« ひなたさんからのバトン | トップページ | シャンパンシャワーのフランス »

2006年7月 2日 (日)

イングランドvsポルトガル

イングランドとポルトガルの死闘。イングランドはベッカム、ランパート、ジェラートを中心にFWのルーニーにボールを入れるもゴールは遠く・・・デコを欠いたポルトガルの方が積極的に攻め続けていました。デコを欠いているからこその攻めなんでしょう。

イングランドはベッカムが負傷交代してからチーム内の緊張が切れましたね。それを現したのがルーニー。乱暴者のルーニーの歳若い青さが出ましたね。C・ロナウドの太腿を踏んでレッドカード。この時に悔やまれたのがオーエンの怪我。怪我でチームを離脱したオーエンが居てくれればと思わずにはいられませんでした。クラウチも器用な選手だとは思うのですが、鋭さやゴールに対する嗅覚がオーエンとはちょっと違う気がします。

今大会のフィーゴは年齢を感じさせない動きを見せています。フィーゴがサイドを上がって内に抉り込んでくる姿は大好きです。ポルトガルの黄金時代を支えた選手はもうフィーゴだけになりましたが、まだ若い選手と変わらないサッカーが出来るんですね。

イングランドはランパートの出来がイマイチだった気がします。リーグ戦のランパートはもっと上手いじゃないですか。それにイングランドのリズムを作らせなかったポルトガルを褒めるべきなのかも。フィーゴとベッカムを欠いたPK戦。ここまで縺れ込んでランパートとジェラードが失敗をした時点でイングランドの念願だった優勝まで消えました。

PKでは失敗が連鎖するというのを目の当たりにしましたね。不思議ですよね。どうして失敗が続くんでしょうね。すご~い緊張が選手に伝わるのかもしれませんね。

死闘を制したポルトガルがどこまで勝ち進むのか楽しみです。初優勝に向けて頑張って欲しいです。

|

« ひなたさんからのバトン | トップページ | シャンパンシャワーのフランス »

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

PKは凄かったですね!ベッカムの怪我での交代とルーニーの退場も可哀想でしたが、PKでイングランドの選手が止められっぱなしで少し気の毒でした(..;)選手たちとサポーターのプレッシャーもあるんでしょうね。

4日からの準決勝が楽しみです!

投稿: ひなた | 2006年7月 2日 (日) 23時19分

ひなた様
ルーニーの退場は8年前のベッカムを彷彿させました。あの時は「10人の英雄と1人の愚か者」とまで言われたベッカムでしたが、今大会は献身的ないいサッカーをしていました。
120分間闘い終えると後は気力の持ち方次第でしょうね。結構、動かないGKは読み辛いらしいです。準決勝も楽しみましょう。

投稿: *aprile | 2006年7月 3日 (月) 09時16分

こんにちは。
準々決勝4試合は面白いですね。
イングランドvsポルトガルは、
ベッカムの怪我で決まってしまったと思ってます。
この日のジェラード・ランパードの調子が
さほど良くなく、ルーニーがあれではね。
ポルトはデコを欠きながらも良くやりました。
PK戦は半分、運みたいな所があるので
どちらが勝ってもおかしく無かったね。
ここまま、ポルトは行ってしまうかもね。

投稿: ともくん | 2006年7月 3日 (月) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/10764275

この記事へのトラックバック一覧です: イングランドvsポルトガル:

« ひなたさんからのバトン | トップページ | シャンパンシャワーのフランス »