« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

捕鯨国、日本

今日で5月も終わり。そろそろ梅雨の準備に入らないといけません。わたし達の地域でも地盤の弱い所や溜池、堤の点検が始まっています。大雨が降ると予想もしていなかったような所が崩れたり決壊する事も有りますからね。安全対策だけはして欲しいです。来週頃からぐずついた天気になるそうです。そのまま梅雨に入るのかな?

庭にある鉢やプランターにいつの間にか雑草が生えているんです。どこから来たのか・・・気付いたら目立つほどの大きさに成長しています。今から先は雑草が一気に伸びる時期です。雨が降り続く前に雑草を一掃したいんですけどね。何処からとも無くまた、生えてくるんです。雑草って本当に強いですよね。雑草の無い庭なんて・・・味気ないかな(笑)

捕鯨問題でまた、日本はバッシングされています。日本の捕鯨ってそんなに悪い事なんでしょうか?アメリカやイギリスなどの国が鯨油だけを取って鯨を捨てていたのと違って日本人は鯨を全て利用しているのにね。それに欧米の捕鯨反対国の言い分ってちょっとおかしいと思うんです。鯨は賢い動物だから獲るべきではない。なぜ、鯨だけを特別視するんでしょうか?牛や羊、豚なども鯨と同じ哺乳類じゃないですか。牛、羊、豚などは賢くないから食べてもいいって事なんですか?これって変でしょう。命の重さは同じじゃないですか。牛や羊、豚などは平気で食べるくせにね。日本人だって希少種の鯨を獲ろうって訳じゃないのに。増えているミンク鯨の沿岸捕鯨に限定しているのに・・・このまま、歯鯨が増えると他の水産資源が枯渇するのは見て見ぬ振りなんでしょう。で、問題が起こってから問題の大きさに気付くんだと思います。日本人の食文化にまで干渉してくる国々は自分の国の食文化が同じように干渉された時は凄い反発をするんですよね。矛盾だらけの反捕鯨国です。これってわたしの偏見でしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

サプライズな対応

前回、大阪で宿泊したホテルのサービスが気に入ったわたし達は今回の大阪滞在も同じホテルにしました。でも今回はなぜか小さな問題が続出。これが悲しんでいたdarlingの機嫌を損ねてしまいました。わたしもホテルの対応に問題有りと思ったから楽天トラベルに苦情を書き込みました。それに対する返事は昨日の夜にあった。以前、品質管理の仕事をしていたdarlingは安易にクレームを言いたくないらしいんです。クレームに対応する辛さを知っているから…そんなdarlingにクレームのメールを書かせたんです。腹にすえかねたんでしょう。ホテルのソフト面に対するクレームに早速、返事がありました。それも自宅までホテルの人が謝罪に来たんです。これはサプライズな対応でした。この素早い対応をすごいと思ったわたしです。ハード面では大満足なホテルなんですよ。立地も文句ないし…悪い事って重なるんですよね。また、大阪で滞在する時は同じホテルを使ってもいいかな、って思わせる対応でしたね。誠意を感じました。お客の声を大切にする事はサービス業にとって当たり前でしょう?今回の事でホテルとしてのサービスを真剣に考えているホテルだと判りました。いい経験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かまって欲しいマーブル

昨日の夕方に大阪から帰って来ました。悲しみと気疲れで昨日はブログのアップもしないでダラダラとしてました。忌引きで2日間休んだdarlingも今日から会社です。わたしも掃除をしたり洗濯をしたりで日常が戻って来ました。

留守中、元気の無かったマーブルも今朝はわたしにかまって欲しいらしくて「遊ぼう~」ってスリッパを噛む振りをして気を引いてました。母に言わせるとわたしが居ない時は誰に対してもそんな風に気を引く事はないらしいです。そう聞くとやっぱり嬉しい。マーブルにとってわたしはちょっと違う存在なんですね。マーブルのママだもの(笑)

Marble_070524_4 ☆今日のマーブル☆

留守中は父がマーブルの散歩をしてくれていたので、明日からはマーブルと一緒に散歩に行く予定にしています

わたし達がいないと2階のハウスに入るのも気が進まないまーぶる・・・でも、違う場所では落ち着かないから仕方なくハウスに入るんです

マーブルには悪いけど金曜日の午後からお友達と温泉に行って来るのでママはまた、居なくなります

土曜日には帰って来るから待っててね。お土産も買ってきてあげるからね。ママは居ないけどdarlingは居てくれるから大丈夫(笑)

金曜日は美味しいものを食べて温泉に入って友達と楽しい時間を楽しんで来ようと思っています。darling・・・一人にしてごめんね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

身内に不幸があって

昨日から慌しい。今は大阪のホテルから更新しています。実はdarlingのお兄さん、わたしの義兄が年若くして亡くなったんです。darlingはお兄さんがガンだと知らされていたらしいのですが・・・・すい臓ガンだったそうです。入院されていたんですが、誰もがこんなに早く亡くなられるとは思ってなかったみたいです。だらか容態が急変してdarlingに知らせが来たのですが、死に目には間に合いませんでした。今日は今から通夜に出掛けます。明日が葬儀です。身近な人が亡くなると自分の健康とか幸せを改めて実感します。darlingには容態が知らされていたからショックは少ないようですが、やっぱり悲しみは深いようです。

昨日は大阪まで移動してお義姉さんやお義母さんの所に挨拶に行って通夜や葬儀の段取りを聞いて夕方になってホテルに帰って来ました。だからパソコンはあってもブログの更新が出来る気分じゃなくて・・・明日も更新出来ないかもしれませんが、どうかご心配なく。さて、そろそろ支度をしないといけません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

「パイレーツ・・・ワールド・エンド」を観てきました

Photo_30 待ちに待ったパイレーツを観て来ました。これで完結・・・は寂し過ぎます。でも、面白い映画に仕上がっていました。さすがはジェリー・ブラッカイマー。今一度、観たいと思うわたしです。

