« オランダvsセルビア・モンテネグロ | トップページ | いいこと探し »

2006年6月13日 (火)

不甲斐ない日本代表

はっきり言ってサッカーの話題をブログにしたくないくらい腹がっています。情けないし不甲斐ない!1点を取れば2点、3点と追加点をとる気で前を向かない限りゴールは生まれません。オーストラリアに1点先制しただけでペースを落としたのは失敗。この1点を守りきれるだけの実力が無いのは分かっているのに枠に飛ぶシュートさえ無かったじゃないですか。決定機は何度かあったのにFWはゴール前で突っかけもしなければシュートを打たないではゴールのチャンスも無いじゃないの。ペナルティエリア付近でのファールを誘うことも出来ないから日本のフリーキックも限られていました。

三都主の上がりは遅いしボールから逃げようとする無駄な動きが多いなんて・・・・後半になって一番先に暑さで足が止まったのが中村。背番号10を背負うということがどんな事か分かっているのかと訊きたくなりました。背番号10を付ける選手は「何かをやってくれる、彼に任せれば大丈夫」と言われるような選手が付ける番号。期待と重責が圧し掛かる番号を背負うからにはそれなりの動きをして欲しいものです。でも今の日本の10にそれは感じられません。トルシエが選ばなかった理由が分かった気もします。

小野を入れて「攻撃に出ろ」のジーコからのメッセージも伝わっていなかった気がします。この時に中村との交代でも良かった気がします。茂庭を下げた事で守備のバランスが悪くなったのも事実。でもジーコからのメッセージを感じていたのは福西とヒデだけ。積極的にオーストラリア選手に絡んでボールを奪い、ボールを奪われれば追いかけるを繰り返していました。「走らなければサッカーにならない」と言っていたようにヒデは最初から最後まで走っていました。

初戦黒星。次に期待するしかないですね。

|

« オランダvsセルビア・モンテネグロ | トップページ | いいこと探し »

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

呆れてものが言えないとこのことですな。
先制の1点もセンタリングの球がたまたま
ゴールへ流れこんだだけですし、
その後は形が作れなくどうしようも無かったですな。
三都主は相変わらずですし、
後半はいつ逆転されてもいい展開が続き、
最後に圧倒されてました。
ブログにも書きましたが、監督の差が出たと思ってます。
これはたらればになってしまいますが、
両サイドが違った人選ならば違った結果が出てかも知れません。
駒野には悪いがやはり加地の怪我は、痛かった。
中田の言葉の「走らなければサッカーにならない」は
この試合痛いほど解ったじゃないかな。
今更気付いても遅いけど、残り2試合は
走りまくって欲しいですな。

投稿: ともくん | 2006年6月13日 (火) 11時27分

*aprile さん

こんにちは。
本当にお怒りごもっともです。
誰が悪いといえば、監督ですね。

いまさらですが、あまりの迷采配に驚きました。

しかしまだ終わっていないので
現時点における最善を尽くしてほしいと思います。

投稿: 「感動創造」 | 2006年6月13日 (火) 12時36分

ともくん様
前半から流れを掴めないまま後半はいつ得点されてもおかしくないくらい攻め続けられていました。
監督の差でしょうね。ジーコのように自己の個性と力を自由に操ってサッカーをする選手に日本の選手は成長していませんから。イマジネーション豊かなサッカーが出来ないんです。でもこの成長が無ければ日本のサッカーの未来は暗いですね。
残り2試合は死ぬほど走って欲しいですね。

投稿: *aprile | 2006年6月13日 (火) 20時27分

「感動創造」様
怒りがストレスに変わりそうなので今日は極力ニュースを見ません。悔しいし腹が立つから。
ジーコのメッセージを受け取れる選手が少なすぎですが、昨夜はそのジーコの采配も拙かったですね。
あと2試合は死ぬほど走って欲しいです。

投稿: *aprile | 2006年6月13日 (火) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/10505003

この記事へのトラックバック一覧です: 不甲斐ない日本代表:

« オランダvsセルビア・モンテネグロ | トップページ | いいこと探し »