« 日本vsマルタ | トップページ | 足長蜂の巣 »

2006年6月 5日 (月)

梅雨前の花々

暑~い。夏に向かっているんだから暑いのは当然なんだけれど・・・・汗が噴き出します。少し動いただけで汗が流れるんです。汗かきのわたしだからメイクはしません。だってメイクをしても汗で流れてしまうのだから無駄なんです。基礎とUVだけでいいんです。メイクをしていても汗でグチャグチャになったら見られたものじゃありませ。お化けに変身してしまいます。

暑い陽光の下でも元気に花達は咲いています。

Bellaroma2_1 ★ベラローマ

美しいコントラストを醸し出している現在のベラローマです。以前の花と比べ物にならないほど綺麗なコントラスト。これが本当のベラローマの姿だと思います。

豪華でいい香りなんです。このいい香りをお届け出来ないのがすご~く残念です。

美しい花を咲かせるのに日照時間が大切だとベラローマに教えられました。日照時間がこれほど植物に影響を与える事を改めて知らされました。ガーデニング歴がそれなりに長いわたしもまだまだ知らない事があります。

Winschoten_1 ★ウィンショッテン

このバラも豪華でしょう?

ビロードのような深い赤はローズレッドと呼んでもいいでしょう。高芯咲きで咲き始めロゼット咲きへと変わってゆきます。

花びらも多いんです。90枚もあるそうですが・・・・我家の花びらもそんなにあるのかな~?

フランスの文豪『女の一生』の作者の名前が付いているんだとか。

Whitechristmas_1 ★ホワイトクリスマス

アイボリーがかった白です。半剣弁抱え咲きの大きな花です。雨に弱いので切花にします。香りも強いので切花にすると香りも楽しめます。

ネーミングもそうですが、花の美しさにも引かれて手に入れたバラです。以前、庭植えにしていたのですが、病気に罹って枯れてしまったんです。

ホワイトクリスマスに魅せられなかったらわたしはバラを育てていなかったと思います。

Fiore_108 ★孔雀サボテン

祖母(今年96歳)が好きで手に入れた花です。この赤が好きだったのか、孔雀サボテン自体が好きだったのかは分かりません。

わたしが祖母から受け継いだものの一つです。祖母が大切に育てていたのを数株に増やしました。それが毎年2~3輪の大きな花を付けてくれます。

ナメクジに食べられたりバッタに襲われたりするのですが、健気に大輪の花を咲かせてくれます。豪華な赤い孔雀サボテンをお楽しみ下さい。

夜になっても気温が高い気がします。梅雨の時期が過ぎると「熱帯夜」の寝苦しい夜がくるんですね。それに蚊にも悩まされるんですね。今でも庭に出ると蚊に悩まされるのに・・・高い羽音をさせて耳元で囁くのは止めて~!!

|

« 日本vsマルタ | トップページ | 足長蜂の巣 »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

晴れの日が続くと、花芽が沢山ついてきますね。
太陽って偉大。
孔雀サボテン、綺麗です。
*aprile さんの花好きはおばあ様ゆずりなんですね。花好きの血筋。

今日私も始めて蚊取り線香つけて、花柄摘みしました。

投稿: tami | 2006年6月 6日 (火) 00時24分

tami様
花好きは祖母からの贈り物かもしれません。でも、この贈り物はわたしだけに譲られたものみたいです。だって妹はサボテンも枯らしてしまうほどの園芸オンチですから。テツやチッポさえも認めているんですから(笑)
蚊取り線香も偉大です。

投稿: *aprile | 2006年6月 6日 (火) 15時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/10406502

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨前の花々:

« 日本vsマルタ | トップページ | 足長蜂の巣 »