« 雨の日の買い物 | トップページ | マーブルと目薬 »

2006年6月23日 (金)

日本vsブラジル

日本代表のW杯が終わってしまいました。4時前に起きて選手と一緒に「君が代」を聞き臨んだブラジル戦。4-4-2の布陣。2トップは玉田と巻。4バックに三都主、中澤、坪井、加地。中盤はヒデ、稲本、小笠原、中村。もっとアグレッシブに行くのなら中村の変わりに小野を起用して欲しかったです。前2戦どうみても中村は調子が良くなかったから。この試合を勝ちたいと思うのならもっと思い切った選手起用を見たかったですね。

前半の日本のボール支配率は40パーセント。やっぱりブラジルはボールを持つのも上手いですね。というよりも今日の日本代表は前からプレッシャーを掛けずにバックスがズルズルと下がる場面が多かったです。ゴール前でどうにかブラジルの攻撃をかわしている感じがしました。だからどうしても川口の仕事が多くなります。今日も川口は好セーブを連発してロナウドのシュートを2本も阻んでくれたんです。そんな川口に答えたのが玉田でした。稲本からのパスをマークの緩くなっていた三都主が持ち込んで裏を付いた走りをしていた玉田が見事にゴール!このゴールはビューティフルゴールでした。でも、このゴールからブラジルの動きが変わってきました。そしてロスタイムにロナウドにヘッドで決められて同点。前半を1-1で終えました。ハーフタイム、ロッカーに引き上げる選手で悔しさを露にしたのがヒデと川口だけでした。もっと多くの選手が悔しがると思っていたので意外でしたが、これが日本の敗戦に結び付いたのだとわたしは思います。

後半になってからのブラジルの動きが速くなった気がしました。ボール回しも早くなって日本のディフェンダーがボールウオッチャーになって2点、3点とゴールを許してしまいました。ブラジルはカカ、ロナウジーニョを交代させ3人目の交代は何とGKのジダ。ここまでされるなんて屈辱的と思ったのはわたしだけではない筈です。日本も小笠原、巻を下げて中田(浩)、高原を入れるものの高原が負傷。入ったばかりの高原に代わって大黒をピッチに送り出しました。ヒデが高い位置で張ることが出来ても足が止まった選手が出始めて効果的な攻撃が出来ないままブラジルが4点目をゲット。いい位置でのフリーキックも中村は決めきれず・・・・ジーコがここまで信頼して交代させなかったのに。「やっぱり小野の方が良かった」と呟いてしまいました。結果は1-4でブラジルの圧勝。主力を何人も温存したブラジルとの力の差を見せ付けられる試合でした。

日本の選手の中で一番最後までピッチに倒れたまま動けなかったヒデ。4年間、マスコミがどんな事を言おうと一生懸命に頑張ってきたヒデの気持ちを思うと涙が出そうになります。「1回目はワールドカップがどんなものか分からず、2回目はホーム。3回目の今回は初めてワールドカップを戦えるから楽しみたい」と言っていたのに楽しめるサッカーが出来なかった筈。ヒデのように誰とでも議論を戦わせて自分達のサッカーを作り上げなければ世界では勝てないんですね。日本の選手はチーム間での小競り合いがチームの和を乱すと考えるようですが、一つのチームになる為には必要な事だとわたしは思います。

あまりにも選手の力の差がありすぎました。その力の差を埋めようと頑張った選手とそうでない選手・・・・日本の中盤の素晴らしさを生かせなかった今大会でした。監督としてのジーコが失敗したのは選手起用だと思います。こだわり過ぎました。そしてジーコの考えるプロフェッショナルなサッカーを出来る選手が日本にはまだ少ないこと。自由な発想でサッカーが出来るほどまだ、日本のサッカーは成熟していないんです。この敗戦を糧に選手にはもっと大きな飛躍を期待したいですね。

クロアチアvsオーストラリアは2-2のドロー。結果、オーストラリアが決勝Tに進出です。わたしの嫌いなヒディングのガッツポーズが目の前にちらつきます。どーも好きになれないんです。ヒディング・・・・。オーストラリアチーム自体は嫌いじゃないんだけど監督が嫌いです。

|

« 雨の日の買い物 | トップページ | マーブルと目薬 »

