« イングランドvsポルトガル | トップページ | 夏の味覚 »

2006年7月 2日 (日)

シャンパンシャワーのフランス

セレソンが姿を消してしまいました。これで南米のチームが全て姿を消しました。ブラジルの連覇に期待しておられた方はさぞガッカリされていることでしょう。わたしはまだジズーのプレーする姿が見れる事が嬉しい一人です。

試合は中盤でプレスをかけていたフランスのリズムがブラジルのリズムを消してしまいブラジルらしいサッカーが出来ていませんでした。FWがワントップだったのも原因なのかもしれません。ロナウド一人をマークされ自由に動ける筈のロナウジーニョにも固いマークが付いていては攻撃の起点が作れません。反対にジズーは自由に動き回っていいパスを連発していました。

ブラジルも選手交代でアドリアーノ、シシーニョ、ロビーニョをピッチに送り出して2トップになるとブラジル本来の動きとリズムが出て猛反撃に転じたのですが、フランスは守備が粘りを見せて1点を守り通しました。

セレソンのサンバのリズムがフランスのシャンパンサッカーに敗れ去りました。ジズーの予選での不調が嘘のようです。監督との問題だとも言われていましたが・・・・決勝トーナメントに残ったのは全てヨーロッパ勢。ドイツ、イタリア、ポルトガルそしてフランス。どこが優勝するのか・・・試合自体がとても楽しみです。4日から始まる準決勝の為にも体調を整えておかなければ。

|

« イングランドvsポルトガル | トップページ | 夏の味覚 »

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

ブラジルはロナウドを最後まで切れなかったですね。確かに調子は上がってきているようでしたが、ロビーニョをもう少し起用しても良かったかな、なんて思います。あとはロナウジーニョ。最後まで普通(以下)のプレーしか出来ませんでした。終了間際のFKはロベカルが蹴ったほうが怖かったです。フランスはあと2試合確定ですね。最後までジダンが見られます。

投稿: yamamo8 | 2006年7月 3日 (月) 08時51分

yamamo8様
そうですね。もう少し早くロビーニョを入れて2トップにしていたら展開は違った気がします。ロナウジーニョには期待していたのですが、普通以下のプレーで終わってしまいましたね。力を出し切って無かったです。
わたしも終了間際のFKはロベカルの方が怖いと思っていました。
ジズーが頑張っている姿をまだ見られます。調子は上がってますよね。年寄りの多いフランスなのに(笑)

投稿: *aprile | 2006年7月 3日 (月) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/10764739

この記事へのトラックバック一覧です: シャンパンシャワーのフランス:

« イングランドvsポルトガル | トップページ | 夏の味覚 »