« 梅雨らしい雨の日 | トップページ | キュウリとカラーの時期 »

2007年6月15日 (金)

「300(スリーハンドレッド)」を観て来ました

3002 ギリシアの小国スパルタがギリシア連合軍とペルシア遠征軍の戦闘を描いた「300(スリーハンドレッド)」を観て来ました。

*あらすじ* 紀元前480年、スパルタの王レオニダス(ジェラルド・バトラー)の元にペルシア帝国からの遣いが来た。1000もの国々を征服した大帝国ペルシアが次なる標的に選んだのがスパルタをはじめとするギリシア。ペルシア王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)の使者は土地と水を差し出し、服従の証を立てるなら国は滅ぼさないと言う。「服従か死」の選択にスパルタが出した答えは一つ・・・ペルシアの使者を葬り去った瞬間にスパルタは100万のペルシア大軍を敵に回した。レオニダスは託宣者(オラクル)の信託ではなく自分の心に従って300人のスパルタの精鋭を引き連れてテルモピュライの地に兵を進める。そして300対100万の戦いが始まった。

モンテピュライの戦いとはどんな戦いだったのか-紀元前480年8月、南下を進めるペルシア遠征軍とスパルタを中心とするギリシア連合軍との間で行われた戦闘。ギリシア連合軍の軍勢はスパルタの重装歩兵300人を中心に総勢5000人余り。対するペルシア軍は総数200万人以上であったとされる。圧倒的な数的不利にも関わらずスパルタ軍は険しい山が迫る海岸沿いの土地、モンテピュライでペルシア軍を迎え撃つ。狭い道幅を利用して大軍の利点を封じ込め3日間にわたって大軍の進攻を阻止し甚大な被害を与えた。

劇場での予告編やTVのCMでとても興味をそそられていたわたし。今のギリシアと言えばエーゲ海の青い海と白い家、神々の神殿と歴史が残る観光都市。そんなギリシアの古代に起こった戦闘の先頭に立ったのがスパルタの戦士達fでした。スパルタでは発育不良の子供や病気の子供は谷底に捨てられ、成人の儀式では飢えた猛獣に独りで敢然と立ち向かわなければなりません。それを生き残った者だけが一人前と認められる過酷で厳格なルールの下で男達は育てられます。この男達が世界史上類を見ない最強の国家を作り上げます。人を殺す事を何とも思わない男達は戦場で死ぬことが名誉だと教え込まれます。だから彼等に服従も退却も降伏もありません。

レオニダスは国を守る為にいかがわしい神託に背きます。この神託を与える司祭(エフェロス)は欲と妄執に囚われた卑しい者達なんです。レオニダスと共に神託を無視して戦闘に向かう男達は跡継ぎが居る300人の精鋭でした。この300人を支えているのが家族です。そして一緒に戦う者達。スパルタの強さは「結束と信頼そして心」だとレオニダスが息子に教えます。戦場での彼等の強さは首から膝までを隠す大きな丸盾を掲げて自分の左に居るものを守る事。盾で仲間と自分を守り王のためなら命を投げ出す事を厭わない男達が100万の大軍にも怯まず、真っ向勝負を仕掛けます。空を覆いつくして降り注ぐ弓矢さえも豪快に笑い飛ばす。

スパルタは男達だけでなく王妃も強い。レオニダスが「我が王妃」「我が愛」と呼ぶ王妃ゴルゴはペルシアからの使者にも怯まず口を挟んでペルシアの使者を不愉快にさせます。300人だけで戦闘に赴いた夫の為に議会を動かそうと奔走します。王妃ゴルゴがペルシアの使者に対して胸を張って「女がスパルタの戦士を生むんです」という場面は王妃の芯の強さを感じさせます。そしてレオニダスもペルシア王の前で「スパルタの女は強い」と言い切るんです。スパルタって男も女も同等の市民だったそうです。強い国は男だけでなく女も強いんですね。

戦闘シーンでペルシア軍にクセルクセスの親衛隊の不死部隊、怪力男、巨大サイ、巨大ゾウが出てきます。こんな奇妙な戦力も持っていたんですね。強大な国ペルシアだからでしょうね。血が飛び散る古代の戦闘が苦にならなければこんな300人の男達がいた事を知るのも面白いと思います。

|

« 梅雨らしい雨の日 | トップページ | キュウリとカラーの時期 »

「シネマ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
300対100万の闘いを映画の中で表現するとは、壮大な
スケールで、見応えもあったでしょうね。

それに不死部隊?怪力男に巨大サイにゾウ?、そこら辺
がまた面白そうですね。

これもまた見逃せない映画のようですね。

投稿: iram | 2007年6月15日 (金) 17時10分

*aprile さん

こんばんは。

わたしもコレ、興味あるんですよ。

スパルタ教育の語源ですもんね!

いろんな意味で、ギリシアやローマ史は深いんですよね。

塩野七生さんの本、面白いっすよ!!

投稿: 「感動創造」 | 2007年6月15日 (金) 18時43分

こんばんは
けっこう渋いところを衝いてきましたね。かみさんの弟のつよし君(B級映画好き)も初日の夜中に見にいってました。半年くらい前から見たいと思っていたんですって。

投稿: yamamo8 | 2007年6月16日 (土) 02時16分

iram様
史実のモンテピュライの戦い・・・わたしは知らなかったんですが、こんな男達が居たんですね。
スパルタは知っていたんですけどね。でも本当のスパルタ教育ってすごいです。
人間以外は殆んどがCGなんですって。
デジタル時代の映画ですね。

投稿: *aprile | 2007年6月16日 (土) 16時42分

「感動創造」様
本物のスパルタ教育ってこんなに過酷だったんだ~って思いました。
本当にギリシアやローマの歴史って深いですね。
凄く興味はあるんですよ。こんな古代の歴史に。
塩野さんの作品、一度読んでみたいと思っているんです。

投稿: *aprile | 2007年6月16日 (土) 16時45分

yamamo8様
モンテピュライの戦いは知らなくてもスパルタは知っていました。
それに300対100万ってのに惹かれて観に行ったんです。
わたしは面白いって思いました。
こんな数的不利な戦いに挑む男達も居たんですね。

投稿: *aprile | 2007年6月16日 (土) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/15442063

この記事へのトラックバック一覧です: 「300(スリーハンドレッド)」を観て来ました:

« 梅雨らしい雨の日 | トップページ | キュウリとカラーの時期 »