*あらすじ* 東インド貿易会社のベケット卿(トム・ホランダー) は“深海の悪魔”デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)の心臓を手に入れ彼のフライング・ダッチマン号を意のままに操り海賊達を葬っていく。やがて処刑台に向かう少年が歌い始めた歌が高らかな大合唱となる-♪ヨーホー 掲げろ 髑髏の旗を♪-この歌は海賊達に決起の時を告げる「召集の歌」だった。ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)を“デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー(海の墓場)”から救出する為にウィル(オーランド・ブルーム)エリザベス(キーラ・ナイトレイ)バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)そしてティマ・ダルマ(ナオミ・ハリス)はシンガポールの海賊長サオ・フェン(チョウ・ユンファ)の元に向かう。目的はサオ・フェンの持つ“世界の果て(ワールド・エンド)”への航路を示す海図を手に入れるため。歌が歌われた今、海賊達に残された道はただひとつ・・・選ばれし9人の海賊長からなる評議会を招集すること。サオ・フェンもバルボッサも“海の墓場”に囚われているジャック・スパロウもその一員だった。

ジャックを取り巻くバルボッサ、エリザベス、ウィルそしてデイヴィ・ジョーンズが奇妙に絡み合って展開するストーリーは最初から息をつかせない。そんな中でも笑いとユーモアーも忘れていない。誰が誰を嵌めたのか・・・裏切り者は誰?こんなに縺れた人間関係も見逃せない。それにエリザベスの恋の行方からも目が離せない。そして過去に起こったもう一つの悲恋が隠されている。で、ジャックを飲み込んだクラーケンはどうなったのかな?これは映画を観に行ってからのお楽しみ(笑)

ジャック・スパロウの見納めは悲しい。でも最高のジャック・スパロウが見られます。それに今まで以上にカッコイイ、ウィル・ターナーが見られるのもおまけかな。それに猿のジャックが妙にいい仕事をするんですよね。どんな結末になっても「パイレーツはパイレーツ」でした。自由を愛する孤高の海賊ジャック・スパロウを忘れられません。捉えどころのないジャック。でも、気付けば誰かを助けていたりする・・・女遊びはするけど女に媚びないジャック。そのクールさがいいですね。もう一度、パイレーツを見に行くと思います(笑)エンドロールで席を立たないで・・・その後にもう一つの愛の物語が待っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

園芸の通販カタログ

Syakuyaku_070518_1 ☆ボール・オブ・ビューティー☆

ソルベットとは違いシンプルで鮮やかな色の芍薬です

玄関脇の花壇で大きな花を咲かせています

今の時期は玄関脇の花壇が芍薬で賑やかです

芍薬の花が終わってしまうと濃いグリーンの葉だけが冬まで花壇を覆ってしまいます

ピンクのバラがその上に花を咲かせます

園芸の通信販売のカタログはもう秋植えの球根、苗の予約を始めています。まだ梅雨前だというのにねぇ。でも、カタログを見ていると「来年の春はどんな花を咲かせようか」と真剣に悩んでいる自分がそこにいるんですよね(笑)

この通販カタログはチューリップ等の球根は面白い色のを揃えているんです。ちょっと変わった色の球根を注文すると思います。パンジーやビオラはポット売りの数が半端じゃないんです。1トレー24ポット売り・・・1~2個から売って欲しいんだけどな~。だから苗は楽天などで探す事にしています。

種や野菜の苗、果実の苗も売っているんです。darlingから“使い切り辛み大根”の種を頼まれているんです。小さい大根なんですが、ピリッと辛いらしいです。darlingはこれを育てて蕎麦の薬味にするんだと言ってました。収穫した暁にはわたしも蕎麦のご相伴に預かりたいと思っています(笑)

Marble_070524_2 ☆今日のマーブル☆

最近のマーブルは朝の散歩の時も走らなくなりました

犬は体温が高いからもう暑いと感じているのでしょう

もう少し早く散歩に出なきゃいけないかな・・・グランドに陰がある時間帯の方がいいのかも

お友達が帰って行くのを見ながら朝日を浴びているマーブルです

涼しい内に散歩をするとなると朝は5時起きになってしまいます(苦笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

ホタルの季節

Cafe_070523_1 ☆カフェ☆

キャラメルのような茶系の花色は素敵でしょう?

花の大きさは中くらいで3~5輪の花が房咲きになります

香りは微香なのですが、フルーティな香りがあります

このバラは枝が横張りで奔放な樹形・・・我が家のも横張りでまとまりがないんです

以前は奔放でまとまりの無い樹形と花色があまり好まれなかったそうですが、最近は茶系のバラとして人気が高いバラになっています。

窓を開けて風を入れないと暑くて2階の居間でPCの前に座れません。でも、わたしの住んでいる所は山口県内でも気温の低い地域なんです。山の中ではないし海に面した地域です。何が気温を下げているのか判りませんが、少しでも涼しい方がいいですものね。

明日からはぐずついた天気になるそうです。もうそろそろ蛍の季節が始まります。わたしの住む街では今年からホタルマップなるものを作ってホタルの生息地を把握する取組みをするそうです。「ホタルの目撃情報を知らせて下さい」ってローカル新聞や広報で呼びかけています。我が家の近くでも毎年、数匹のホタルを確認しています。平家ボタルか姫ボタルか判りませんが、源氏ボタルよりも小振りなホタルです。ホタルが飛び交う頃から梅雨のはしりが始まります。蛍が飛び交って紫陽花が綺麗な頃になるのですが、あの蒸し暑さだけは勘弁して欲しいですね。暑い季節の前に蒸し暑い梅雨が来ます。もう少しだけ爽やかな季節を楽しみたいのに・・・。

Marble_070523 ☆今日のマーブル☆

「マーブル」って呼んでもこっちを向きません

携帯のカメラを向けているのをいち早く察知して背中を向ける始末

シッポの長いマーブルが頭からちゃんと収まったから今日はヨシとしましょう

腰周りにお肉が付いているマーブル・・・ちょっとダブつきが目立って来た気がします(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

