« イングランドvsエクアドル | トップページ | 霧の川とキツネ »

2006年6月27日 (火)

イタリアvsオーストラリア

少々、眠い朝を迎えています。昨夜はどういう訳か目が冴えていて1時過ぎまでイタリア戦を見ていました。わたしは断然、イタリアの応援。なぜかって?自称イタリア人(?)のわたしだから・・・ではなくてただ単にヒディングが嫌いなだけ(笑)ヒディングの勝ち誇ったようなガッツポーズを見たくないし「愛しのガットゥーゾ」がイタリアにいるからです。ガットゥーゾって男性ファンが多いらしいんだとか。彼、野性的でいいと思うけどな~。それに攻撃の芽を摘むのが上手いんですもの。

イタリアvsオーストラリアの試合は攻守の切り替えが早いしオーストラリアが意外と良い守備をしていました。守備が脆いって感じはしませんでしたね。イタリアはトッティをベンチスタートさせて今大会初スタメンのデルピエロを起用。3トップの攻撃的な布陣で臨んだイタリアは前半から猛攻を仕掛けていました。カテナチオだけではなく攻撃的になったと言われるイタリアはジラルディーノ、トーニがオーストラリアゴールに迫るもゴールには至りませんでした。前半、トーニがディフェンダーを振り切ってシュートを放つもゴールを捉える事が出来なかった時は「トーニ!!」と唸ってわたしもイタリア監督のリッピと同じように頭を抱えていました。ビックチャンスだったのに。

後半からイタリアはジラルディーノに下げてイアクィンタをピッチに投入。後半5分にマテラッツィが一発レッドで退場。う~ん、不用意なファールとはいえレッドでなくても良かったような気がしました。数的不利になったイタリアは手薄になったDFにバルザーリを入れるもオーストラリアに攻め込まれるシーンが多くなりヴィドゥガ、ブレシアーノ、ケイヒルがイタリアのディフェンスを脅かすようになりました。自陣でプレーする時間が長くなるとデルピエロをトッティと交代させて攻撃の図りました。試合が動いたのはロスタイム寸前、ペナルティエリア内でグロッソが倒されてPKを獲得。トッティがPKをゴール左隅に決めて勝利を引き寄せました。数的不利を戦い抜いたイタリアがベスト8に名乗りを上げました。

イタリアではデルピエロとトッティどちらを起用するかとの議論が巻く起こっているそうです。デルピエロを使うべきだと言う人が多いとか。この試合ではプレッシャーのかかった場面でPKを決めたトッティに拍手を送りたいですね。デルピエロはどちらかというとジラルディーノやトーニにパスを供給する事に徹していた気がします。次の試合も楽しめそうです。

もう1試合はシェフチェンコを擁するウクライナとスイス。前後半でも決着が付かず延長に入るも決着が付かない試合。PKにもつれ込んでお互いに1人目が外した不安な立ち上がりでしたが、ウクライナは後の3人が確実にゴールを決めました。スイスは集中力が途切れたのか、全員がPKを失敗。無失点を誇りながらもスイスが大会を去ることに成りました。やっぱりPKまで戦うには体力、気力が充実していないと無理なんですね。

ジーコ監督の退任記者会見を見ました。どんな結果に終わったにせよ「ジーコ監督、お疲れ様でした」と言いたいですね。ジーコが体力の強化と各年代でのレベルアップ、体力強化がこれから世界で戦う上で大切だと言っていたのにはわたしも同感です。日本はパワープレーが苦手。オーストラリアのようなラグビー崩れのような体格の選手には跳ね飛ばされてしまうから自分達の良さを利点に替えるサッカーをして欲しいと思っています。次の監督は誰がなるのか分かりませんが、これからのアジア予選は一層厳しさを増すのでそれを勝ち上がれる選手にして欲しいです。選手も戦う心構えが中途半端な選手は要りません。精神力の強い選手、気持ちで戦える選手を選んで欲しいと思います。

|

« イングランドvsエクアドル | トップページ | 霧の川とキツネ »

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

*aprile さん

イタリアやりましたね!

私も断然、イタリアを応援してました!
ヒディング(韓国戦)を忘れるわけにはいきませんから。。。

ご存知ですか?
韓国は、フランス戦では、自国有利の判定にフランスがクレームをつけたら、試合後に文句を言うのはスポーツマンシップに反するとか言っておいて
スイス戦での2点目は明らかにオフサイドだとクレームをつけまくり、FIFAのサーヴァーがダウンして、韓国からのネットアクセスが規制されたんですよ。

本当に、呆れるトンデモ国家です。
だから、イタリアには是非とも勝利してほしかったんですよね。

勝ってよかった~♪

投稿: 「感動創造」 | 2006年6月27日 (火) 15時48分

この試合の会場はカイザースラウテルンでしたね。テレビ画面見ていて、あの時がよみがえりました。イタリアは強かった。ロスタイムのあの時間帯にドリブル突破を仕掛けたグロッソに、執念と底力を感じました。

投稿: yamamo8 | 2006年6月27日 (火) 19時33分

「感動創造」様
イタリアが勝って本当に良かった。ヒディング嫌いのわたしだから断然、イタリアの応援!!(笑)
韓国ってそんな国でしょう。今に始まった事ではないでしょう。拉致問題を見ても国の体質が分かります。
呆れて物が言えません。
勝ってよかったですね~イタリア。自称イタリア人(笑)のわたしもすごく嬉しい。

投稿: *aprile | 2006年6月28日 (水) 10時41分

yamamo8様
イタリアは強かったですね。それに前半の布陣は攻撃的でしたね。トーニの2本のシュートが決まっていればマテラッツィの退場も無かったかもしれませんね。
グロッソみたいに強きで仕掛けられる選手は必要ですね。

投稿: *aprile | 2006年6月28日 (水) 10時47分

寝不足が続いてませんか?
私は毎日寝不足が続いてますが、元気に頑張っております。
イタリアは頑張りましたね。
ヒディングは試合後のインタビューで
あのPKは疑問が残ると言ったそうですね。
しかし、4年前の判定の比べれば、至極正当に思えます。

ジーコも去り、次の監督に期待を持ちたいですが、
まずは現状を知っておく必要があると思いますね。
今日本代表の総括がまだ、まとまっていないですけど、
ジーコには、感謝しておかなければね。

投稿: ともくん | 2006年6月28日 (水) 13時38分

ともくん様
寝不足気味であるのは確かですが、「あ~W杯になった来た」って感じで嬉しくもあります。イタリアが頑張ってくれました。あのPKがどうのと言うのはおかしいでしょう。4年前のトッティをシュミレーションだと判定した方が余程おかしい。
ジーコには感謝ですね。日本の本当の弱さが何かをわたし達に見せてくれたんですから。
ともくんさんの総括、楽しみにしています。

投稿: *aprile | 2006年6月29日 (木) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/10697108

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアvsオーストラリア:

« イングランドvsエクアドル | トップページ | 霧の川とキツネ »