« 今夜は部屋の整理整頓 | トップページ | 父親たちの星条旗を見てきました »

2006年10月31日 (火)

長州ファイブを見てきました

Photo_19 山口県人でありながら長州ファイブが言えませんでした(恥)だから今日は映画「長州ファイブ」を見て勉強して来ました。この5人・・・すごい人達でした。

先ずは長州ファイブの5人をご紹介しましょう。伊藤俊介(伊藤博文)、野村弥吉(井上勝)、山尾庸三遠藤謹助志道聞多(井上馨)の5人です。

あらすじ-尊皇攘夷の気運が勢いを増す1862年12月。長州の志士、志道聞多(北村有起哉)山尾庸三(松田龍平)伊藤俊介(三浦アキフミ)らは高杉晋作(寺島進)の計画で「幕府がいかに無力無能であるか天下に示す為」品川御殿山に建設中のイギリス公使館の焼き打ちを行う。炎に包まれた公使館を見ながら「こねーなことで幕府を困らして何になるんか」と俊介は庸三に疑問を投げかけ、聞多も「むなしーのー」と呟いた。信州松代の佐久間象山(泉谷しげる)に「敵である西欧に人材を派遣して陸海軍の軍事技術を習得させる必要性を説かれて聞多の目は海外へと向くことになった。聞多は庸三にイギリスへの密航を打ち明け同行を頼み込む。庸三は函館で一緒だった野村弥吉(山下徹大)を誘い密航の覚悟を固める。密航に必要な金を借りる妙案を授ける俊介も密航に加わる。そして噂を聞きつけた遠藤謹助(前田倫良)も「命がけで異国を見たい」と聞多に食らい付く。イギリス密航の前夜、日本最後の夜とばかりに飲み騒ぐ聞多達に庸三が厳しい言葉を投げかけた。「真の攘夷の為、死を賭けて異国へ行こうとせちょる。その覚悟とせて、侍をすげるべきじゃ」と言い髷を切落とした。庸三の覚悟に胸を突かれた4人も後に続く。1863年5月の未明、5人は小船でイギリスの帆船に乗り込んだ。

命を賭けてまで「わしらが日本を変えるんじゃ」と5人の長州藩士。「生きた機械」になって日本を変える覚悟が5人を動かしていたんです。武士まで捨て人知れず異国で朽ち果てるかもしれない危険をも顧みず、突き進んだ熱き想いは真剣に日本を変えようとした情熱から来るのだと思います。生麦事件のすぐ後に俊介が「異人を切ったからと本当に攘夷が出来るんじゃろうか?」と聞多に聞く場面があります。「入ってくる異人を全員切るのは不可能じゃ」と聞多が返します。攘夷とは何なのか、誰もが惑っていた時代だったのかもしれません。密航した5人がロンドンで目にした光景は幕府が海外に門戸を開かなかった時間の遅れでした。文明社会を目の当たりにしてに5人は西欧強国と渡り合うには日本は無力だと痛感します。「生きた機械」になるために5人はロンドンでの生活を始めます。志半ばで帰った者、イギリスに残った者。どちらもが日本を文明開化へと導く事になります。

伊藤俊介こと伊藤博文は初代内閣総理大臣。志道聞多こと井上馨は外務大臣。遠藤謹助は大阪造幣局長。野村弥吉こと井上勝は新橋~横浜間に鉄道を開通した鉄道の父。山尾庸三は工部大学校(東大工学部)を設立した日本工学の父。盲聾教育の普及にも貢献。

こんなすごい5人が長州藩から出たなんて・・・歴代総理大臣が8人出ているとは言っても今の山口県はこんな先進的な考えをしてません。ガチガチの保守県です。今、こんな時代だから長州ファイブから学ばなければいけないのだと思いました。日本を変えるためには今のままではいけないんです。学問を実践してこの国を変える時なのだと思えてなりません。

山口県、福岡県は10月28日から先行上映されています。どうか皆さんの所でも上映が始まったらご覧になって下さい。今、日本人が忘れているものを思い起こさせてくれる映画です。

|

« 今夜は部屋の整理整頓 | トップページ | 父親たちの星条旗を見てきました »

「シネマ」カテゴリの記事

コメント

*aprile さん

こんばんは!

おお!いいですね~!

長州ファイブ!
是非観たいです!

やはり、今の日本があるのは、長州のお蔭ですからね!
もちろん、薩摩や土佐、あるいは会津など、日本を突き動かす大きなパワーが当時はありましたよね。

関ケ原では、西軍に味方して苦い思いをした毛利(後の長州)、こんな時代があったからこそ!というのもありますね!

投稿: 「感動創造」 | 2006年10月31日 (火) 22時07分

お勉強になります。
今の日本があるのは、長州の力なんですね。
山口県は、有名人が多いですね。
県民性なんでしょうか??
下関には、同じ系列のスポーツクラブがあるので行ったことがあります。平家のゆかりの地を少し回ってきました。歴史の節目のある土地ですね。

投稿: めめ | 2006年11月 1日 (水) 13時28分

こんにちは(o^∇^o)ノ
タイトルを観て「新しいジャニーズ?or吉本?」なんて思った私はバカ者!!
今日はマーブルいないんだ~~

投稿: かかさま | 2006年11月 1日 (水) 13時37分

「感動創造」様
長州ファイブ是非、見に行って下さい。
明治維新前は若者達にすごいパワーがありましたね。本当に密航までして敵を知りたいなんて。
今のわたし達にそんなパワーも信念もないです(恥)

投稿: *aprile | 2006年11月 1日 (水) 15時02分

めめ様
そうですね~。偉人を輩出していますが、今はどうなんでしょうね。今の山口県は保守的で革新的な所は全然ありません。
平家ゆかりの地や弥生人の集落後も有ります。
系列のスポーツクラブがあるんですね。また来られる時には知らせて~

投稿: *aprile | 2006年11月 1日 (水) 15時06分

かかさま様
実は「今日のマーブル」を忘れました(笑)
楽しみにして下さっている方々には申し訳ありませんでした。長州ファイブ・・・ジャニーズでも吉本でもありません(笑)イギリスに密航した長州の5人の若者です。

投稿: *aprile | 2006年11月 1日 (水) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/12502295

この記事へのトラックバック一覧です: 長州ファイブを見てきました:

« 今夜は部屋の整理整頓 | トップページ | 父親たちの星条旗を見てきました »