イングリッシュ・ローズ

Teasing_georgia_070521 ☆ティージング・ジョージア☆

イングリッシュローズでアプリコット色のバラです

今の時期は気温が高いからアプリコットの花色ですが、温度が低い時は美しい黄色の花を咲かせるそうです

香りはティーの香りを持っています

たくさんの蕾を付けているので次々に咲いてくれそうですが、咲いた花の中にコガネムシが入っている事が多いんです

花びらの間からコガネムシが出てくるとちょっとガッカリ。それに花の中を動き回るのか花の痛みが早いんです。

The_prince_070516 ☆ザ・プリンス☆

ダークレッドの花色ですが、この花も咲く時期によってダークが強く出ます

カップ咲きの花は花びらも多く豊満な感じの花です

香りはモダン・ダマスクの香りです

イングリッシュ・ローズの中では花首がしっかりしているので切花で楽しむ事も出来ます

イングリッシュ・ローズはつるバラのように仕立てたりすると面白そうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「イヴに捧げた殺人」イヴ&ローク14

14_1 小説の事をブログに書くのって久し振りな気がします。今回もわたしの大好きなシリーズ「イヴ&ローク 14」 の最新作「イヴに捧げた殺人(Reunion in Death)」です。

*あらすじ* 結婚1周年を目前に控えたイヴが2週間の休暇明けに取り組むことになった事件は裕福な初老の男性ばかりが毒殺される連続殺人事件。犠牲者達には共通点がなく、殺されるような動機さえ浮かんでこない。そして捜査線上に浮かび上がったのはイヴがかつて夫殺しの容疑で逮捕し、刑務所に送り込んだ女性、ジュリアナだった。ジュリアナがニューヨークで殺人を犯すのは、イヴに対する挑戦であり復讐だった。復讐に燃えるジュリアナが最後に狙うのがイヴの最愛の夫ロークの命だと確信したイヴは不安と恐怖に苛まれ始める。

過酷な警官としての生活を続けるイヴもやっと結婚1周年を迎えます。シリーズ3作「不死の花の香り」で結婚した二人の前には身の毛もよだつ殺人事件が次々に起こっていましたから14作にしてやっと結婚1周年なんです。今回の作品ではピーボディも未解決事件を一人で捜査する事が命じられ独り立ちへの第一歩を踏み出します。そんなピーボディのもとにフリーエージャーの両親が訪れます。ピーボディの両親は娘以上に個性的で不思議な能力があるんです。ジュリアナがロークを狙っていると知ったイヴは捜査上、やむおえずロークを伴って忌まわしい過去にまつわる街、ダラスを訪れます。このダラスでまた、一つイヴの痛ましい過去が明らかになります。

「イヴ&ローク」のシリーズを読むと「これって映画にならないかな~」なんて思うんです。イヴとロークが住む近未来のニューヨークの非現実感は面白いと思うんです。だけど一つだけ問題が・・・それはロークを演じられる俳優が居ないんじゃないかということ。アイルランド系のとても複雑で魅力的なローク。大富豪でニューヨークの半分は所有している・・・そんなロークのイメージが壊れるのは嫌だからやっぱり映画化はしない方がいいかも(笑)次のシリーズが出るまでまた、違う作家の小説を読んで待たなきゃいけません。わたしには好きな作家が多くて本はたくさん有ります。時間は上手に潰せそうです。「イヴ&ローク」・・・こんなに惹かれるシリーズって今までありませんでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

ソルベットという芍薬

Syakuyaku_070511 ☆ソルベット☆

これも玄関脇の花壇に咲いている芍薬です

花びらがピンク、クリーム色、濃いピンクの3層になっています

ストロベリーとバニラの色合い・・・美味しそうな色合いじゃないですか?

ちょっとスプーンで掬い取って口に運びそうになります(笑)

淡い色の花ですが、存在感はあります

芍薬の花言葉を知っていますか?優美、つつましやか、はにかみ、恥じらい、内気・・・だそうです。英名はペオニー・チャイニーズペオニー。

ギリシア神話の中にも芍薬の話が出てきます。医薬の神パイエオーンはプルトンの傷を芍薬を使って治したそうです。これを妬んだ医術の神アスクレピオス(アポロンの子)が、パイエオーンを殺してしまいます。プルトンは命の恩人の死を哀れに思い、その姿を自分を救ってくれた芍薬の花に変えたそうです。(花ことばと神話・伝説より)

今週の一番の予定は・・・なんてったって「パイレーツ オブ カリビアン-ワールド・エンド」を観に行く事。待ちに待った公開です。デッドマンズ・チェストを観終わってすぐに次を観たい~~!って言ってたんですが・・・あ~やっとジョニーに会える。いえいえジャックに会える。このワクワク感は25日まで続きそうです(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

ランチに行きます

今日はこれから妹とランチ&ショッピングで〜す。darlingを家に残して楽しんで来ます(笑)たまにはこんな土曜日があってもいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

虫刺され?じんましん?

今朝は小雨が降ったり止んだりの天気でしたが、7時頃には薄っすらと陽光が射す天気に変わりました。マーブルの散歩までに雨が上がって良かった。

darlingは大阪へ日帰り出張。スピード時代になると大阪、東京なんて日帰り圏内ですものね。でも、年を取ってくると日帰りも辛いものがありますよね。頑張ってくれているdarlingに感謝です・・・と言いながらも「帰りにたこ焼きを買って来て」と頼んだわたしです(笑)夕食は少なめにしてたこ焼きを待つ事にします。

今朝、起きた時に右腕の手首辺りが痒かったんです。プクっとした虫刺されの痕みたいなのが出来てたんです。「あ~蚊に刺されたんだ」と思いながらポリポリ掻いてたらいつの間にか痒みが広がって・・・・右腕の内側、それも手首から肘の辺りまで真っ赤になってイビツな形の大きな虫刺され痕みたいなのが広がったんです。「あ~じんましんだ~」って思ったんです。何を食べたかな?エビもカニも食べてないし・・・何か他が原因?と考えていたんですが、ふと「じんましんって一箇所だけに出来たっけ?」と考えていました。原因が何か解らないので皮膚科に行ってきました。虫刺されじゃなくて「じんましん」みたいです。原因はハッキリしません。食べ物かも知れないし、温度変化かもしれない・・・ありとあらゆるものが「じんましん」の原因になるそうですから。それに「じんましん」って掻くと広がるんですって。初めて知りました。塗り薬を貰って来たので早速塗っています。今は痒みも落ち着いています。

