« ヒデ・・ありがとう | トップページ | 大雨とユニフォーム »

2006年7月 5日 (水)

歓喜のイタリア

今朝も超早起きしてW杯のイタリア戦を見ました。早起きした甲斐がありました。とても面白い試合で試合時間が経過するのが早かったです。いつも思うんですが、攻守の切り替えが早く展開から目の離せない試合ってスコアレスであってもワクワクさせられるしあっと言う間に前後半が終わってしまうんですよね。

今回のイタリアは堅い守りの上に何とも魅力的な多彩な攻撃・・・・イタリア贔屓のわたしだからこんな風に思うのかもしれませんね。ホームで勢いのあるドイツを相手にするんだからイタリアは完全なアウェー状態。イタリア選手がファールをすると大きなブーイング。でも自国ドイツの選手がミスをしてもブーイングをする所なんかはサッカーを知っている人がサッカーを楽しんでいるんですよね。試合中でも選手を叱咤激励するサポーターに選手も答えられるなんて・・・羨ましい。

前半はイタリアペースの試合展開でした。イタリアは両サイドを駆け上がるペロッタとカモラネージがドイツのDFを翻弄。ドイツはサイドからのボールをどうにか凌いぐ時間帯が続きました。攻撃に転じようとするドイツ選手に高い位置でプレッシャーをかけるイタリアに対してドイツは2トップにボールが収まりませんでした。前半終了までにイタリアがCKのカズでもドイツを上回ったのを見てもドイツがサイドから崩されていたのが分かります。猛攻を仕掛けたイタリアに決定的なシュートが無かったのはレーマンの好セーブとドイツDFの高さによるところが大きい。

後半に入ってからはドイツの2トップにボールが収まり始め反撃に出るがシュートが枠を捉えられませんでした。前半に比べて動きが落ちたイタリアに対してドイツはバラックにもボールが入り始めました。ドイツはボロウスキとシュナイダーを下げてシュバインシュタイガーとオドンコールをピッチに入れ早さを生かしたサイドからの攻撃を仕掛け始めました。イタリアもトーニを下げてジラルディーノを投入。どちらもゴールを上げられないまま0-0で後半も終了。

イタリアはカモラネージを下げてイアクィンタを延長開始からからピッチに投入。イアクィンタの動きの良さがイタリアを活性化させて延長早々ジラルディーノのシュートを演出するもボールはポストに阻まれもう1本のシュートもポストに嫌われてゴールに成らず。ドイツも何度かゴール前でチャンスを作りましたが、ゴールには至りませんでした。イタリアはペロッタに替えてデルピエロをピッチに。

延長後半に入ってからドイツは動きが落ちボールに絡めなくなったクローゼに替えてノイヴィルを投入。イタリアはPK戦を覚悟したのかと思えるような試合展開になってきたもののイアクィンタ、デルピエロ、ジラルディーノが後方からのボールに絡んで「惜しい!」と唸らせる攻撃を何度か見せ始めました。そして延長もロスタイム間際にデルピエロのCKをレーマンが弾いた所をピルロがグロッソにパス。グロッソのシュートが決まってイタリアが1点先制。その僅か1分後にジラルディーノからのパスをデルピエロがゴールに叩き込んで2点目。それをイタリアが守り切って2-0で勝利。イタリアがドイツを下して決勝進出です。開催国ドイツは3位決定戦に回る事になりました。延長に入ってから審判のジャッジがドイツ寄りだったと思ったのはわたしだけかな?

前後半でどちらに点が入ってもおかしくない展開でした。ストライカーだったドイツのクリンスマン監督は選手達のシュートが外れるたびに頭を抱えたり地面を叩いたりドリンクボトルを投げつけたりして悔しさを現していました。この試合でドイツはピルロとトッティを比較的自由に動き回らせていましたからピルロ、トッティからのいいパスが何本も入ってピンチを招いてました。イタリアは守備の面ではガットゥーゾ、カンナバーロ、マテラッツィが中心になっていい守備を見せていました。今日は特にカンナバーロが良かったですね。次の試合、カモラネージが出場停止です。カモラネージのW杯は今日で終わってしまいました。

明日の朝も頑張って早起きします。明日の試合も見逃せないでしょう。フランスvsポルトガル・・・楽しみ、楽しみ。

|

« ヒデ・・ありがとう | トップページ | 大雨とユニフォーム »

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

*aprile さん

おはようございます。

アズーリショーでしたね。
またPKかぁ・・・
つまらんなぁと思っていたら!!!!!

2点ともにファインでしたよね。
また、アシストがエクセレントでした!

北朝鮮のミサイルでケチがつきましたが
素晴らしい試合でした。

もう経済制裁即時発動しかないですね。
対話は通用する相手ではないのは
わかりきったことだったんですけどねぇ。

投稿: 「感動創造」 | 2006年7月 5日 (水) 10時19分

イタリアの決勝進出よかったと思います。相手はフランスかポルトガルかわかりませんが、どちらにしても中盤の勝負になりそうで楽しみ。
ドイツが勝ってたら、引いて守ってロングボール蹴り込んでのカウンターみたいな展開の、面白くない試合に持ってかれそうな気がしてたんで・・・
攻撃的でスリリングな決勝になるといいですね!
その前にフランスvsポルトガルですね^^;

投稿: VIVACE | 2006年7月 5日 (水) 11時15分

「感動創造」様
またPKとわたしも思いました。その矢先でしたね。グロッソとデルピエロのゴールが決まった時は一人で「ゴ~ル!!」と叫んでました。
北朝鮮は初めから聞く耳も持ってないでしょう。理性も無い国ですから。

投稿: *aprile | 2006年7月 5日 (水) 11時38分

VIVACE様
明日は朝からお仕事だとか。90分で決着がつけばいいのですが・・・どうなる事か。
ポルトガルvsフランスは楽しみです。どちらが勝ってもと思うのですが・・・ポルトガルに勝って欲しいと思うわたしです。
攻撃的でスリリングな決勝がいいですね。


投稿: *aprile | 2006年7月 5日 (水) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/10796890

この記事へのトラックバック一覧です: 歓喜のイタリア:

» [football] [吉田雄吾は自殺しない]
私はイタリア代表があまり好きではありませんでした 戦術も嫌いでしたし 思い入れのある選手もいないので ですが この試合は素直に感動してしまいました なんという勝負強さとスター性でしょう イングランドVSポルトガル戦よりは良い試合内容だったにしろ 「明日も仕事だ... [続きを読む]

受信: 2006年7月 5日 (水) 12時21分

« ヒデ・・ありがとう | トップページ | 大雨とユニフォーム »