« 雑草と花たち | トップページ | テンプレートを変更 »

2006年7月 1日 (土)

ドイツが激戦を制す

眠い目をこすりながら昨夜はいえいえ今日の夜中にドイツvsアルゼンチンの前半を見ました。ホスト国ドイツはホーム。アルゼンチンは若手の育成に定評のあるペケルマン率いる“ペケルマンの子供達”と言われる選手達。どちらのチームも攻撃的なチームです。

前半は攻守の切り替えが早くどちらのチームもなかなかリズムを掴めずに膠着した試合展開になっていました。序盤からボールを支配して遅攻でドイツゴール前まで攻めあがるアルゼンチンに対してドイツはゴールを割らせないディフェンスを見せていました。クレスポに何度かいいボールが入るもののゴールには至りませんでした。テベスに対しては2~3人が詰め寄るディフェンス。ドイツは速攻でアルゼンチンゴール前に攻め入るもシュートを打たせて貰えない展開が続きました。ドイツもポドルスキーにボールが入ってもアルゼンチンのディフェンスが自由を与えていませんでした。前半、ドイツのラームがサイドでの攻撃、守備にと走っていたのが印象的でした。わたしが期待していたマキシ・ロドリゲスの動きがイマイチだったのが・・・・

前半を0-0で終えて後半に入るとドイツが攻勢に出たが、早い時間にコーナーキックからアルゼンチンのアジャラがゴールを決めて1点を先制。中盤でのボールの奪い合いが白熱するとファウルで得たセットプレーからチャンスを作る形が出始めました。後半35分にクローゼがヘディングでボールをゴールに押し込み同点に。

追加点の無いまま延長戦に入るとシュートの打ち合いになるが、互いに決め手を欠いて決勝点が得られないままPK戦に突入しました。ドイツは4人目まで全員が成功したのに対してアルゼンチンは2人が失敗して白熱した試合に終止符を打つ結果となりました。アルゼンチンのアイマールが見たかったのに・・・それにメッシももっと見たい選手でした。残念です。南米の国が一つ姿を消してしまいました。

もう一試合のイタリアはウクライナを寄せ付けず3-0の完勝でした。この試合はまだ録画を見てないので何とも言えませんが、やっとトーニが2得点を上げたのが良かったです。FWとしてのトーニに期待していたから得点を入れて調子を上げてくれればと思っています。「カテナチオだけでない攻撃の出来る」イタリアは面白い存在になってきましたね。

|

« 雑草と花たち | トップページ | テンプレートを変更 »

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

*aprile さん

お世話になります!

そうですね。
サポーターの力もありましたね。


でも、ちょっとだけジャッジがドイツよりだったので
納得いかないっすね~

PK戦が終わって、アルゼンチンの選手がドイツの選手に手を出して、小競り合いみたくなってたんですよ。

選手の気持ちがわかりますもん。

投稿: 「感動創造」 | 2006年7月 1日 (土) 16時01分

「感動創造」様
アルゼンチンの選手の気持ちは分からないでもないですね。大陸によって判定の違いがあるから納得が行かないのも分かります。「南米だったらこれはファールじゃない」っていうのもあるでしょうからね。ドイツよりの判定は仕方ないのかも・・・。ドイツのホームだし。

投稿: *aprile | 2006年7月 1日 (土) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/10746109

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツが激戦を制す:

« 雑草と花たち | トップページ | テンプレートを変更 »