Iceberg_climbing_070516 ☆つるアイスバーグ☆

花色は清楚な純白で明るい緑色の葉色にマッチしています

花首が細いからうなだれて開花します

花持ちも良く、多花性なので長い間、花が楽しめます

香りも中香程度の香りが有ります

四季咲きで耐病性が強く、育てや易い品種です

Angela_070516 ☆アンジェラ☆

四季咲きのバラで濃いローズ色をしたカップ咲きの花を咲かせます

香りは微香性ですが、花つき、花持ちが非常に良く大きな房になります

強健種のバラで日本ではつるバラとしての利用が多い品種です

今、このアンジェラは鉢に植えていますが、誘引の仕方を決めてから地植えにしたいと考えています

Marble_070517_1 ☆今日のマーブル☆

今朝はいつもより散歩に出るのが遅かったのですが、いつも遊んでいるモモちゃんとアイちゃんも遅かったです

お友達と遊べないかな~ってわたしの方が心配してました(笑)

最近、マーブルにとって草が美味しい時期になったみたいです

今は草も若くて柔らかいからね・・・それに草は胃薬の役目もあるからマーブルの好きにさせてます

外でカエルが鳴いているな~って思ってたら今、雨が降り出しました。予報で雨が降るって言っていたんですよね。空はそれほど曇ってないんだけどまとまった雨になるのかな?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

今朝のマーブル

Marble_070517_4 散歩からの帰り道

機嫌よくお尻をフリフリ、シッポもフリフリ

わたしのまえを歩いていくマーブル

わたしが後から付いて来ていると解っているから振り返る事もしません(笑)

「ゆっくり、ゆっくり」と言えば歩調を緩めてゆっくり歩いてくれるんですが、気になる臭いを追い始めると早足になってしまいます

Marble_070517_3 あまり「ゆっくり、ゆっくり」と言い過ぎると「解ってるって」と言いたそうに後ろを振り向きます

ちょっと意地悪して前を行くマーブルの後を追わずにわたしが足を止めるとやっぱり気になるのか振り返って「どうしたの?」って顔をします

わたしの事が心配なのか離れて一人になるのが嫌なのか解らないんだけど

でも、待っててくれるマーブルは可愛いかな

Marble_070517_6 道端に咲いている花とかを写真に撮っているとわたしの傍に来て座って待つマーブルです

退屈してくると周りの草の中に鼻を突っ込んでクンクンしてますが、さっさと帰ることはありません

たま~にこんな可愛い顔して待っている事もあるんです

座って待っている時に散歩している人が横を歩いても大人しく待ってます

臆病者だから誰かと一緒にいる方が安心なんでしょうね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

薔薇の色

雨は上がったのに風が強~い。風が強いと散歩を嫌がるマーブルだけど今朝はいつも通り機嫌よく散歩に行ってくれました。お友達に会って遊んだり草の上でゴロゴロするのに比べたら風はそれほどでも無かったのかな?それにしても風が強い!

もう高校生は中間テストに入ったらしい。テツがランチに来ると連絡がありました。何でも食べる子だから献立に頭を悩ませる事はないんですけどね。まあ、「ばあちゃんが作ったものは何でも美味いっちゃ」と言うくらいの子ですからね。ばあちゃんである母もも作り甲斐があるみたいで・・・朝から張り切ってます。わたしもそれに便乗しちゃいます(笑)

Bellaroma_070515_1 ☆ベラ・ローマ☆

モダンローズで四季咲きで大輪の一輪咲き(ハイブリット・ティー)の系統

花色が黄色から濃いローズ色に変化しますが、日照不足になると赤の発色が悪くなるんです

茎が長いので切花に適しており花持ちも良く強い芳香があります

本当に大輪の花を咲かせています

たくさんの新芽が伸びているので夏まで花を楽しめそうです。

Hotcocoa_070517 ☆ホット・ココア☆

日本のノイバラに由来するポリアンサ系とハイブリット・ティー系などが交雑したフロリバンダ

四季咲きで中輪房咲きの花数が多く薔薇です

色はチョコレート色なんですが、気温が高くなって咲くと写真のような赤色が強く出ます・・・もっとブラウン系の色なんですけどね

オールドローズに似た香りがあります

春から秋まで咲き続けます。我が家のホット・チョコレートはスタンダード・ローズの形になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

久々にマーブル

ここのところマーブルの写真もアップしていないのに気付いたわたし。今日のマーブルを楽しみにしておられるマーブルファンの方々には申し訳ないことをしました。久々にマーブルの登場です。

Marble_070506_2 また、帽子だよ~って言ってるマーブルです

遊ばれた後はぬいぐるみの「こうちゃん」に八つ当たりするマーブルも可愛いんです

これでもか~これでもか~ってこっちにぶつけられない思いを吐き出しているんでしょうね(笑)

被り物が似合うみたいなので違う被り物も挑戦してみない?

「嫌だ~」って即答しそうです

薔薇の写真だけじゃなくてマーブルの写真も撮らなきゃ・・・ついつい薔薇を撮るとマーブルを忘れちゃうんですよね。今の時期はそんな時なんです(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

薔薇の香りとブルー系の薔薇

夕方からまとまった雨が降るらしい。沖縄は梅雨入りではないかと言ってました・・・この雨を降らせる前線は梅雨前線らしい。梅雨のはしりって事なんですかね。

薔薇の香りが好きな女性って多くないですか?薔薇の香りって何種類あるかご存知ですか?薔薇って花によって強香、中香、微香とあるんですが、香りも違うんですよ。薔薇の香りも人が手を加える事で増えてきたんです。最初は中国原産のティー系の香りとヨーロッパ・アジア原産のダマスク系の香り、南ヨーロッパ・北アフリカ原産のムスクの香りの3タイプでした。3つの香りを交配という形で変化させてきました。そしてモダンローズと呼ばれる現在の薔薇の香り7タイプが出来上がりました。

代表的な6つの香りをご紹介します。香りもお届け出来れば一番いいんだけどね。 

①ダマスク・クラシックの香り  ヨーロッパ系原種の香りを引き継いだ香り。 鎮静効果が期待出来ます。 <代表的な薔薇の品種>芳純、ティファニー他

②ダマスク・モダンの香り   ダマスク・クラシックの香り成分を受け継いでいるが、情熱的で洗練された香り。 鎮静、スキンケア効果が期待出来ます。 <代表的な薔薇の品種>パパ・メイアン、イヴピアジュ、クリムソン・グローリー他