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

早朝からの観戦、お疲れさまでした。
と言う私も朝から起きてじっくりと見ました。
完敗です。主力を温存しながら、あの強さ。
到底日本が太刀打ちできないと思い知らされましたね。
ヒデの様に試合後、ピッチに倒れ込んでしまった選手は
何人いたのでしょうか?
全力を出しきるとはヒデの様な状態になるまで
走りまくる事じゃないのかなぁ。
結局、技術で負け、体力でも負け、気持ちでも負けてたんじゃないのかな。
予選敗退は残念ですが、これも日本の今の実力。
現実を受け止め、今後に生かせれば良いですね。
去って行く選手もいれば、次の活躍出来る選手いると思う。
良い指導者に恵まれ、選手個々が成長して欲しいですね。
ブログの方で日本代表総括を記事にしますので、
又見てくださいね。

投稿: ともくん | 2006年6月23日 (金) 12時47分

試合終了後の中田英の姿は印象的でした。無念さが伝わってきました。選手の誰も近寄らなかった(近寄れなかった)ところがこのチームを象徴していると思います。普通、誰か行きますよね。ほとんど*aprileさんと同感です。ヒディンクが嫌いというところ以外は(笑)。

投稿: yamamo8 | 2006年6月23日 (金) 12時48分

*aprile さん

いつもありがとうございます。

終わりました。

本当に世界との差をみせつけられましたね。

これからが、本当の日本としての戦いだと思います。
一日もはやく復興してほしいですね。

投稿: 「感動創造」 | 2006年6月23日 (金) 13時25分

お疲れ様でした。

オーストラリアに勝っていたらと、まだたらねば話をしてしまいます。
今度オシムさんに監督してほしいけど、高齢だしね。

世界のレベルまで体格的にも落ちるけど、韓国だって頑張っているわけだし。
気力も川口、ヒデのような闘志あふれる選手も欲しいですね。

投稿: tami | 2006年6月24日 (土) 00時28分

おはようございます!

敗戦のショックから立ち直り
次に目を向けていかねば!
と、思うようになれました!

今日明日と旅にでるために
ちょっと早く伺いました!

*aprile さんもよい週末をお過ごしくださいね~!!

投稿: 「感動創造」 | 2006年6月24日 (土) 04時18分

ともくん様
世界との差を思い知らされましたね。でも、ヒデのように倒れこむまで走り抜いた選手が少なかったのも事実ですね。ともくんさんの言われるように技術・体力・気力の全てで負けてました。次に出てくる選手に小野やヒデの力を望めそうにもないです。いい指導者に恵まれるのが大切ですね。ブログ楽しみにしています。

投稿: *aprile | 2006年6月24日 (土) 21時46分

yamamo8様
ヒデにもっと楽しめるサッカーをさせてあげたかったですね。チームの中であれだけ自分を殺してチームに貢献しようとしたヒデと他の選手。ヒデの所に行かなかったのか、行けなかったのか・・・
ヒディングはどーも・・・・誰にでも好き嫌いはありますよね(笑)

投稿: *aprile | 2006年6月24日 (土) 21時56分

「感動創造」様
今日から旅行にお出掛けなんですね。
終わりましたね。
これで何が日本に足りないのか判りましたね。
今度はどんな監督の元でどんなサッカーをしてくれるのか楽しみに待ちたいと思います。

投稿: *aprile | 2006年6月24日 (土) 21時59分

tami様
終わりましたね。でも今度は違う意味でW杯を楽しめそうです。
世界との差は大きいでしょうね。でも、その差を気力で埋めて欲しいです。技術・体力だけではないと思います。闘志溢れる選手がいいですよね。
今、オシム監督と交渉中だとかこれが決まるといいですよね。わたしの一押しだからオシムがいいな~。

投稿: *aprile | 2006年6月24日 (土) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/10644518

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsブラジル:

« 雨の日の買い物 | トップページ | マーブルと目薬 »