« マーブルの爪 | トップページ | 若返ったわたし? »

2007年8月24日 (金)

何が泳ぐかお楽しみ

残暑は9月になっても続くらしいです。ラニーニャ現象の影響で太平洋高気圧が日本近辺に居座るからだそうです。まだまだ暑い日が続くってことですね。出歩くのが嫌になります・・・でも、買い物には行かなきゃいけないしね。最近は土曜日にまとめ買いしていますが、どうしても食べるその日に買う方がいい物ってありますものね。

Amerikan_blue_070708 ☆アメリカンブルー☆

梅雨前に切り戻したアメリカンブルーが満開になり再び切り戻しをしなければいけないほど成長しました

旺盛な成長力には驚かされますが、切り戻せば温室に入れるまで元気に花を咲かせてくれます

青い花も涼しげに見えますが、何かもっと涼しくなるような写真をどこかで撮って来たいな~。渓谷とか滝なんていいと思うんだけど。

青々とした水草が繁る水槽の中を泳ぐ熱帯魚なんていいかも。我が家には90Cmの水槽が2本有ります。2年前までは熱帯魚が泳いでいたんですけどね。今は両方とも空になっています。水槽をそのままにしておくのも芸が無いでしょう。そこでこの秋には水槽を2本とも復活させようと計画しています。水草を植えて熱帯魚は淡水魚。どんな魚にするかはまだ未定です。小さな魚も個性派が多いから群棲させると面白いんです。

Photo*ネオンテトラ*

わたしとしては底にコリドラス類(なまずの仲間)やローチ類(ドジョウの仲間)、水槽のガラスや水草に着くコケを食べてくれるオトシン、中層を泳いでくれるテトラの属するカラシン類かシクリッド類をを群で泳がせたい。それとも原種のエンゼルフィッシュディスカス南米産のドワーフシクリッドでもいいと思う。ゆったりと泳がせるのもいいものです。

Photo_2*ブラックファントム*

さ~てどんな水槽が出来上がるか今から楽しみ~。淡水魚にこだわっている訳じゃないんですけどね。海水魚でもいいんだけど、わたしが欲しいのは“ウミウシ”。形が面白くて色が綺麗だから。海水魚は人工海水よりも本物の海水の方が魚も長生きするんですよ。潮干狩りの時に捕まえたハゼの一種が数年、生きたんですよ。この時は海水を2週間に一度、海に取りに行っていたんです。これが大変なんです。綺麗な海水を持ち帰るのに4ℓのペットボトルを5~6本持って行くんです。我が家に一応、人工海水もあるんですけどね。やっぱり海水に勝る物はないんです。ミネラル分とかの僅かな海水成分が魚にとっていいんだと思います。

1*ウミウシ*

わたしが大好きな海の生き物ウミウシちゃ~ん

なまこみたいで気持ち悪いって言う人も居るけど・・・カラフルな色とか綺麗な装飾を持ったウミウシはちょっと違うんです

こんなにチャーミングな海の生き物を飼いたいんですけどね

Photo_4*リーフィーシードラゴン*

darlingは写真のようなタツノオトシゴが欲しいらしいです

形ばかりでなくて生態も面白いから水槽で飼ってみたいそうです

わたしはウミウシかクラゲがいいんだけどな~。タツノオトシゴも面白そうなのは確か。一つを海水の水槽にするかも。

|

« マーブルの爪 | トップページ | 若返ったわたし? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/16223146

この記事へのトラックバック一覧です: 何が泳ぐかお楽しみ:

« マーブルの爪 | トップページ | 若返ったわたし? »