③ティーの香り  中国系原種の香りの特性成分を含んでいます。上品で優雅な印象の香り。 鎮静、抗ストレスの効果が期待出来ます。 <代表的な薔薇の品種>ガーデンパーティー、ロイヤルハイネス他

④ブルーの香り  青色系の多くの薔薇は類似した香気を持っています。ダマスク・モダンとティーの香りが混在した香り。 鎮静、集中力アップの効果が期待出来ます。 <代表的な薔薇の品種>ブルー・ムーン、ブルー・パヒューム他

⑤フルーティーの香り  ダマスク系の香気成分を多く含有。ピーチ、アプリコット、アップルなどの香気を思わせる香り。 鎮静、安眠効果が期待出来ます。 <代表的な薔薇の品種>ダブル・ディライト、マリア・カラス他

⑥スパイシーの香り  ダマスク・クラシックの香気が基調だが、グローブの様な香りが強く出ている。 鎮静効果が期待出来ます。 <代表的な薔薇の品種>デンティベス、粧粉楼他

Bluemoon_070515_2☆つるブルー・ムーン☆

ブルー系の一種でつる薔薇になっています

ブルーを作るのって本当に難しいんですね

どうしても赤系が強く出るみたいです

これはブルーの香りがします

薔薇の香りはわたしにとってはどれも心落ち着けてくれる鎮静の効果があります

Morningbulue_070516 ☆モーニング・ブルー☆

こちらはブルー系のミニバラです

丸い形の花びらが可愛らしいミニバラです

香りはありませんが、赤やピンク、黄色のミニバラの中にあると存在感があります

上品さというか気品があるミニバラです

いつかは真っ青な薔薇が登場するんでしょうね

よそ様のお庭や薔薇園で花屋さんでアロマオイルやコロン、入浴剤・・・色々な所で薔薇の花の香りを楽しんで下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

今夜はミニバラ

Heidelberg_070514 ☆ハイデルベルグ☆

クリーム色って言うよりは黄色の花が咲きました

白っぽいミニバラなんですが、こんなに黄色っぽくなるんです

日が経つと花びらが白っぽくなってきます

ミニバラは殆んど香りがありません

次に咲くハイデルベルグはクリーム色になるのかな?

Domino_070514 ☆ドミノ☆

深い赤系のミニバラです

丸い花びらの先が尖っているのが変わっています

花びらの枚数も多いのでちょっとオールドローズみたいな雰囲気のあるミニバラです

香りは殆んどありません

ミニバラにも香りがあればいいのにな~って思っています

Royalwhite_070514 ☆ロイヤルホワイト☆

白い清楚な気品のある美しいミニバラです

花の中心がほんのり淡いピンク色になります

ロイヤルと名が付くのも解るような気品があるんです

もっとピンクがかる事もあるんです

これも香りは殆んどありません

今日はミニバラの特集でした。今ちょっと気になっている薔薇があります。それは「イージーエレガンスローズ」。これが優れものなんです。簡単な管理、優れた耐病性、そして美しい花が咲くとなると・・・とても気になっています。虫も付き難いらしいのでいいな~、花も綺麗だし、と思っているんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「俺は、君のためにこそ死ににいく」を観て来ました

Photo_29 「特攻の母」鳥濱トメさんの視点で若き特攻隊員たちの真実のエピソードを連ねて描かれた「俺は、君のためにこそ死ににいく」を観て来ました。製作総指揮は石原慎太郎、現東京都知事。

*あらすじ* 昭和19年の秋、太平洋戦争で圧倒的に不利な戦況に陥った日本軍は、米軍のフィリピン攻略を阻止すべく苦渋の選択をする。少ない戦力で敵と戦う最後の手段として戦闘機に250kgの爆弾を積んで敵空母に体当たりする特別攻撃隊を編成する決断をした。最初に選ばれた関大尉(的場浩司)らが作戦を決行するもマニラは陥落した。昭和20年の春、米軍が沖縄に上陸。沖縄を死守する為に鹿児島県の知覧飛行場は陸軍の特攻基地となり、終戦までに400余名の若者達が飛び立って行く事になった。軍指定の「富屋食堂」を構える鳥濱トメ(岸恵子)は特攻隊員から母のように慕われていた。特攻隊員を引き止める事も出来ず、複雑な想いを抱いたままトメは慈愛の心で隊員達を見守っていた。知覧で飛行訓練を受けた板東少尉(窪塚洋介)や朝鮮人でありながら特攻に志願した金山(前川泰之)、出撃と帰還を繰り返す田端少尉(筒井道隆)、その田端を臆病者と殴り倒す中西(徳重聡)等のエピソードを交えながら物語は進んで行く。

知覧は元々、少年飛行兵(15~18歳)の養成場だったそうです。日本の敗勢が濃厚になって来た時に学徒動員が行われて大学から志願して士官候補生となった学徒兵も知覧に合流したんです。特攻兵達は「志願という形の命令」によって全国から集められます。特攻隊員達は知覧に集まり、早ければ2~3日で沖縄に向けて飛び立って行きました。その僅かな滞在期間の憩いの場が「富屋食堂」だったそうです。

鳥濱トメさんは特攻兵達へのせめてものはなむけにと私財を売り払って酒、米、砂糖、小豆などのヤミ食材を調達。トメさんの分け隔ての無い愛と優しさはどれほど特攻隊員の心に残った事でしょう。そして憲兵に対しても「明日、死にに行く若者達に門限や検閲が必要なのか」と食い下がる場面もあるんです。トメさんのこの言葉は「遠い昔のことかも知れもはんが、いつまでん忘れる事ができもはん。みんな素晴らしか、美しか若者たちでございもした」飛び立って行った若者がいつまでも美しくトメさんの心に残っていたのが良く解ります。

-知覧-=特攻の基地というイメージがあったわたしです。あの時代、戦局が悪化の一途を辿っていた時に国を守る為、祖国の父母、兄弟、愛する人を守る為に懸命に生き飛び立って行った特攻隊員達。死にに行く若者を涙で見送った父母、兄弟、恋人達はどんな思いで特攻隊員を見送ったのだろうか?そして何を思っていたのか、と思うと胸に迫る物があります。涙が出て画面がぼやける場面も多々ありましたが、特攻に向かう若者達は誰もが守りたい物があるからこそ、特攻として出撃できたのだと思いました。悲惨な戦争を繰り返す事をわたしは望みませんが、戦争を体験した世代の人々から戦争を知らない世代に戦争、特攻、当時を必死に生き延びた人々の記憶は語り継がれなければいけないのだと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

薔薇とアシナガバチの巣

Blacktea_070509 ☆ブラックティ☆

切花として人気のある薔薇です

赤系の色ですが、微かに青みがかかった感じです

見栄えのする大輪の花と薔薇独特のティの香りは強くなく大人びています

ティの香りは説明が難しい・・・実際に匂ってみないと解らないんじゃないかと思います

花屋さんでブラックティを見かけたら香りを嗅いでみて下さい。

天気のいい午前中の半分は庭に出ているこの頃です。やりたい事が多過ぎて困ります(笑)週末も夏用のプランターを作ろうと思っていたのに雑用を片付けただけで週末が終わってしまいました(苦笑)屋外で作業をする時は帽子を被るけどどうしても日焼けをしてしまいます。紫外線って日焼けだけじゃなくて疲れも倍増させているって感じます。蚊や毛虫も多くなって庭の作業をするのに虫除けも必要になって来ました。でも、今が一番、庭仕事をしたくなる頃なんですよね。

我が家がお気に入りのアシナガバチ。二階の軒下に巣を作っていたからdarlingに撤去してもらいました。倉庫の軒下にも巣があったと撤去した蜂の巣を見せてくれるdarling。蜂が出払った隙に巣を取ったそうです。でも、あのアシナガバチは我が家が気に入っているみたいだからまた、どこかに巣を作りそうな気がします。用心しておかないと・・・いつの間にか蜂が大家族になってしまいますものね。

Shockingblue_070509 ☆ショッキング・ブルー☆

この薔薇は蕾の時から形が美しいんです

色は濃い赤紫と表現してもいいのかな?

切花用の薔薇としても楽しめます

この薔薇は強いダマスク香があります

薔薇の香りって説明するのが難しいです

Shockingblue_070512 蕾が咲いてしまうと花びらの先端に少しフリルがかかっています

咲いた薔薇は花びらが落ちる前に切花として2~3日部屋に飾る事にしています

今も2階の居間には4種類の薔薇が飾ってあります

切花にして色と香りを楽しんでいます

強い香りの薔薇は部屋の中に香りを漂わせてくれます

薔薇の香りは6種類に分類されます。この香りについても近い内に説明しますね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

白い芍薬とミニバラ

Syakuyaku_070512_1 ☆芍薬☆

玄関脇にある花壇に咲いている白い芍薬です

この時期になると大きな花を付けてくれます

この白い芍薬は雨にすご~く弱いんです

雨が当るとすぐに茶色に変色してしまうので綺麗な時に写真に撮りました

今夜は雨が降っているので明日にはもう頭を垂れていると思います・・・清楚な美しさは短いんです。

Vivace_070509 ☆VIVACE ☆

ミニバラなのに花の大きさはミニじゃないんです

大きな花が咲きました

この色が好きで一目ぼれしたミニバラなんです

VIVACEはイタリア語で「活発な・元気のよい」と言う意味を持っています

う~ん、花の色は“元気”って感じの色じゃないですか?

今、我が家の庭は蜂がたくさん集まっています。アシナガバチは未練がましく巣作りの出来る場所を物色しているし・・・咲き始めたレモンの花にはミツバチとクマバチが集まって来ています。レモンは今年もたくさん花を咲かせています。どれだけの実が生るのかがとても楽しみです。次々に咲き始めたミニバラをこれからも紹介していきます。

Cyaro_070507_2 ☆今週のチャロ☆

最近は今週のチャロが今月のチャロになりそうです(笑)

チャロのベストショットと言うか・・・チャロの面白い写真が撮れないんです(泣)

いつも同じポーズなんです

もうちょっと違うポーズで楽しませてくれたらいいんだけどな~

このチャロはちょっと違うポーズかな

見上げてるこの顔は「何か持ってない?」とオネダリの顔。「何も持ってないよ~」って言ったらフンって顔背けるんですよ。チャロって・・・・そんな女なんです~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

薔薇の季節です

真夜中に目が覚めると凄い音がするんです。何の音?ちょっと寝ぼけてたから雨が降っているんだと気付きませんでした(笑)激しい雨が降っていたんですね。朝には雨も上がっていましたが、空はドンヨリしていました。雨が降ったせいか昨日よりは気温も低く過ごし易いです。でも、風が強~い。

庭のバラの蕾が膨らんで花が咲き始めました。ミニバラもオールドローズもブッシュローズもつるバラの全てが蕾を付けています。バラの季節になるのですが、昨夜のような激しい雨が降ると茎の細いオールドローズは花の頭を垂れてしまいます。頭を垂れてしまったオールドローズは切花にして室内で楽しむしかないです。

Ldbraithwaite_070510_2 ☆L..D.ブレスウェイト☆

イングリッシュ・ローズと呼ばれる種類の中の一つです

ロゼット咲きの花です

花色は赤に見えるのですが、もっと深い色で鮮やかなクリムソンです

このバラ香りもあるのですが、棘が多いんです

William_morris_070510 ☆ウィリアム・モーリス☆

花びらの重なりが多いバラです

花色はアプリコットピンクですが、次第に花色が淡くなり微妙な花色になります

香りは強いです

雨に打たれて頭を垂れてしまったので、ブレスウェイトと一緒に切花として部屋に飾って有ります

ミニバラなどの花が咲き始めたらまた、写真をアップします。

バラはイタリア語でROSA(ローザ)と言います。色を表す単語のROSAピンクを表しています。ミニミニイタリア語講座でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

梅雨も未だなのに暑い

早くも夏到来??梅雨さえ未だだと言うのに真夏日を観測する所もあったとか・・・山口県も岩国市広瀬と言う山間部で真夏日になったみたいです。窓を開けていないと暑いくらいでしたからね。やっぱり今年は猛暑を覚悟した方がいいみたいですね。「熱帯夜」と言う単語も早くから耳にしそうですね。

日の出が早くなったからマーブルの散歩の時間も少しずつ早まっています。日が昇ると暑いから涼しいうちに散歩も済ませてしまいたいんです。今はまだ汗も出ませんけど、もう少しすると大判のタオルハンカチをカバンに入れて行くようになります。わたしって汗かきなんです。新陳代謝がいい?そ~とも思えないんですけどね。まあ、汗を掻かないよりは健康的かもしれません。だから真夏になると散歩から帰るとシャワーが欠かせなくなります。

暑いとは言ってもこの時期は未だ過ごし易いから今のうちに色々と終わらせしまいたい事って多いんです。布団を夏用に換えたり、真夏の衣類を出したり、庭の手入れをしたり、夏用のプランターの花を用意したり、マーブルのハウスを夏バージョンにしたりと・・・・まだ、まだ有るんですけどね。季節の移り変わりの時期は忙しいです。

今は夏用のプランターに何を植えようかと今は悩んでいます。暑さに強い植物で雨にも強いのがいいな。色も綺麗で可愛いのがいい。この週末はdarlingを誘って園芸店にでも行って来ようかな。ブルーサルビアやアメリカンブルーは前からのものが冬越ししてくれたしミリオンベルのピンクも冬越し成功したから違ったタイプの物を探します。サフィニアは買うと思います。ちょっと園芸の本を参考にさせてもらおう。今までバラに注目していたから今になって夏用のプランターの準備に入るんです。もう少し前に準備出来たのにね(笑)

2007050305_narutosyodoshima_1_32 ☆オリーブ☆

小豆島オリーブ公園のオリーブです

この枝には小さなオリーブの蕾が付いています

花の咲く時期は木の種類によって違うらしいですが、早いものはもう咲き始めていました

オリーブも用途によって木を選ぶことが出来るんです。オイル用、食用など。我が家にも小さなオリーブの木があるのですが、まだ花は咲きそうにありません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

我が家の周囲で猿出没

最近、我が家の周りで“猿出没、猿と遭遇”が相次いでいるんです。ご近所の屋根に居る所を発見されて何度か警察も来てましたけど・・・猿って警察の管轄じゃないでしょう?昨日はご近所のおじいちゃんが犬の散歩をしようと家を出たら猿が道の真ん中で威嚇してたらしいです。我が家から自転車で10分くらいの所にあるdarlingの会社、ここは工場なんですけどね。自然が一杯の工場ではあるのですが、ここにも猿が出没するらしいです。猿ってこんなに行動範囲が広いんですね。

今、我が家の周囲では猿に対して警戒警報発令中って感じです。我が家でも外に居るチャロが激しく吠えると「猿じゃろうか?」「猿じゃないいね」「そうじゃろうか・・・」って会話が多くなっています。

公園に居た猿が移動して来たとも考えられるのですが、本当に出没が頻繁しているんです。わたしが住んでいる所ってそんなに辺鄙な所じゃないんですけどね。30件くらいの住宅地と15件くらいの住宅地が隣接しているし・・・畑はあっても田圃は無いし今は家の方が多いんですよ。まあ、工場にまで姿を現すってどうやって移動しているのかな?車通りの多い道もあるんだけど・・・夜に移動?それとも川の堤防を移動?これは有り得る。

Marble_070506_1 ☆今日のマーブル☆

わたしのデニムの帽子を被らせてみました

結構いい感じでしょう?飼い主としては似合っていると思うんです

マーブルは「また、遊ばれている」と感じているかな

マーブルで遊ぶのって面白いんですけどね(笑)

今度は違う帽子も被らせてみようと思っているわたしです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

庭の羽衣ジャスミン

旅行から元気に帰って来ました。昨日が雨だったから洗濯物は今日まとめて干しました。洗濯物も乾きが早くなったから楽になりました。風と太陽の恩恵を感じますね。着ている物も薄くなってきたからでしょうね。

天気も良くて窓を開けて風を入れたくなる季節になりました。今、部屋の中を風が流れています。その内、今度は暑くて窓も開けたくないと思うようになるんですけどね。今の季節は爽やかで過ごし易いです。何をするのにもいい時期ですね。

Fiore_hagoromojyasumin_070506_1 ☆羽衣ジャスミン☆

今年はたくさんの花が咲きました

今が満開じゃないのかな?庭に出れば甘~い香りに満たされるくらい強い芳香が庭を包んでいます

昨年は花芽が付いた頃に寒の戻りがあって蕾をたくさん枯らしたのですが、今年は寒さに耐えて花をさかせてくれました。

Fiore_hagoromojyasumin_070506_2 こんなに群れるように花が咲きます

一つ一つの香りも他の花よりは強いのでしょうが、まとまって咲くと一段と存在感を増しますし香りも一層強くなります

花が咲いてない時は「これは何ですか?」って聞かれるんですけど花の時期になると「ジャスミンですね。いい香り」って声をかけられます(笑)

小さな真っ白な花が今は眩しいです

この甘い香りをブログでもお届けしたいくらいです

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

孔雀園と素麺

孔雀園と素麺

2007050305_narutosyodoshima_1_47

孔雀園と素麺

オリーブ公園の次は孔雀園。インド孔雀が放し飼いにしてあります。少々寂れていましたが、以外に来園するお客さんが多いのに驚きました。ゴールデンウイークだから?
甲高い声で鳴き飾り羽を大きく広げてカサカサ震わせながらアピールするオスをシカトするメス(笑)メス一羽をオス二羽で囲んでのアピールにも動じないメス。駆け引き上手なのかただウザイだけなのか…メスに聞いてみたいものです。放し飼いにされているからオスの飾り羽が折れてなくて綺麗でした。白孔雀もいたのですが、飾り羽は畳んだままでした。
お昼ご飯は小豆島名産の素麺にしました。腰があって冷たい喉越しが最高でした。小豆島の素麺は「島の光」と言います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オリーブ公園とギリシャ風車

オリーブ公園とギリシャ風車

オリーブ公園とギリシャ風車

オリーブ公園とギリシャ風車

旅行も今日が最終日。昨日の天気予報では今日は雨となってましたが、カーテン越しの光は明るい感じ。カーテンを開けたら薄日の射す天気でした。雨が降ってなかっただけでもラッキーだと思ってたけれど…薄曇りなんて日頃の行いが良かったのかな(笑)ホテルの人に聞いたら「高松、岡山が雨でも小豆島は降らない事も多い」そうです。
ゆっくりとホテルを出発してオリーブ公園にギリシャの風車を見に行きました。小豆島はギリシャのミロス島と姉妹都市だけあって地中海を思わせる景観を作りあげています。立派に育ったオリーブの畑を抜けてギリシャ風車やハーブ園を巡りました。お土産を買ってオリーブのソフトクリームを食べました。オリーブのソフトクリームはあっさりした甘さでほんのりオリーブの風味が口の中に広がります。歩き回って写真を撮ると汗ばむ暑さです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

初○○です

2007050305_narutosyodoshima_1_33

初○○です

初○○です

ホテルに入る前にオリーブ園に寄り、24の瞳の島の分教場に行って来ました。ホテルは小豆島の「ネオオリエンタルリゾート」に宿泊中です。午後6時から初めての貸し切り露天風呂に…二人で夕日を見ながらの〜んびり。7時から1時間かけて夕食。8時半から初エステ!アロマテラピー&フェイシャルマッサージ。もう気持ち良過ぎて寝そうでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェリーで移動中

フェリーで移動中

高松港から小豆島の池田港に向けてフェリーで移動中です。1時間の船旅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

午前中は陶板画に複写された美しい絵画を堪能しました。でも美術館は以外に広くて一階分のフロアが見られませんでした。ゆっくりと鑑賞すると半日では足りません(泣)残してしまったからまた、来る楽しみが出来ました(笑)では陶板画の名画をお楽しみ下さい。
上からエル・グレコの金の祭壇画、貝殻の上のヴィーナス、受胎告知、プリマベェーラ(春)、ヴィーナス誕生、ヴィーナスとキューピッド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の予定

徳島は今朝も天気がいいです。昨日から宿泊しているホテルはこの時期にリーズナブル値段で1泊2食付き。ビジネスホテルクラスなんでしょうが、シティホテルに近い感じです。昨夜の夕食も質量共に満足でした。部屋には光ファイバーインターネットのモジュラーフックが有りました。VAIOを持ってくればよかった!とちょっぴり後悔(笑)
今日は陶板画美術館「大塚国際美術館」に行きます。とても楽しみ〜!それから小豆島に移動です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

あの山が

あの山が

今月中に映画が後悔されるあの山…徳島と言えば「眉山(びざん)」。その眉山がホテルの目の前にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬戸大橋

瀬戸大橋

与島PAから見た瀬戸大橋です。頭の上を電車が通るのは不思議な感じがします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾道ラーメン

2007050305_narutosyodoshima_1_5

今日のお昼に頂いた尾道ラーメンです。美味しさが伝わればいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋滞突破

広島ICから始まった20キロの渋滞。渋滞を抜けて最初のSAで昼食の予定だったのですが、SAに入る車の多いこと。みんな考えることは一緒なんですね。SAは断念して次の高坂PAで「尾道ラーメン」の昼食となりました。魚介のだしがあっさり。豚の背脂が浮いているけど脂っこくなくて美味しい!腹ごしらえも済んでドライブ再開です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

楽しみは明日から

明日から旅行。今日やっておかないといけないことは旅行の準備!後は…やっておくべき事は片付けたから「完璧」だと自己満足に浸りながらブログをアップしていますが、その内に「あ〜あれ忘れてた」って事になるんじゃないかな(笑)
明日までは天気がいいとか。バンバン写真を撮って短い記事をアップするつもりです。
昨日と今日は学校も仕事も休みじゃないという方もおられますよね。妹のところも妹は仕事、テツもチッポも学校…単身赴任先から帰って来ている妹の旦那様だけが取り残されたんです。その旦那様、暇だからと小雨が降る中で潮干狩りをして来たとか。で我が家にもアサリを持って来てくれたんです。小雨の中で一人で潮干狩りって聞いた時は「何だか寂しい〜」と思ってしまいました。声をかけてくれたらよかったのに。妹家族の今の在り方だからしょうがないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

楽しみが増えました

「BABEL」の中でチエコを演じた菊池凛子さんの演技は凄かった。イニャリトゥ監督自身は聴覚障害がある女優を起用しようとしたそうです。だからオーディションに来た菊池凛子の才能に圧倒されながらも、一旦は彼女を諦めたんだそうです。女優を探すのに9ヶ月をかけ、何百人もの女優をオーディションしてもイニャリトゥ監督の心から離れなかったとか。菊池凛子と言う女優はそれほどの才能なんですね。役が約束されていた訳でもないのに菊池凛子は手話の訓練を始めていたそうです。イニャリトゥ監督はそれを知り感激して菊池凛子を採用したんだとか。イニャリトゥ監督に「彼女を選んだことは、僕がこれまでにしてきた判断の中でも、最も優れたものだった」と言わせた菊池凛子と言う女優のこれからが楽しみなわたしです。

楽しみといえば3日から四国方面に旅行に行くこと。鳴門に一泊して小豆島に渡って一泊して来ます。今回の旅行は車で移動します。行き当たりばったりの好きなdarlingと一緒だらか面白い筈。さてさて今回はどんな旅行になることか。写真やブログアップも考えていますから暇があったら覗いて見て下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

カランコエが増殖中

昨夜から強い風と雨。今日はどんより曇っているけどもう雨は降ってない。庭の草木も綺麗に洗われていました。今は新緑の美しさが目に爽やかです。

Fiore_karankoe_070501_1 ☆カランコエ

多肉植物のカランコエの可愛い花が咲きました

1本の茎に黄色い小さな花がたくさん付きます

冬前に葉は紅葉します

緑の葉っぱの縁が赤くなるんです

多肉植物は寒さにも強くって葉が紅葉する様は美しいです

Fiore_karankoe_070501_2 こちらもカランコエの花です

濃いピンクの花も黄色と違った可愛さがあります

カランコエには白やオレンジ色もあるみたいです

もっと違った色を揃えるのも面白いけど・・・葉っぱ一枚あれば次々に増えてしまう多肉植物だからこれ以上は殖やしたくもないって感じ

色んな所にある鉢にいつの間にか増えているカランコエは今も我が家で増殖中です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »