを更新中ですから近い内に「更新しました~」とお知らせ出来ると思います。ガーデンのページはたくさんの写真を載せますのでお楽しみに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

スペインvsウクライナ

ここのところサッカー関連でブログを書く気がしなかったのですが、久々に・・・だってまだW杯は始まったばかりだし、やっぱりサッカーが好きだから書こうと思います。

スペインvsウクライナ。この一戦は面白い試合になるんじゃないかと期待していたのですが、終わって見ればスペインが4得点を上げての快勝。無敵艦隊と呼ばれるスペインの本領発揮?こればかりはW杯が終わってみない事には分かりませんね。スペインはいつも肝心なところでコケルから。無敵艦隊と呼ばれながらも優勝出来ない無冠の帝王。でも今回はちょっと違うかも。ラウルを先発から外してベンチスタートにするだけの余裕があるんですから。まあ、ラウルが本調子でないと言うのもあるのでしょう。そのラウルも後半にはピッチに登場しましたが、得点には絡めませんでした。スペインは3点をセットプレーで上げ1点は流れの中からのゴールでした。

シェフチェンコが中心のウクライナはスペインの攻撃にディフェンダーが翻弄される場面もありました。攻撃を仕掛けても肝心のシェフチェンコがスペインのDFに阻まれてシュートさえまま成らない様子でした。ハーフタイムで引き上げる時のシェフチェンコの表情には欲求不満がアリアリでした。後半に入ってからDFの一人がレッドカードを貰って退場。そしてスペインにPKを献上。ここからガムシャラに攻撃を仕掛けるもシュートは枠を捉える事も無く、効果的なボールがシェフチェンコに渡らないまま試合終了。

これでスペインは波に乗りそうなんだけど。反対にウクライナもこの敗戦で目が覚めるかも知れません。どちらも次の試合でどんな戦い方をするかがとても楽しみです。

ブログをアップが終わったら今日は妹と一緒にランチと買い物。女2人だけのランチは話題も尽きなくて・・・・愚痴ったり共通の知人の近況を知らせたりと話せる時間が足りません(笑)では、行って来ま~す。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

クレマチスが咲きました

やや遅咲きのクレマチスが咲きました。

Fiore_005★クレマチス ビチセラ系 

ビチセラ・ルブラ というクレマチスです

大輪のクレマチスに比べると少し遅咲きです

だから咲くのが待ち遠しいんです

小輪ですが多くの花を付けています

我家の玄関先でスモークツリーと共演しています

Kuremachisu1 多くの花は4枚しか花びらがありません

5枚花びらがあるものもあるんですが・・・・どちらが本当なのか分からないんです(笑)

このワインレッドの色はステキでしょう?

わたしが花を選ぶ時は見た目のインパクトとか色、香りを重視するので育てるのが難しかったりで失敗することも数知れず

この花もそんな風に選んだものです

でも、このクレマチスはわたしに失敗を味あわせる事無くすくすくと大きく成長してくれました(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人と犬の熱中症

インフルエンザB型が地域限定のように流行しているそうです。初夏になったこの時期にインフルエンザですよ。ビックリです。学級閉鎖をしたり運動会が2回も延期になったり遠足が中止になったりしているんですって。インフルエンザB型は感染力が弱いから全国規模の流行にはならないそうなんですが、今darlingは風邪を引いています。今年は天候不順だし日照不足で気温変動も大きいから風邪を引き易いのかもしれませんね。風邪を引かれていませんか?梅雨時も体調を崩し易いですから気を付けましょう。

今朝の日経新聞に「暑さ指数で熱中症を予防」とありました。例年ならこの時期になると「熱中症で病院に搬送」の記事が増えてくる頃ですね。今年は日照不足のせいで気温が低いせいでしょうか、そんな記事が少ない気がします。

熱中症の定義を知っていますか?わたしは恥ずかしい事に言葉は良く聞くのですが、定義となると・・・・そこで簡単なお勉強をしましょう。

熱中症 : 体の中と外の“熱さ”により引き起こされる様々な体の不調

専門的な表現 : 暑熱環境化にさらされる、または運動等により体の中でたくさんの熱を作るような条件下にあった者が発症し、体温を維持するための生理的な反応より生じた失調状態から全身臓器の機能不全に至るまでの連続的な病態

熱中症は暑い環境で起こるものという概念がありますが、スポーツ活動中においては体内の筋肉から大量の熱を発生することや脱水などの影響により寒いとされる環境でも発生しうるものらしいです。実際に11月などの冬季でも死亡事故が起きているそうです。

運動開始から比較的短時間(30分程度から)でも発症する例も報告されているそうです。これからの暑い季節は熱中症にならないように気をつけたいですね。

水分補給の考え方 : 1.水分(水)を取る事は絶対に必要 2.水と一緒に塩分を取ると吸収、回復が早い 3.さらに糖分を加えると効果的・・・・「乾いたな」と思った時には既に遅いそうです。この段階でもう体は脱水をしてきているそうです。水分補給は自分にあったものが一番いいようですが、早め早めの水分補給を心掛けたいものです。熱中症に関しては「熱中症のホームページ」を参考にして下さい。

「熱中症のホームページ」 http://www.heat.gr.jp/

犬にとっても熱中症は死に至る恐ろしい体の不調です。湿気の多い時期になると犬は熱中症にかかり易くなります。

犬は体内で発生した熱を外に放出する時、舌を出してあえぎます。舌を出してあえぐ事で口から水分を蒸発させて熱を発散します。でも、湿気が多くなると口から水分が蒸発しにくくなり体内の熱も発散させにくくなります。湿度が高くなり気温が上がると上昇し過ぎた体温を下げられずに熱中症にかかってしまいます。

初期症状:荒い呼吸、脈拍が速くなる、ヨダレが多くなる、目がうつろになる

症状が重くなる:痙攣を起こす、失神する

熱中症にかかった時には体に水をかける等で早急に体温を下げる

湿気で重大な症状に陥る前にしておきたい事:窓を開けて風を通す、風が入らない場合は扇風機を回すなどして空気の流れを作る、エアコンでの除湿

ペットも大切な家族ですから日頃から気を付けてあげたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

いいこと探し

何かいい事は無いかな~。昨夜からのストレスから解放されたくて違う事に目を向けたくなりました。ストレスが体に及ぼす影響は計り知れませんから。

いい事が見つかりました。マーブルの彼、黒ラブのらんまる君がシッポ付近に出来た腫瘍の摘出手術を受けたんです。「腫瘍が悪性なのか良性なのか結果が出ないと分からないの」と飼い主さん。わたし達も気にしていたんですが、今朝「腫瘍は良性だったの」と聞いた時は本当にほっとしました。マーブルと一緒に遊んでくれるいいお友達なんです。だから元気そうならんまる君は大歓迎です。

Moderntimes2 ★モダン・タイムス

この何ともいえないバラの色に一目ぼれでした

苗は新苗なのでまだ大きくはないのですが、太いシュートが出ているのでこれからが楽しみです。夏の間は花を咲かせずに秋に花を咲かせようと思っています。

英気を養っていい花を咲かせて欲しいです。

あと一つだけ花を咲かせてお休みしてもらいます。

Rosa6 名前が分からないバラ

どんな色の花が咲くかも忘れていたんです

苗が弱っていたので鉢植えから庭植えにしたんです

去年は葉だけが出ていたのですが、今年は細いながらもシュートが出て蕾まで付いたんです

花は咲かせずに苗を大きくさせようと思っていたのですが、どうしてもどんな花だったかを知りたくて咲かせてしまいました

Princessedemonaco1 ★プリンセス ドゥ モナコ

グレース・ケリーのために作られたというバラです

花びらの縁がピンクで中心に入るに従って白色になります

この花はピンク色が強く出ていますが、もっとピンクと白のコントラストの美しいバラなんです

次はこれこそ「プリンセス ドゥ モナコ」といえる写真をアップします

ちょっとだけですが、ストレス解消です。「明日は明日の風が吹く」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不甲斐ない日本代表

はっきり言ってサッカーの話題をブログにしたくないくらい腹がっています。情けないし不甲斐ない!1点を取れば2点、3点と追加点をとる気で前を向かない限りゴールは生まれません。オーストラリアに1点先制しただけでペースを落としたのは失敗。この1点を守りきれるだけの実力が無いのは分かっているのに枠に飛ぶシュートさえ無かったじゃないですか。決定機は何度かあったのにFWはゴール前で突っかけもしなければシュートを打たないではゴールのチャンスも無いじゃないの。ペナルティエリア付近でのファールを誘うことも出来ないから日本のフリーキックも限られていました。

三都主の上がりは遅いしボールから逃げようとする無駄な動きが多いなんて・・・・後半になって一番先に暑さで足が止まったのが中村。背番号10を背負うということがどんな事か分かっているのかと訊きたくなりました。背番号10を付ける選手は「何かをやってくれる、彼に任せれば大丈夫」と言われるような選手が付ける番号。期待と重責が圧し掛かる番号を背負うからにはそれなりの動きをして欲しいものです。でも今の日本の10にそれは感じられません。トルシエが選ばなかった理由が分かった気もします。

小野を入れて「攻撃に出ろ」のジーコからのメッセージも伝わっていなかった気がします。この時に中村との交代でも良かった気がします。茂庭を下げた事で守備のバランスが悪くなったのも事実。でもジーコからのメッセージを感じていたのは福西とヒデだけ。積極的にオーストラリア選手に絡んでボールを奪い、ボールを奪われれば追いかけるを繰り返していました。「走らなければサッカーにならない」と言っていたようにヒデは最初から最後まで走っていました。

初戦黒星。次に期待するしかないですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

オランダvsセルビア・モンテネグロ

昨夜行われたオランダvsセルビア・モンテネグロの一戦はオランダのロッベンが目立っていました。前半18分にロッベンのゴールで1点を先制したオランダはその後もロッベン、ファンベルシーが絡んで攻撃をするも2点目を入れる事が出来ませんでした。オランダはピッチを広く使った攻撃の形を見せていました。セルビアモンテネグロはミロセビッチ、ケジュマン、スタンコビッチが攻撃を繰り出すも得点には至らず1-0で試合終了。オランダが勝ち点3をゲット。この試合は攻守の入れ替わりが激しかったのですが、DFの好守でお互いにフィニッシュにまで行きませんでした。シュート数は多かったのですが、ゴールは1本だけでした。この試合、面白かったですね。

メキシコvsイランの一戦はメキシコが確実に得点を重ねてイランを撃破しました。

ポルトガルvsアンゴラの一戦はポルトガルが前半早々にパウレタが上げた1点を守りきってポルトガルが初戦をものにしました。ポルトガルはフィーゴがボールを前線に供給しそれにC・ロナウドらがペナルティエリアに攻め込んだ。初出場のアンゴラもポルトガル相手に奮闘するもののポルトガルの早いチェックに苦しみ、決定機にチャンスを生かせずに黒星となってしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チッポの水泳大会

気温と水温が同じくらいの土曜日、日曜日にチッポが出場する水泳の大会がありました。大会のあるプールが我家の近くだったのでチッポは金曜日から来ていました。土曜日は自己ベストタイムが出て2位、メドレーリレーも2位と健闘して総合1位だと喜んでいました。

日曜日は妹と一緒にチッポの泳ぐ姿を見に行ったのですが、前日よりは個人順位が落ちていました。午後、大会最後の種目をリレーを見ました。結果は2位。でもプールサイドに居るチッポ達が喜んでないんです。「総合優勝が微妙なのかな」と妹と言ってるところにチッポの姿が。完全にブルーな表情で泣き顔なんです。「チッポ、どうなん?」と妹が声をかけても首を振るばかりでした。「優勝、駄目やった?」そしたらチッポが頷いたんです。悔し涙の仲間と一緒に最後に泳ぐ男子の応援に行きました。

駐車場で待っているとチッポが優勝旗を持って駐車場に出てきたんです。

「あれって優勝旗じゃない?」とわたし。

「え~でも、駄目やったと言わんかった?」

「じゃあ、校旗?」

「それはないと思うよ。」

チッポが教頭先生に優勝旗を手渡してまた戻っていったんです。車に笑顔で帰ってきたチッポが言うには「2位だったら総合優勝は無い」と言われたそうなんですが、先生の言い間違いか彼女達の聞き間違いで「3位だったら総合優勝出来なかった」そうなんです。だから総合得点2点差で逃げ切ってチッポ達が総合優勝したんです。やっぱり悔し泣きしているチッポよりも弾ける笑顔のチッポの方がいいです。そんな訳で帰宅途中に祝勝会と称して女3人でパフェを食べて帰りました。この週末には今度は陸上競技会があるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イングランドvsパラグアイ

ちょっと寝不足が続いているもののわたしのモチベーションは高いままを維持しています。今日は日本戦もあるからテンションも少々高めです。ライブで試合が見られるのはどう頑張っても1試合だけ。だからdarlingは試合全てを録画しています。我家には1986年大会からのビデオが大切に保存してあります。あの頃は全試合を録画してないと思います。多分、予選は数試合。darlingが見たいと思った試合だけを録画している筈です。予選Tからは全試合残っているんじゃないかな。W杯が終わったら一度見てみたいものです。わたしをサッカーにのめり込ませた若かりし頃のマラドーナやリネカーが居る筈だから。

土曜日に行われたイングランドvsパラグアイの試合は前半4分にベッカムのフリーキックをパラグアイの選手がオウンゴール。この数分後にはパラグアイの正GKが負傷交代。今までチラベルトの影だったGKだけに彼自身が一番悔しかったと思います。イングランドは何度か好機を掴むものの交代したパラグアイのGKに阻まれてゴールに至りませんでした。前半のパラグアイは引いて守る布陣でしたが、イングランドの攻撃を効率的に阻んでいました。イングランドはランパードのミドルレンジからの強烈なシュートがありましたが、ゴール1本だけでした。前半は1-0で終了。

後半パラグアイが猛攻に出るとイングランドはセカンドボールを拾えなくなりました。イングランドはサイド攻撃からの崩しも出来なくなりパラグアイのボール支配率が高くなりました。パラグアイはイングランドゴール前でバルデスに何度かのチャンスがあったのですが、ゴールを奪うことが出来ず試合が終わってみれば虎の子の1点を守りきったイングランドが勝ち点3を手にしました。

この試合ではランパードとベッカムが良かったですね。ベッカムの献身的な動きとランパードのミドルからのシュートはゴールを予感させていたのですが、ジェラードの動きがイマイチでしたしクラウチもマークがきつくて動けませんでした。「こんなんで優勝を狙えるの?」ってちょっと不安になりましたが、初戦をものにしたのは大きいですね。

スウェーデンvsトリニダードトバゴの一戦はイブラヒモビッチ、ラーション、ユングべりを擁するスウェーデンがトリニダードトバゴにスコアレスドローと不満の残る結果でした。

アルゼンチンvsコートジボワールの一戦ではアルゼンチンがメッシがベンチスタートでも、クレスポ、リケルメ、サビオラがコートジボワールを翻弄して2点を上げ、コートジボワールもドログバが1点を入れたもののアルゼンチンに追い付く事が出来ませんでした。

ドログバはやっぱりただ者ではありませんね。身体能力の高さを改めて見せられた気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

ドイツvsコスタリカ

とうとう始まってしまいました。この日をどれだけ待っていたことか。これから約1ヶ月は寝不足の日が続きそうです。あ~楽しい日々が始まります。

開幕戦前を見たいがために頑張って夜更かしをしましたが、頑張れたのは前半終了まででした(笑)開会式は派手ではなく印象的でした。ドイツの民族性を全面に押し出した感じでした。わたしは開会式の時にドイツの男性が身に着けていた民族衣装がとても綺麗なのに驚きました。何でも妻や恋人が鹿皮に9ヶ月もかけて手刺繍を施すと聞いてあの美しさに納得してしまいました。優勝国の歴代代表選手が出演する企画は良かったですね。懐かしい顔を見る事も出来ました。変わらない人あり変わった人ありで面白かったです。

開会式直後の開幕戦。ドイツはバラックを欠いたままの開幕戦になりました。ドイツvsコスタリカの試合は前半にフリングスが強烈なミドルシュートでドイツに流れを呼び込みました。残念ながらフリングスのシュートはゴールには成らなかったのですが、あのミドルシュートが無かったらドイツの硬さは取れなかったかもしれません。その後、ラームがポスト直撃のゴールを決めてドイツが1-0とリード。ドイツとは逆にワンチャンスでゴールを決めたのはコスタリカのワンチョペ。ドイツDFの裏をつき置き去りにしてしまいました。ワンチョペのゴールで1-1。この時、ドイツDFの脆さと弱さを見た気がしました。ドイツはディフェンスには少々難ありです。でも、この数分後にクローゼがバースデーゴールを決めて2-1と勝ち越し。前半はこのまま終了。前半はセットプレーが数えるほどしかなく、CKはどちらも1本もありませんでした。

後半に入ってからもコスタリカは前半の引き気味の状態のままでワンチョペを一人前線に残してカウンター狙いでした。ドイツは引いて守るコスタリカに対して何度かチャンスがあったのですが、GKに阻まれてゴールに結び付きませんでした。またドイツのDFも危ない場面が多くなりましたが、クローゼの2点目でドイツが3-1とリード。このまま終盤に入りましたが、再びワンチャンスをものにしたワンチョペがゴールを決めて3-2とドイツのリードは1点となりました。前半にいいシュートを放ったフリングスが抑えの利いたシュートをゴールに叩き込んで4-2と試合を決定付けました。後半のロスタイム間際にドイツのサプライズと騒がれたオドンコールが出場。4-2のままドイツが勝利して勝ち点3を獲得しました。

開幕戦は前回大会の優勝国の試合が多かったのですが、今回はホスト国のドイツが出場しました。プレッシャーも大きかったと思いますが、ドイツは勝ててよかったです。ホスト国が開幕戦を戦うのは今まで5回しかないそうです。最近では1970年のメキシコ大会でメキシコが開幕戦を戦って以来だそうです。あ~でも、面白い試合だったな。この試合を見たらやっぱり今回のW杯も期待してしまいます。寝不足で体調を崩さないように気を付けてW杯を楽しみたいと思います。今日はイングランド戦を見ます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年6月 9日 (金)

梅雨晴れ

雨が上がって昼前から時折、陽光が差しています。空にも青空が覗いているんだけどまだ、大きな灰色の雲が浮かんでいます。風があるから雲も流れているのでお天気になりそうです。昨日は東海地方まで梅雨入りして今日は関東から東北南部まで梅雨入したんですね。梅雨前線が離れるとかで山口は梅雨晴れが続きそうです。

今朝、マーブルの散歩の時はまだ、霧雨が降っていました。レインコートと帽子で雨を凌げるくらいだったからマーブルもご機嫌が良かったのにグランドに到着してお友達を待ってみたんだけど・・・・誰にも会えなかったんです。雨だから誰もが散歩の時間をずらされたみたいなんです。残念だったね。マーブル。

散歩の途中で雨に濡れたクモの巣を見つけました。雨が糸に絡んで重そうでしたがとても綺麗だったので写真に収めて来ました。

Fiore_003 小さな宝石をたくさん着けたみたいでしょう?

明るさを反射させてクモの巣が綺麗でした

いつもはこんな所にクモの巣があるなんて気付きもしないんだけど雨が降った後はいろんな所に大きいのや小さいのを見つけられます

小さなクモがこんなに大きな巣を作るのにどれくらいの時間がかかるんでしょうね。この巣にどれくらい多くの昆虫が捕まるんでしょうね。

今夜から待ちに待ったW杯ドイツ大会が始まります。今夜は11時からテレビ観戦です。多分、ドイツvsコスタリカも見ると思います。明日は朝寝坊が出来ないからどうしよう。実はチッポの水泳の大会なんです。送って行く事になっているんだけど。マーブルの散歩は父に頼んだから大丈夫なんだけど・・・・。サッカーかチッポか。チッポ、ごめん。わたしサッカーを取ってしまいそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

梅雨入り

ついに梅雨入りしました~!と喜んでいるわけじゃないんですが、日本の四季に組み込まれている季節の一つだから嫌がらずに過ごす事にしました。気の持ちようで良くも悪くもなるじゃないですか。だから雨を楽しむ事にしました。

九州北部から中国地方、四国地方まで梅雨入りしました。梅雨入りした途端にいきなり大雨が降っています。今も雨は音を立てて降っています。明日の朝には雨も止むそうですが、今夜は雷雨の予報が出ていました。夜、雷がなるのなら別に怖くは無いんだけど・・・雷の音で目を覚ますのだけは嫌だな。

夕方のマーブルの散歩はすごい雨でした。道が川になるくらい雨が降っていました。本当に道は浅い浅い川なんです。散歩が好きなマーブルも鬱陶しそうな顔をしてましたが、マーブルは水が嫌いじゃないから散歩にお出掛け。マーブルは全身を覆うレインコートを着てわたしもレインコートと長靴で完全装備。それでも帰った時にはジーンズの腿の辺りがびしょ濡れでした。

Marble_118 これがマーブルのレインコート姿です

ちょっと着古しているからもう防水機能がへたってきているんです(笑)

今年は買い換えて上げなきゃいけないと思っています

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

朝の散歩は大騒ぎ

朝早いといつも散歩で訪れるグランドも陰が多く犬達を運動させるのには丁度いいんです。今朝も6時過ぎに家を出ました。途中でいつもマーブルと遊んでいるお友達のソルファちゃん(ゴールデン:♀)とらんまる君(黒ラブラドール:♂)に会ってグランドに向かいました。マーブルはらんまる君が大好きだから歩くのを止めてじゃれ合おうとするんです。ソルファちゃんは大きならんまる君が少し怖いみたいでちょっと離れて見てました。

グランドに行くとお友達のモモちゃん(ミックス:♀)と妹のアイちゃん(柴犬:♀)が先に到着していました。マーブルとモモちゃんは昔からよく遊んでいたんです。妹のアイちゃんは生後1年も経っていない子供だから誰とでもじゃれ合いたいんですが、みんなはアイちゃんを敬遠気味。なぜならアイちゃん噛むんです。マーブルもソルファちゃんも・・・・飼い主さん達まで噛むんです。アイちゃんは誰でも噛んじゃうんです。マーブルもアイちゃんをどう扱えばいいのか分からないみたいで戸惑ってます。

散歩の時はわたしを含めどの飼い主さんも“おやつ”を持っているんです。それを知っている犬達はあっちの飼い主さんからこっちの飼い主さんへと渡り歩くんです。その合間にボールで遊んだり走ったり・・・・これがいつもの朝の風景なんです。雌同士でも和気あいあいでフレンドリーなんです。

そんな穏やかさが今朝は大騒ぎになってしまったんです。茶々丸君(ミックス:♂)が久し振りに姿を見せたのですが、グランドまで降りてくる坂の途中で茶々丸君がらんまる君を発見。これが気に入らなかった茶々丸君は歯をむき出して吠え始めたんです。茶々丸君にとってらんまる君は色々な意味でライバルなんです。茶々丸君を見つけたモモちゃんが一気に土手を駆け上がって茶々丸君の元に行っちゃたんです。そんなモモちゃんにまで茶々丸君は吠えかかるし・・・・大きな声で吠える茶々丸君に恐れをなしたソルファちゃんまで土手を駆け上がって逃げるし、アイちゃんはモモちゃんが茶々丸君の所に行ったから自分も行こうとするし、マーブルは茶々丸君の飼い主さんの所に行こうとして・・・・グランドにはわたしや他の飼い主さんの大声が響き渡るしで大騒ぎになってしまいました。唯一、落ち着いていたのはらんまる君だけでした。

結局、茶々丸君はグランドに下りて来られなくて・・・・わたし達は引き上げる事にしました。逃げ出したソルファちゃんも見つかったから。ソルファちゃんすごく怖かったんだと思います。マーブルもそうなんですが、ソルファちゃんも吠える犬は怖いみたいです。マーブルは茶々丸君の吠えるのには慣れたみたいだけど。茶々丸君はオスの匂いがするだけで駄目なんです。大きかろうが何だろうがオスの犬を見たら吠えかかるんです。オスの性なんで仕方が無いんでしょうが、茶々丸君がもう少し同姓の犬に対してフレンドリーなら一緒に遊べるのに。らんまる君はオスのお友達も居るんですよ。らんまる君と茶々丸君が一緒に遊べる日が来ればいいのにね。マーブルもそう望んでいる筈です。Marble_9 Marble_11

マーブルもW杯モードです

抜け毛対策と夏は冷房による寒さ対策に我家ではマーブルも洋服を着ています。マーブルはわたし達よりも低い場所の温度を体に感じる事になるからこれは有効なんです。獣医さんからも「冷房で犬の体が冷えすぎないようにして下さい」と言われました。何故か背番号は「7」ヒデと同じなんです。わたしはヒデが好きだからいいかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

足長蜂の巣

近頃、庭で足長蜂が飛び交っています。ブーンという羽音を立てて自分を主張している足長蜂。その足長蜂が玄関上の軒下に巣を作り始めていたのを見つけたdarling。足長蜂が居ない間に取り除いちゃったんです。あれから足長蜂が増えた気がするんだけど・・・・それだけで終わりじゃなかったんです。庭の手入れをしていて2個も巣を見つけたんです。まだ小さな巣だったから退去して頂いたのですが、もしかしたらもっと足長蜂の巣があるのかも知れません。気付かない間に我家の庭に足長蜂の集合住宅が出来たりして(笑)

Fiore110 ★孔雀サボテン

昨日は赤い孔雀サボテンでした。今日は今朝、咲いていた白の孔雀サボテンです。月下美人と違って昼間に花を咲かせます。

花の命は短くて約1~2日です。

赤は情熱的ですが、白は清楚でしょう?今年は残念ながら1輪だけしか花を付けなかったんです。冬の寒さのせいなのかな?

Morning_blue_optima4 ★モーニングブルー

一番花はもっとピンクに近かったのですが、これは薄い紫色です。雌しべと雄しべの鮮やかさが目に付きます。

これが本当の色なのかもしれません。

午前中に陽光が当たり午後は日陰になる東側に鉢を移動してから元気に成長しています。午後の日が強い所に置いている株と比べると黒点病になり難いみたいです。置き場所一つでこんなにも影響があるなんて不思議です。

Virginia ★バージニア

ホワイトクリスマスよりも白いバラです。清楚で美しい白なんです。

バージニアの名前はバラ図鑑の中にも無いし、検索しても出てこないんです。名前が間違っているのかな?と思ったりもしているのですが・・・・

バラを育て始めて間もない頃に手に入れました。白いバラに憧れていたのですが、最近では手間のかからない変わった色のバラに目がいきます。香りが強いのも好きです。

5月から咲き始めたバラも一通り一番花が咲き終わりました。多分、我家にあるバラの紹介は終わったと思います。このバラ達もHPに掲載します。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

梅雨前の花々

暑~い。夏に向かっているんだから暑いのは当然なんだけれど・・・・汗が噴き出します。少し動いただけで汗が流れるんです。汗かきのわたしだからメイクはしません。だってメイクをしても汗で流れてしまうのだから無駄なんです。基礎とUVだけでいいんです。メイクをしていても汗でグチャグチャになったら見られたものじゃありませ。お化けに変身してしまいます。

暑い陽光の下でも元気に花達は咲いています。

Bellaroma2_1 ★ベラローマ

美しいコントラストを醸し出している現在のベラローマです。以前の花と比べ物にならないほど綺麗なコントラスト。これが本当のベラローマの姿だと思います。

豪華でいい香りなんです。このいい香りをお届け出来ないのがすご~く残念です。

美しい花を咲かせるのに日照時間が大切だとベラローマに教えられました。日照時間がこれほど植物に影響を与える事を改めて知らされました。ガーデニング歴がそれなりに長いわたしもまだまだ知らない事があります。

Winschoten_1 ★ウィンショッテン

このバラも豪華でしょう?

ビロードのような深い赤はローズレッドと呼んでもいいでしょう。高芯咲きで咲き始めロゼット咲きへと変わってゆきます。

花びらも多いんです。90枚もあるそうですが・・・・我家の花びらもそんなにあるのかな~?

フランスの文豪『女の一生』の作者の名前が付いているんだとか。

Whitechristmas_1 ★ホワイトクリスマス

アイボリーがかった白です。半剣弁抱え咲きの大きな花です。雨に弱いので切花にします。香りも強いので切花にすると香りも楽しめます。

ネーミングもそうですが、花の美しさにも引かれて手に入れたバラです。以前、庭植えにしていたのですが、病気に罹って枯れてしまったんです。

ホワイトクリスマスに魅せられなかったらわたしはバラを育てていなかったと思います。

Fiore_108 ★孔雀サボテン

祖母(今年96歳)が好きで手に入れた花です。この赤が好きだったのか、孔雀サボテン自体が好きだったのかは分かりません。

わたしが祖母から受け継いだものの一つです。祖母が大切に育てていたのを数株に増やしました。それが毎年2~3輪の大きな花を付けてくれます。

ナメクジに食べられたりバッタに襲われたりするのですが、健気に大輪の花を咲かせてくれます。豪華な赤い孔雀サボテンをお楽しみ下さい。

夜になっても気温が高い気がします。梅雨の時期が過ぎると「熱帯夜」の寝苦しい夜がくるんですね。それに蚊にも悩まされるんですね。今でも庭に出ると蚊に悩まされるのに・・・高い羽音をさせて耳元で囁くのは止めて~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本vsマルタ

W杯前の最後の強化試合。目前に迫ったW杯に向けて不安を残す結果となりました。最後まで見たもののスッキリしない試合でした。

前半早々に玉田のゴールで幸先のいい出だしかと思いきや・・・・攻撃が停滞気味。早々に1点を先取しながらもシュート数は少なく攻めあぐねていました。再三、駒野のサイドからパスが入るもののシュートやゴールには結び付かず・・・・反対サイドの三都主の前の大きく開いたスペースにヒデが鋭いパスを出すものの三都主が追いつけない有様。大黒の何本かのシュートもGKに阻まれたりポストを直撃してゴールには至りませんでした。前半終了前にはマルタに速攻を許してゴール前に詰め寄られるし、三都主サイドを抉られてピンチを招いてしまいました。不安を残して前半終了。

後半から小野がピッチに入り4バックになりました。小野が入ってからボールの動きが良くなりボールが回り始めると流れの中から大黒がチャンスを作り、コーナーキックから福西が頭で合わせてもゴールを割る事が出来なかった。高い位置でボールを取っていた日本に対してマルタの当たりも強くなってきて奪ったボールを奪い返される場面も増えてました。攻め入るもゴールを奪えないと分かると点を取るよりも試合勘と経験のために控えの選手-中田(浩)、小笠原、稲本、巻-次々とピッチに送り込みました。サイドを使っての攻撃もフリーキックもGKに阻まれてゴールに成りませんでした。小野、小笠原が中盤でボールを自在に操り始めると巻へのボールの供給が少なくなってしまい巻を生かす攻撃が出来ていませんでした。終わってみれば玉田の1点のみ。ドイツ戦の後だからか気が緩んでいたんじゃないかと思います。辛勝というのでしょうが、内容も悪く何の収穫も無い試合でした。

前後半を通してですが、走らない選手が多いんです。だからマルタの選手に走り負けしているんです。走ってカバー出来ないからそこを突かれてしまうんです。高い位置でプレスをかけるのは分かりますが、走らない事には試合には勝てないんじゃないですか?

ドイツ戦と違ったのは戦う気持ちと気迫だと思います。どんな相手だろうと気を抜かずに戦って欲しかったですね。何が起こるか分からない・・・・だからこそもっと引き締まったゲームを見たかったです。W杯まであと少し。コンディションを整えて試合に臨んで欲しいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

マーブルと子猫

6月最初の週末が雨じゃないのは嬉しい。W杯まであとわずか。それなのに高原は膝を痛めた?柳沢は右腿の裏が痛い?加地は戻って来れそうだけど足首を痛めて別メニュー?どーなってるのよ・・・ジーコジャパン。ドイツ戦で好調だったFWの2人なのに。マルタ戦はどうなるのかな?ちょっと?いえいえ超心配です。

6月はマーブルのワクチン注射の月です。今日はフィラリアの薬とノミ・ダニの薬を貰いに獣医さんに行きました。体調も良くてお乳の張りも無くなったのでついでにワクチン注射をして貰いました。マーブルにとっては嫌~な事だった筈だけど健康のためには仕方がありません。でも病院で可愛い子猫にあったからちょっとワクチン注射の痛さも紛れたみたい。その子猫は捨て猫なんですって・・・・病院の前にある道路を渡った看板の下で必死に鳴いていたらしいです。雌で白とグレーの毛並でシッポが長いんです。その子猫も物怖じしないでマーブルと鼻をくっ付けて挨拶をして小さな手で猫パンチをマーブルの鼻に食らわせてました。爪も小さいし爪も出してないからマーブルにとっては痛くも痒くもないみたいで・・・・嬉しそうに子猫を見てました。猫好きのマーブルだから子猫も大好き。家で飼えればいいんですが、父は猫が嫌いなんです。あんなに可愛い子猫を捨てるなんて許せません。本当~に可愛い子猫だったんです。いい貰い手が現れるといいんだけど。

Fiore_069

Fiore_100 ★スモークツリー

ケムリノキ、カスミノキとも呼ばれています。花の後に羽毛状の花序が伸びてきます。フワフワした可愛さがあります。

我家にあるのは羽毛が赤いタイプです。

左は5月中旬の花の状態で右は花後のフワフワになった状態です。フワフワは今朝撮影したものです。

Fiore_102ベランダの下で大きくなっているスモークツリーです。

家の外壁がグレーなので赤い羽毛が映えます。

スモークツリーを知ったのはまだわたしが若い頃でした。

お花のお稽古で使ったんです。一目ぼれでしたが、その頃にはまだスモークツリーの園芸種も少なくて・・・・やっと手に入れたのは数年前。

我家のシンボルツリーになりそうです。

Fiore_099 ★ブラックティー

この写真ではよく分からないかも知れませんがもっと不思議な赤系の色をしています。

紅茶の紅とでも言ったらいいのでしょうか。濃い紅茶の色を想像してみて下さい。そんな色をしています。

この花の横にも蕾が付いているので花が咲きそうです。大きく豪華な花です。

Fiore_103 このバラの名前も分からないんです。

桃色とはこんな色だと思います。美しいバラです。名前が分かっていればいいのですが・・・・

株が弱っていたしシュートも細かったので今年は花が咲かないと思っていたのですが、こんなにステキな花を咲かせてくれました。

太目のシュートも出てきたので大切に大きくしたいと思っています。来年はもっとたくさんの花を咲かせたいな~。

悔やまれるのはネームプレートを無くしてしまった事です。ちゃんとした名前で呼んであげたい・・・・いつかは名前を取り戻すからね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

美容院と作陶展

ゆっくりとした時間が取れなくて行けなかった美容院にやっと行ってきました。カットとカラーリングだけなんですが、美容院に行く時は時簡に余裕がないとわたしは駄目なんです。髪も伸びていたし白髪も目立ってきていたから早く行きたかったんだけど時間が取れなくて今日まで我慢してました。

9時頃に美容院に行ったから人も少なくてわたしが指名した美容師さんはマネージャーさんなんですが、まだお客さんも少ないし割りと早くにカットしてもらえそうな感じでした。実はわたしの指名した美容師さんとは20年以上のお付き合いなんです。年も近いしわたしの髪の癖とかも熟知しておられるので任せてて安心なんです。「早く来て正解」と思いながら雑誌を読んでいたんです。

そんな時にお店に入って来られた年配の女性がわたしと同じマネージャーさんを指名されたんです。マネージャーさんを見つけたこの女性はマネージャーさんに向かって「いつ電話してもあなたお休みだったから」とひとしきり愚痴ったんです。受付の方が「暫くお待ち下さい」と言われると雑誌を取って来て読み始めたんですが、5分も経たずに「今日は帰るわ」と受付の方に言い始めたんです。マネージャーさんも驚かれて「もうすぐに入れますから」と笑顔で答えられたんです。いつもマネージャーさんを指名されるんだろうなって思いながら様子を伺っているとその年配の女性が「わたし待たされるの嫌いなのよね」と言うんです。待ちくたびれるほど待っても無いのに・・・・これにはわたしも驚きました。マネージャーさんも受付の方も「順番があるのだから」と言われていましたが、その女性は駄々っ子状態・・・・こんな年になっても駄々をこねるなんて見ている方が恥ずかしかったです。待っているお客さんも少なく誰もがマネージャーさん達に同情的だったからその女性のカットを先にする事になったんです。でも、本当はわたしすごーく腹が立ってました。「誰だって待たされるのは好きじゃないわよ!でも順番を守るくらいの礼儀はあるのよ!」って言ってやりたかったんです。主婦でも学生でも時間を作って美容院に来ているのに「自分は特別」みたいな自己中心的な物言いの女性がいるなんて。嫌~な気分になってしまいました。わたしは歳を重ねてもあんな女性になりたくないと思いました。

美容院でカットとカラーリングをしてからお気に入りの洋食屋さんでランチを食べてから小さなギャラリーの作陶展に行きました。宇部の繁華街にある「GALAXYふくなが」というギャラリーでわたしのご贔屓にしている陶芸作家さんの作陶展が始まったので見てきました。Harvey Young(ハービー・ヤング)」さんの作陶展なんです。ハービーさんはシカゴ生まれ。日本各地で陶芸を研修されて1984年に益子に築窯されたんです。東京や大阪で作陶展をされている方なんですが、宇部の「GALAXYふくなが」では1990年から2年おきに作陶展を開催されているんです。気さくで面白い年配の男性です。今回は初めてラーメンどんぶりを出展されていたので即購入しました。ハービーさん曰く「しあわせのラーメンどんぶり」だそうです。でも、このラーメンどんぶり使い回しが出来そうな重宝な大きさなんです。近々ハービーさんの焼き物をホームページで紹介しようと思っています。

ホームページといえば・・・・3月のスキー旅行の想い出を新しく加えましたのでお時間にゆとりがあるときにでも覗いて見て下さい。ホームページはまだまだ未熟ですが、定期的に更新してゆきたいと思っています。ホームページアドレスを下記に記しておきます。

http://homepage2.nifty.com/tavolozza~non/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

駐車違反の車

今日は山口県でも「あゆ解禁日」です。ニュースでも長さおを操る太公望の姿が映し出されていました。鮎が美味しい季節なんですね。わたしはどちらかと言えば「落ち鮎」が好きです。脂がのっているから美味しいんです。

今日から駐車監視員が路上で駐車違反を取り締まるんですね。猶予も無く即駐車違反になるんでしょう?宅配業者の人の配達は大変になりますね。駐車監視員の多くが警察OBだとか・・・・民間に委託すると言いながら警察OBの天下り先になるんじゃないでしょうか。新しく始動する初日から色々な所で携帯端末の不具合が起きているみたいです。こんな事で大丈夫なんでしょうか?

狭い道に違法駐車されるのは迷惑ですよね。わたしの住んでいる所は古い住宅地なので道幅が狭いんです。最近の救急車もやっと通れるくらいの広さしかないんです。そんな中宅地に入る道も広くはありません。わたしの家の前の路肩は数年前にやっと車が離合出来るようになりました。その路肩に駐車するにしても門のまん前に車を駐車しなくてもいいのに・・・・人の迷惑を考えずに駐車する人は取り締まってほしいですが、仕事で仕方なく駐車しなければいけない人には何らかの特例があってもいいのではないでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

カーンの気持ち

今日は衣替え。6月に突入です。6月と言えばいつもの年なら「梅雨」を連想するのですが、今年は「ワールドカップ ドイツ大会」しか頭に浮かびません。待ちに待った6月です。

昨日の日本vsドイツの試合の録画を見ていたdarlingがポツリと言いました。試合は後半、ドイツが2点を追う展開になった時でした。

「高原が2点か。カーンは多分、もっと点を取られろ~って思ってるぞ。それにあの2点も俺なら止めた!と言うだろうな」

「分からないでもないね。2年くらい前に日本で試合をした時、ドイツはカーンがゴール守ってて無失点だったもんね。実はカーン、日本の応援だったりして」

「絶対にそうだと思うな。レーマンが大量失点するのを祈ってたりして」

試合は日本が追い付かれて2-2になりました。

「カーンは戻れそうもないね」

「いいや、俺の時は無失点だったとカーンなら言うね」

ヒデと大黒がいい場面を作り出した後にもポツリ。

「オグリ~入れろー!ってカーンは心の中で叫んでた筈だ。それでドイツが負けたら俺が正ゴールキーパーだ!って思ってるぞ。」

「うちらと同じように悔しくて叫んでたりしてね。でアンダーシャツに日の丸を付けてたら大笑いだよね」

「カーンならやりかねん」

ちらりと映ったカーンの顔を見てdarlingは言いました

「ドイツが負ければいいと顔に書いてある」

なるほどね。こんな見方も出来るんですね(笑)

カーンの気持ちは分かりませんが、ドイツは負けませんでした。ドイツにとっては負けに等しいドローでしたが・・・・カーンがこんな事を考えているんじゃないかと思うdarlingは少々へそ曲がりな所があります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »