« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月28日 (金)

何もかも足踏み中

今日も暑いです。朝から蒸し暑くて久し振りに散歩の途中でハンカチが登場しました。汗を拭きながら「いつになったら秋になるんでしょうね。いつまでも夏みたいですね」って話していたんです。ここ2~3日の朝は爽やかだったのに。

日中に日傘を差して出歩くとジリジリと焦げる様な感じがします。大判のタオルハンカチを片手に郵便局やコンビニに行ってきました。あ~暑かった。こんなに夏が粘るなんて思いもしませんでした(笑)

郵便局で振込みをしたら民営化についてのお知らせと一緒にポケットティッシュを2個と食器洗い用のスポンジを貰いました。今までは預金するとポケットティッシュ。定期預金にするとビニール袋やラップ。年賀状を予約すると箸袋に「寿」の字が入ったお箸やポチ袋を貰ってました。でも、今日は振り込んだだけなんだけど・・・民営化になるから?頑張らないとね。

そう言えば昨日、ポストに「年賀はがき 予約申込」のはがきが入ってました。衣替えにも手を付けてないのに、もう年賀はがき・・・ちょっとまだ、考えられません。でも、年賀はがきの予約時期になっているんですね。予約の申込締切日は10月25日だそうです。あ~やっぱりまだ、考えられないわ~。どうしても季節が足踏み状態なのでわたしの中でも何もかもが足踏みしてます(笑)

Marble_070921_6 ☆今日のマーブル☆

舌を出してオチャラケているマーブル

マーブルがdarlingに似ているって・・・今朝の散歩の時に言われました(笑)

「眼鏡をかけたらお父さん(darlingのことです)そっくりだと思う」

そうかな??ゴールデン系ってちょっとオヤジっぽい気もするけどねぇ

それを帰って出勤前のdarlingに言うと「そうか~」ってちょい嬉しそう。それから一言「性格はあんたにそっくりだけどね」ですって。ふ~~ん。いいじゃない。可愛い性格してるんだから・・・それにそんなわたしを好きになったのはあ・な・た(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年9月27日 (木)

日本に永住

Kusa_070927 ☆メリケンカルカヤ(米利堅刈萱)☆

色々と検索をしたらこの雑草はこういう名前じゃないかな・・・と思います

秋が深まると茎の部分が赤くなるそうなんです

北アメリカ原産の外来種で帰化植物

イネ科のウシクサ属だそうです

いつも朝、マーブルが遊んでいる広場で朝日にキラキラ白い綿毛のような花を輝かせているんです。風がそよぐと花がキラキラときらめきを残すように揺れるのがとてもいい感じなんです。白い綿毛のような花も可愛いし。これが雑草だなんてね。なかなか抜けなくて駆除し辛い厄介者のようです。

山口県でも日中の気温が高い日が続いています。朝夕の涼しさとの差が大きいですよね。あと1週間は平年よりも気温の高い日が続くそうです。もう10月になろうとしているのにね。秋が短くて冬が長い・・・それはそれでわたし的には不満はありませんけど。今年の冬は平年並みの寒さらしいですから。暖冬だけは勘弁して欲しいです。10月になっても暑い日が続くんですかね。暑くて天気がいいから雨が少ない・・・周南市の水がめ菅野ダムは貯水量が減っているらしいです。わたし達も節水に心掛けないといけないですね。

Marble_070921_3 ☆今日のマーブル☆

う~ん、今度はここが痒~い

つま先から痒みが上の方に上がってきたのかな?

ノミじゃないよね・・・だってフロントラインを月に一度、使っているんだから

痒い、痒いが前足から首筋にそして全体に広がったりして(笑)

それにしても真剣な表情で見てますね。何か見つけたら知らせて下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

小さな命を助けたい

いつもブログでお世話になっているめめさんのブログで呼びかけていました。微力ながら協力したいという思いから記事を転載しました。小さな命が救われるのなら・・・

☆転載記事を下記に載せておきます☆

千葉県富津市在住の金子亮祐君(10歳、小学5年生)は、『川崎病後急性心筋梗塞による重症心不全』という病状で入院治療中です。

 平成18年5月に9歳で川崎病を発症し、同12月に後遺症により心筋梗塞を起こしました。カテーテル施術により開通したものの心筋のダメージが広範囲におよんだ為、心機能が弱まった状態が続き、君津中央病院、その後千葉大学医学部付属病院にて強心剤の点滴等による内科的治療をしてきました。しかし、平成19年3月に心不全の症状が悪化した為、東京大学医学部付属病院に搬送され補助人工心臓を装着しました。装着後も心機能の改善は見られず、残された道は心臓移植しかありません。しかし、国内では15歳未満の臓器提供が認められておらず、また、補助人工心臓を装着している間に感染や血栓の発生などの恐れもあり、早期の移植を実現するには海外での移植手術に頼るしかない状況です。

 病院の先生方のご尽力により、米国のUCLA病院で受け入れていただけることになりましたが、海外では保険が使えないため、渡航費用・心臓移植手術費用・滞在治療費等で約1億2800万円という膨大な費用がかかります。そこで私たちは、亮祐君の命を助けるために『りょうすけ君を救う会』を結成し、募金活動をすることに致しました。「早く学校に行きたい、野球がやりたい」という亮祐君の願いを叶えるため一日も早く米国での心臓移植が受けられますよう、皆様の温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。


りょうすけ君を救う会 代表 鈴木 讓


りょうすけ君を救う会HP

| | コメント (2) | トラックバック (1)

朝夕と日中の違い

朝夕の涼しさにやっと秋を感じる事が出来るようになりました。朝の散歩の時は涼やかな風が吹いてくれるので汗も出なくなりました。日中の暑さも少しは和らいでくれるともっと秋らしくなるんですけどね。日中はまだ、暑い日が続いています。2階は暑いから日中の数時間はエアコンが必要です。衣替えの時期なんですが、まだ、衣替えをしようという気になれません。今からセーターを着る訳でもないのですが、冬物をまだ、見たくないですね(笑)日中が暑いとどうしてもねぇ。10月になってからでもいいかな~、と先延ばしにしています。もう、衣替えをしましたか?

昨日は中秋の名月でしたね。皆さんの地方ではお月様が綺麗に見えましたか?わたしはとても綺麗な月を見ましたよ。わたしが月を見た時間には薄雲さえかかってなかったんですけどね。darlingも会社から帰って来る時に上り始めた大きな月を見たそうです。でも、昨夜「雲に遮られて月を見られなかった」と言う友達もいました。上り始めから少しの間だけ綺麗な月だったのかな。秋は天気が良ければ綺麗な満月を見られますね。

Marble_070921_2 ☆今日のマーブル☆

足の先に何か付いてる気がする・・・ガジガジ、ガジガジ

マーブルは足先というか爪の辺りを気にしているみたい

爪を噛んじゃ駄目~だって丸く綺麗にしてもらったんだから

それとも何かがいるの?それとも石か何かが挟まってるの?

舐め舐めしているのかな?

顔を上げた後はつま先が濡れているんでしょうね。何をしているのか、こっちの方が気になります(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

「ミス・ポター」を観て来ました

世界111ヶ国、1億人もの愛読者がいるピーターラビット。わたしもそのピーターが好きな一人です。

Misspotter1_2

「ミス・ポター」は世界で最も有名なうさぎ「ピーターラビット」の生みの親であるビアトリクス・ポターの物語です。

*あらすじ* 1902年のロンドン。新しい世紀が始まってもまだ、封建的な空気が漂っている時代。上流階級の女性が仕事を持つことなど考えられなかった時代に、アーティストとして生きようとしていた一人の女性がいた。彼女の名前はビアトリクス・ポター(レニー・ゼルウィガー)。父のルパート(ビル・パターソン)は裕福な法廷弁護士。独身のビアトリクスは何不自由のない生活を送っていたが、彼女には諦めきれない夢があった。絵本を世に出そうとするビアトリクスはスケッチブックを持って出版社を訪れた。ビアトリクスの絵本の出版を承諾してくれたウォーン社の兄弟は末弟のノーマン(ユアン・マクレガー)をビアトリクスの担当にあてた。ビアトリクスの運命が動き出した。ノーマンと出会った事でビアトリクスは真の理解者を得て才能はますます花開き始めた。

ビアトリクスがシャペロン(付き添いの女性)と一緒に不安そうに出版社を訪れていた時の顔が本の出版から真の理解者となったノーマンと一緒に印刷所に通う日々の間に明るく変わってくるんです。結婚を意識した事も恋をしたいとも願った訳でないのにビアトリクスの上に突然、初めての恋が舞い降ります。画面の中のビアトリクスが生き生きと語るピーターの物語にノーマンは魅せられていきます。真の理解者が現れるとこんなにも女性は変われるし、創作意欲までも増して来るんですね。ビアトリクスの部屋にはたくさんのピーターの仲間達の絵が掲げられています。ビアトリクスの目には全てが生きていて動いているんです。ピーターもあひるのジマイマも。スクリーンの中で描かれた絵が動くのがとても可愛らしいんです。

母親の気持ちを理解出来ないビアトリクス。ビアトリクスが自分の諦めてしまった夢を叶えようとしていることを見守る父親。父親は本を出版した娘が誇らしいのに母親は結婚しない娘が評価出来ないんです。母親との価値観の違いに反発してしまいます。絵を理解してくれる父親への親近感がビアトリクスの慰めだったようです。1900年代初頭、ビアトリクスが生きた時代の女性を丁寧に再現しています。衣装、住宅、家具の中には贅沢なドラマに見えますが、厳しい現実と残酷な現実をも織り交ぜながら様々な思いを込めて描かれています。

ビアトリクスは自然の中に生きるものを美しいと思うからスケッチするんです。こんなに愛らしい動物達を描いて多くの人々に愛される本となったのも頷けます。だからこそイギリス湖水地方の自然を守ろうと思ったのでしょう。そして自分の印税を湖水地方を守る為に使う事を躊躇わなかったビアトリクスの精神は今も受け継がれているようです。豊かな自然を残している湖水地方はわたしの行きたい地方の一つです。この映画の撮影はナショナル・トラストの全面的な協力を得て、ビアトリクスが人生の殆んどを過ごした湖水地方で行われたそうです。美しい湖水地方に魅せられる事、間違いなしです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

リンダ・ハワードの「夜を抱きしめて」

Photo_2 わたしにとって最近は「読書の秋」が継続しています。今回はリンダ・ハワードの「夜を抱きしめて(原題:Cover of night)」。

*あらすじ*アイダホ州ビタールート山脈の奥地にある平和な僻村トレイル・ストップでケイト・ナイチンゲールは小さなB&B(bed&breakfast)を営んでいた。ケイトは3年前に夫を亡くし29歳で未亡人になり生後9ヶ月の双子の男の子を育てる為にシアトルに住み続ける事を断念し、トレイル・ストップに移り住んだ。そんなケイトのB&Bに宿泊していた一人の客が荷物を残したまま行方が分からなくなった。その男が失踪してから数日後、武装した怪しい男達がやって来た。男達が失踪した男の荷物を奪い取りトレイル・ストップを去った。その後、事態は思いがけない方向に進み始める。

今回の舞台は僻村。都会で働きながら子供達を育てるのは大変なことだとシアトルに住むのを諦めたケイトが選んだ場所がトレイル・ストップ。携帯電話も繋がらない、高速インターネットを利用する事も出来ない、テレビは衛生放送のみで雪に妨げられて受信状態も悪い、近くに大型スーパーもなければ郵便局すらない、食料品の買出しには片道1時間かかる・・・そんな場所にケイトは双子の男の子と住んでいます。不便な所だけど手付かずの自然が残っていて子供達といつも一緒にいられて、子供達を安心して表で遊ばせられるんです。そしてこの地は若くして亡くなった夫とロッククライミングをするために何度も訪れた思い出の場所。

このトレイル・ストップの住人達は中年以上の人が多く、ケイトと同世代の住人は一組の夫婦と便利屋をしている内気な男性だけ。ケイトは夫の死を乗り越えようと双子の男の子の子育てとB&Bの切り盛りを一生懸命にこなしていました。そしてよそ者を寄せ付けない僻村にもマフィンやスコーンを提供する事で溶け込む事が出来ました。ケイトの双子の男の子、タッカーとタナーは便利屋ミスター・ハリスことカルの道具箱に夢中なんです。古い家をB&Bにした為に何処かしら修繕が必要になるとミスター・ハリスを呼びます。ミスター・ハリスを見つけると双子達は道具箱めがけて飛んでいきます。子供とは気長に相手をしてくれるが、ケイトの前では真っ赤になってまともに口をきけなくなる、それがケイトのミスター・ハリスに対する印象でした。そんなケイトの周りには村の便利屋のカルをはじめ、飼料店を経営する元修道女のニーナや元軍人で狩猟ガイドのジョシュアなどユニークな経歴の持ち主がいます。村が危機的な状態に陥った時、カルの本来の姿を目にしたケイトは村の人々の事を理解していなかったのだと気付かされます。ケイトとカル。そして思いもかけないカップルがもう一組出来上がります。

アメリカ北西部に位置するアイダホ州は北はカナダと接していて、主要産業は農業と観光と鉱業。アイダホ=ジャガイモと思い浮かべるのはアメリカ人も同じようです。アイダホは手付かずの自然が残っているから山登り、スキー、カヤック、釣り、ラフティング、乗馬、ゴルフ、マウンテンバイク等のアウトドア・スポーツが思い切り楽しめるそうです。大自然の懐に抱かれた所なんですね。本文の中にも「9月の半ば頃から雪が降り始める時もある」と書かれていました。と言う事はスキーシーズンはとても長いですね。そんな所で一冬を過ごしてみるのもいいかもしれません。

お彼岸も過ぎて明日は中秋の名月。皆さんの秋はどんな秋になりそうですか?お気に入りの本や読んでみたかった本をお供に秋の夜長を過ごしてみるのもいいと思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月21日 (金)

それぞれの小さな花

夏はまだ秋に席を譲りたくないみたいですね。日本列島の上には未だに夏の太平洋高気圧が居座っています。いつになったら秋を実感出来る日がやって来るんでしょうね。今日も朝の散歩の時に“栗”を2個拾ってきました。栗を見ると「秋だな~」って思うんだけど。

Mizukusa_070921 水草の白い小さな花がヒッソリと咲いていました

繁茂している水草から細い枝を出して水面に白い花を咲かせているんです

こんな花がたくさん咲くといいんだけど・・1輪、2輪の花だから可愛いと思うのかもしれません

この水草の花は1日で終わってしまうのかな?花びらは4枚で中心に黄色いオシベがあります。花びらは儚いほど薄いんです。

Rantana_070921_2 Rantana_070921_1

 ☆ランタナ☆

今年も斑入りの黄色のランタナと白いランタナが咲きました

小さな鉢に植えているのに毎年、元気に花を咲かせます。黄色の方は花も密にまとまっていますが、白い方は花がまばらです。どうしてなのかは解りません。同じ場所で同じように管理しているんですけどね。

Cyaro_070921_2 ☆今週のチャロ☆

首を傾げているチャロ

何かを求めるような表情でこちらを見ています

「オヤツでも持ってないの?」と言いたいのかな?

チャロはこんな顔で何かを見ている事があるんですよ

何を見ているのかと後ろを向いて見るんですけど・・・そこにある何がチャロに訴えかけているのか判らないんです。

Marble_070921_1_2 ☆今日の マーブル☆

朝の散歩が終わるとマーブルはリラックスモードに入ります

この格好からゴロ~ンと寝転ぶのがいつものパターン

そのまま寝入るマーブル

犬は一日の半分以上を寝て過ごすらしいですが・・・マーブルは寝過ぎだと飼い主のわたしは思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

秋の味覚

今日も綺麗な青空が広がっています。朝夕は少しづつ涼しくなっているけれど昼間は秋の爽やかさとは程遠い夏の暑さに包まれています。昨日は山口県下でも35℃を超える猛暑日だった所もあるみたいです。彼岸の入りだというのにこの暑さはいつまで続くんでしょうね。「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが・・・今年は例外?

Kuri_070920 マーブルの散歩中に公園で栗拾いをして来ました(笑)

公園には柿の木がたくさん植えてあります

ちょっと人目に付き難い所に栗の木があるんです

去年は一昨年の台風で枝が折れたりして木が傷付いていたので実が生りませんでした

見つけた時はまだ、イガに入っていました。ちょっとだけ栗色を覗かせていたので早速、救出。だって地面に落ちているとすぐに虫に食べられてしまうんですもの。この2個の栗で作れるものは・・・数が少ないから買い足して栗ご飯でも炊こうかな。明日の朝も栗が落ちているといいんだけどな~。

ヤクルトスワローズの古田兼任監督の退団会見がありました。「寂しいと言うよりは悔しい」と言った古田兼任監督。どんなスポーツでも監督にはチームの全責任が重く圧し掛かってきますものね。選手と監督。どちらかに集中するとどちらかがお留守になりますものね。両立させるのは本当に大変だったと思います。悔しい気持ちを次のステップにして欲しいです。わたし古田選手が好きだったんですけどね。

すごい小5が出て来た~宮川類君。小5でAマドリードのU-12に入団したんですって。契約期間は5年間。学費、生活費、食費など一切の費用をクラブが持ち、スペイン人の代理人(エージェント)まで付くVIP待遇。類君は早くも「ヒデ2世」との声も聞こえてきているそうです。う~ん、いいですね。期待してしまいます。ヒデも山梨出身だしね。スペインで大きくなれ~類君。こんな若者がもっと出てきて欲しい。

宮川類君の記事はこちらhttp://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20070920-OHT1T00076.htm

最近、80’sの洋楽、邦楽が無性に聞きたくなる事があるんですよね。ノーランズとかマーティ・バリン、アルバート・ハモンドだとか。何故なのかな。色々な所で80’sの楽曲をよく耳にするようになったからかもしれませんね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

夏バテ解消

窓から見える空は青い。風が強く吹いているけれど・・・暑さを追い遣る力は無いみたいで風が生ぬるくなってきました。暑さが息を吹き返したのか今日は最高気温が35℃に迫ると言ってました。何だか未だ、夏を感じさせるから運動会がピンと来ないんですが、小学校の運動会の練習は先生の声が大きくなり熱が入って来た感じです。暑いだろうな~。

Marble_070910_2 ☆今日のマーブル☆

久々にマーブル登場です

先週は夏バテだったのか食も進まずオヤツも少ししか口にしなかったマーブルが週末にテツやチッポが来てから元気を取り戻しました

朝ごはんも少し食べるようになったし、グッタリして元気が無かったのが嘘の様に今は目もキラキラで元気ハツラツ。やっぱりマーブルは元気なのが一番

今日は今からCT検査に行ってきます。今のわたしの心臓の状態を知るためなんですって。CTは「断面図」って感覚なんだけど今日、受けるCTは3Dで心臓を見ることが出来るんだとか。検査の為の医療機器って日々進歩しているんですね。患者に負担をかけないのが一番ですけどね。わたしの行く病院は家から近いから助かります。

わたしの住む宇部市は大学病院をはじめ、総合病院が2つくらいあるんです。病院に関しては恵まれている地域だと思います。現在は大病院も経営破綻する時代ですからね。そのしわ寄せが来るのはそこの地域の住民なんですよね。産科や小児科が地域から消えているそうですね。医者を目指す人はこれから未来を担う子供達の為に産科や小児科の先生になって欲しいものです。歯科の先生になる人は多いんでしょうね。わたしの住む地域でも歯科医院が“雨後の筍”のように出来ています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

ヘザー・グレアムの「ハリケーン・ベイ」

Photo_2 20年ほどの間に多岐にわたる時代、場所を背景にした小説を書いているヘザー・グレアム。15ヶ国語に翻訳され総発行部数は2000万冊を超える超人気作家。今回は彼女の「ハリケーン・ベイ(原題:Hurricane Bay) 」をご紹介します。

*あらすじ* 美しい自然に囲まれたフロリダの街を連続殺人事件が震撼させた。ネクタイで絞殺された2体の腐乱死体が水路から見つかった。マイアミの広告会社で働くケルシーは幼馴染のシーラに会う為に休暇を取ってキーラーゴに赴くが、そこにシーラの姿は無かった。シーラの身を案じたケルシーはシーラを必ず探し出すと決心するが、幼馴染の誰が自由奔放で素行の悪い彼女の行方を気にもかけていなかった。一人でシーラの行方を捜し始めてからケルシーの周囲で不穏な出来事が起こり始める。そして知られざるシーラの悲しい過去をケルシーは知る事になった。

マイアミの南から南西に連なって伸びている約50の島々からなるフロリダキーズ。その中で一番本島よりにある島キーラーゴがケルシーの故郷です。ケルシーは亡くなった最愛の兄を思い出させる故郷キーラーゴから逃げ出しマイアミで仕事を見つけ住んでいます。幼馴染のシーラに懇願されて戻った故郷キーラーゴは心に染みる美しさを感じさせ、嫌な思い出を時が癒してくれていました。

作者はサスペンスを縦糸に、久し振りに再会した数人の幼馴染との間の愛情や友情を横糸として作品を作り上げています。登場人物は故郷キーラーゴに居た時からケルシーが知っている人ばかりで、幼馴染の中にはケルシーの元夫、広告会社で一緒に働いている同僚でシーラの元夫、雑貨店の女性経営者、キューバから亡命して来て今はチャーター船会社の経営者、兄の親友、麻薬の売人と様々です。こんな登場人物が繰り広げる友情と複雑に見えて単純な愛情が今回の動機となっています。

フロリダやマイアミの街を舞台にしているサスペンスって多いんです。だからなのでしょうか、最近はフロリダやマイアミに行って見たいな~と思う事が有ります。あの辺りは巨大なハリケーンに襲われる事もありますが、ヘザーが描写している日の出や暮色迫る風景は見てみたいと思います。この作品の中では美しい海と珊瑚礁も出てきます。本書には「観光客がやるような事をやるのよ」という件があります。そしてそこで描写されている場所は実際の観光名所になっているそうです。いつかこの本から得た知識を持ってマイアミやキーラーゴに行きたいと夢見るわたしです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

全て歌えます 80’s

Bestsongs_2  今、思えば80年代にヒットしていた歌って歌えるんですよね。この「bestsongs we love 80's」でもこのアルバムをこう紹介しています。「絶対歌える!80年代を代表する大ヒット曲ばかり。もう一度歌おう、本当のラブ・ソングを、心に響くメッセージを」さあ、一緒に歌いましょう。

1. 守ってあげたい / 松任谷由実

2. さよなら / オフコース

3. HERO~ヒーローになる時、それは今 / 甲斐バンド

4. 異邦人 / 久保田早紀

5. ダンシング・オールナイト / もんた&ブラザーズ

6. 長い夜 / 松山千春

7. かもめが翔んだ日 / 渡辺真知子

8. チャンピオン / アリス

9. 君のひとみは10000ボルト / 堀内孝雄

10. ルビーの指環 / 寺尾 聰

11. シルエト・ロマンス / 大橋純子

12. ガンダーラ / ゴダイゴ

13. セーラー服と機関銃 / 薬師丸ひろ子

14. 君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね / 中原めいこ

15. い・け・な・いルージュマジック / 忌野清志郎+坂本龍一

16. 夢想花 / 円 広志

17. ペガサスの朝 / 五十嵐宏晃

18. 大都会 / クリスタルキング

どうです。み~んな歌えるでしょう?実はdarling薬師丸ひろ子が好きだったんですよ。可愛い・・・と昔は言ってました。オールウェーズ~三丁目の夕日で一平君のお母さん役の彼女を見て一言。「年取ったな」としみじみと言ってました。自分が歳を取ったことを忘れていませんか~?「昔は可愛かった」・・・そうね。わたしも昔は可愛かったわ(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

医は仁術?

医は仁術『損得を度外視して奉仕的に治療することが期待される医道の称』と言いませんか。とはいえ最近は職業人としての意識が先に立ちすぎるため「算術」という評判もあると新明解「国語辞典」に書かれてました。

医は算術・・・どころか救急ではない患者のカルテが内科、循環器科に無いからとカルテのある整形外科や神経内科に回すのはどうしてなんでしょう。患者が「胸が痛い」と言っているのに整形外科?交通事故でもないのに。神経内科?頭は痛くないの。その後はタライ回しにされました。その挙句に「夜間診療している病院」を紹介します?自分達で診るつもりはないんかい!はっきり言って救急車で運ばれた急患しか診る気はないみたいです。それもおかしくないですか?

こんな受け入れ態勢だから妊婦さんをタライ回しにするんですよ。『触らぬ神に祟りなし』と言っているのと同じじゃないですか。カルテがないから治療方法が解らないなんて・・・医者としての知識も度量もないじゃないですか。専門の勉強をした集団でしょう?大学病院なんだから。高度な医療器具だってあるのに。人を助ける気持ちがあるのか疑問です。この背景には医療ミスやそれに関する訴訟を恐れての事なんでしょうが、それは人間として人の命に関わる仕事を選んだ人として間違っていると思います。一生懸命に人の命を助けるのが医者の使命だと、わたしは思います。

大きくて高度な設備のある大学病院よりも民間の総合病院の方が人の命を大切にしていると感じたのはわたしだけでしょうか?もう少し医療のあり方や医者とは何かを考えなければいけないのではないのでしょうか?誰でも命は一つしかないんですから。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

一泊二日

昨日はちょっとしたアクシデント発生でブログをアップ出来ませんでしたが、ブログねたをたくさん仕入れる機械に恵まれました。

一泊二日って聞けば「小旅行」って思うでしょう?実は病院に「小旅行」というか「経過観察のための入院」をしていました。今日はブログをアップ出来るほど絶好調です(笑)darlingの方が心配で体調不良かも。

一昨日の夜、お花の稽古が終わってから五輪代表のアジア予選を見ている頃から胸の真ん中が何だか痛い。『まっ、その内治るでしょう』って軽~く思っていたらイライラするような試合が終わってからも治らない。どころか痛みが強くなった感じさえするんです。『これはやばいかな・・・』と思いdarlingに夜間診療している病院にTELしてもらったけど・・・カルテが無いからたらい回しされ、挙句に違う病院を紹介するんですよ。「これでも大学病院かよ!」ってdarlingはおかんむり。次にかかりつけの先生にTELしたら夜間でも受け入れて貰えそうな家から近い総合病院を教えて貰いました。その総合病院にTELしたら「診察します」って言って貰えたからタクシーで病院に行きました。

もちろんカルテは無いし飛び込みなのに受付の人も看護婦さんも親切で・・・門前払いした山口大病院とは大違い。当直医の先生は泌尿器科の先生だったけど「今、循環器専門の先生を呼び出していますから」と安心させて下さいました。この泌尿器科の先生が勉強熱心な先生で循環器の先生が聴診された後、「すみません、心音を聴かせて貰っていいですか」と言われたんです。循環器の先生がわたしの心音を聴きたがるのはよくあるんですけどね。泌尿器科の先生にはどんな風に聞こえたのかな。ただの心雑音?(笑)

循環器の先生が来られる前に予備検査をしていた看護婦さんが固まった。何だろうと思ったら血中酸素量の数値を見て驚いているんです。だから「あのわたしいつも85~90くらいなんです」って言ったら「えっ、じゃあこれで普通なんですね。86だから」と引きつった笑顔を返されて・・・わたし静脈血と動脈血が心臓の中で混ざり合っているから血中の酸素量が少ないんです。普通の人は95以上あるからそんな人が86とかだったら息切れが激しくて動けないでしょうけどね。

循環器の若い先生が来られてまず、問診。先天性心臓疾患があること、診断された病名を知らせてから今の症状について訊かれました。胸の痛みはピークの時の半分くらいに軽減はしてましたけど、聴診、血液検査、X線、心電図、心エコーと一通りの検査をしてもらいました。まあ、どの検査でも異常が現れるんですけどね。先生は胸痛=心筋梗塞か狭心症の発作を頭に浮かべられたんだと思います。でも、何処にも心筋梗塞、狭心症の兆候はなくて「経過観察をして翌日にもう一度、本格的に検査をしたい」と言われたので即OKしました。本格的に検査をしたのはもう、十数年前だったから。先生としてはあまりお目にかかれない面白い患者にぶつかったと思われたかも(笑)それで病院に入院。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

ピータン、ありがとう

Pitan_2 去年の10月8日に我が家にやって来たピータン。

この夏の酷暑を乗り切ったと思ったのに。

今日の昼前に突然、止まり木から落ちて・・・そのまま逝ってしまいました(泣)

夏前まではよく歌ってよく動いていたんですが、6月頃から動きが鈍くなっていました。

原因は腹部に出来た腫瘍。

もう、いい年だと聞いていたからどこかに不具合が起こっても仕方が無いと思っていました。ピータンの場合は腫瘍でした。でも、病院には連れて行きませんでした。開腹手術をすればそのまま逝ってしまいそうだったので、経過を見守っていました。年寄りのピータンに無理をさせたくなかったんです。腫瘍が出来てからも餌は良く食べるし形のいい糞をしていたんです。それが本当にあっけなく逝ってしまいました。わたしとはあまり気が合わなかったけれど、やっぱり居なくなってしまうと寂しいし悲しい(泣)

我が家に来て1年足らずでピータンとお別れしなければいけないなんて考えませんでした。ピータンの写真をブログに載せたのも2回くらいじゃないかな。歌いながらブランコに揺られていたピータンを思い出すと涙が出ます。少しの間だったけれど窓辺で歌ってくれてありがとう、ピータン。安らかに眠って下さい。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

動きたがる体

朝夕の涼しさは動き易いですね。日中は日差しがあると温度が上がりますね。天気がいいと暑さを感じますが、夏のような暑さとは違ってきましたね。暑いと体は動きたがらないんですけどここ2~3日の涼しさに体は動きたがっているんです・・・いきなり張り切ると息切れしちゃうんで、少しずつ体を動かそうと思っています(笑)心はの~んびり秋を楽しみたいと思っているんですけどね。今はまだ、体と心が一致してない気がします(笑)

今週になって小学校で運動会の練習が始まったみたいです。我が家から小学校までは徒歩10分足らずの距離で少し高い所にあるんです。だから風向きによって先生の声や子供達の声がよく聞こえて来るんです。小学校の運動会は今月末くらいかな。わたし達が小学校に通っていた頃は10月に入ってからでした。いつも天気が良くて中学校までの9年間で運動会が雨で中止になった事って無かった気がします。運動会は晴れるといいですね。

Jupiter061022 ←ジュピター(ミニバラ)

酷暑を切り抜けたバラやミニバラが花を咲かせ始めました。夏の間に弱ってしまったミニバラの鉢もありますが、これから元気を回復させてあげようと思っています。

今年の冬頃にはdarlingが庭に小さなパーゴラを作ってくれる事になっているので、その根元に数株のつるバラを植える計画です。主役は「つるアイスバーグ」の白い花にするつもり。

それまでにパーゴラを作ってもらう場所を綺麗にしないと・・・今は雑草に覆われているから(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

チューリップの球根

昨夜は窓全開で寝たからとても気持ちが良かった。そして今朝も爽やかでした。このまま秋らしい気候が続けばいいのですが、沖縄の南海上にある熱帯低気圧が北上を始めるとまた、蒸し暑さが戻って来るらしいです。この熱低が台風にならなきゃいいんですけどね。昨日、darlingは東京に日帰り出張でした。東京は夕方ににわか雨があったらしいです。傘を持って行かなかったdarlingですが、濡れずにすんだそうです。日頃の行いがいいから?そ~かな(笑)

来年の春に咲かせようと思っているチューリップや春咲グラジオラスの球根等が届きました。実はどんなチューリップを買ったのか忘れてたわたしです(大笑)来年はこの二つがプランターで咲きそうです。

Photo_3←パラソル  Photo_2

←フレーミングフラッグ

このフレーミングフラッグには一目惚れしちゃったんです

どうです?何だか不思議な感じじゃないですか?これが咲いたらどんな風になるのかな。

夏頃に咲くグラジオラスって背が高くて太いし花も大きくて色も濃いでしょう。春咲グラジオラスは夏頃に咲くグラジオラスに比べて背が低くて細い・・・華奢な感じで色合いもパステルカラーが多いです。球根も小さいです。どんな花と一緒にしようかな。

Marble_070908_2 ☆今日のマーブル☆

上目遣いに何を見ているのでしょうか・・・?

実はわたしの後ろでdarlingがオヤツを持ってマーブルを呼んでいるんです(笑)

「あっ、あんな所で美味しそうなもの持ってる~」の表情です

こんな時のシャッターチャンスは短いです

マーブルが「お座り」の姿勢に変わるのはもう、時間の問題です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

J・D・ロブの「汚れなき守護者の夏」

15 J・D・ロブの新作「汚れなき守護者の夏(原題:Purity in Death)」のご紹介です。イヴ&ロークシリーズの15作目です。

*あらすじ* 殺人的な暑さが続く7月のニューヨーク。子供達を食い物にしていた犯罪者達が次々と奇怪な死を遂げる。犯罪者達は自室に引き篭もり、数日後に突如、発狂したような行動に出て警官に射殺されたり、自殺したりした。その犯罪者の部屋に残されたコンピューターの画面には「完全清浄完了」という不可解な文字が浮かび上がっていた。解剖の結果、犯罪者達の脳が異様に肥大していた事が判明する。捜査を進めるイヴは最新テクノロジーを駆使して自らの手を汚さずに犯罪者達の人命を奪っている事を突き止める。姿なき殺人者を追うイヴの捜査が始まります。

イヴが引っ張り上げて部下にした若い巡査が突発的な暴力事件に巻き込まれ自分と生存者の命を守る為に発狂した犯人を殺してしまいます。高い理想を掲げた前途洋々な若い巡査が起こした絶命処置にイヴが母親のように悩む姿からイヴが仲間を優しく思い遣ることが出来る捜査官だとよく解るんです。今回はコップ・セントラルの中でも事件が起こってしまいます。その時、自分を訓練してくれた父親代わりともいえるフィーニーまで命の危険に晒されてしまいます。この時、仲間の命を助ける為にイヴは丸腰で犯人と渡り合う事までしてしまいます。今回の事件に深く関わってくるのがコンピューター。どんなに凶暴な犯人でも怯まないイヴもコンピューターだけはお手上げ状態。そんなイヴを助けるのが夫のローク、フィーニー、マクナブそして以前の事件で関わりを持った天才。徐々に解き明かされる事件の真相。

この作品の中でイヴは「家族(ファミリー)」とはどういうものかを知ります。ロークもイヴも家族とは縁の無い子供時代を送っています。ロークはファミリーがどんなものかを知っていますが、イヴはファミリーがどんなものかを知りません。「みんなが誰かと話しながら、賑やかにごちゃごちゃと食事をし、それが思いがけないほど気にさわらない。くだらないジョークに気楽なけなしあい(本分抜粋)」が家族のすることだとイヴは気付きます。イヴは「正当な手続きなしに裁く側に立ったり、死刑執行人の頭巾をかぶる権利は誰にもない」という考えの持ち主。でもロークはもう少し柔軟な考え方をします。ロークは「僕は君ほど今言った法律の条文(正当な手続きなしに裁く側に立ったり、死刑執行人の頭巾をかぶる権利は誰にもない)を好きになれないことがある」とはっきりと言います。人それぞれの正義に対する見解の違いは何処にでも存在しているように思います。社会のシステムで罰しきれない犯罪者の存在は現在にも不穏な影を落としているのではないでしょうか?法制のシステムで守られている犯罪者の権利にわたし達は苛立ちを覚える事もあります。今回は色々な事を考えさせられました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

庭に出たパンちゃん

今朝はとても爽やかでした。散歩の時も涼しい風が吹いて今までみたいに汗が出る事もありませんでした。空も青くて高い・・・やっと「朝夕は涼しくなりましたね」と挨拶出来そうな気候になって来ました。今もレースのカーテンを揺らしながら入ってくる風は爽やかです。でも、まだ日のあたる場所の日差しは強いし暑いですね。夏を惜しむようにツクツクボウシが鳴いています。いつの間にか蝉の声もツクツクボウシだけになったんですね。

Marble_070907_4 ☆今日のマーブル☆

「何だか首輪の下の辺りが痒い」カリカリカリ

「ちょっとだけ体を捻ってみると痒い所に足が届くんですよね」カリカリカリ

「前足はしっかり踏ん張って・・・」カリカリカリ

今、毛が抜け始めているから爪と爪の間に抜け毛が引っ掛かります

そんな抜け毛をどうしても匂わずにはいられないマーブルです。体に着いたゴミを取っただけでも「何、何、何?今の匂わせて~」って催促するマーブルです。

Panna_070909 ☆パンナ☆

昨日は天気も良かったからパンちゃんの住まいを掃除してパンちゃんのトイレを洗って乾かしている間、パンちゃんを久々に外で遊ばせてあげました

あっちをクンクン、こっちをクンクンと嗅ぎ回っていましたが、最終的に落ち着いたのがこんなコンテナの下

日陰になっている所を捜していたみたいです

木々や草の間に入りたかったみたいだけどそんな中に入られたら捕まえるのが大変だから進入出来ないようにしていました。パンちゃんがあっち、こっちに行くとチャロが「クゥ~ン、クゥ~ン」と鼻を鳴らしていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

マーブルの体重

朝は少しだけ涼しさを感じられるようになりましたが、昼間は暑いです。2階の居間の暑さと車の中の暑さは半端じゃないです。空は秋空みたいな綺麗な青空なんですけどね。暑さはまだまだ夏バージョンです。

こんなに暑いのにもう、チューリップやユリの球根、パンジー・ビオラの苗などを注文しました。今年のチューリップの球根も来年、また花を咲かせたくれるものもあると思います。ユリはピンク系の大きなものにしました。プランター8個分のビオラとパンジー、チューリップを植え終わってから次を考えます。後は空いた鉢に植えられるものを選びました。プランターが余ったら近くの園芸店に行ってお気に入りを捜そうと思っています。クリスマスローズも株が充実しているのが多いので大きなテラコッタの鉢に植えようかと考えています。今から楽しみです。ガーデニングの事を考えられるんだから少しは涼しくなったんですね。ガーデニングの秋の作業も考え始めています。

今日は月に一度の体重測定の日。マーブルを連れて動物病院に行って来ました。時間帯が良かったのか待つ事もなく体重測定をしてもらいました。先月の体重が約32kgだったのに今月は何と30.45kgでした。こんなに体重が落ちたのは初めてです。ダイエットをしてもせいぜい500~800g減ればいい方なんですが、今回は約1.5kgも減ってました。お盆過ぎから暑過ぎて朝の散歩から帰ったら食欲が無くて・・・1日2回の食事が夕方の1回だけになっていたんです。これで1.5kgの減量に成功ってことなんです。このままの体重を維持出来るとは思いませんけどね(笑)だってこれから食欲の秋ですからね。マーブルにとっても食欲の秋だから。

Marblemomo_070907_2 ☆今日のマーブル☆

マーブルとお友達のモモちゃん見上げています

「あっ、何か持ってる」と寄って来た2匹

こんな風に見上げられたら・・・オヤツを奮発してしましそうです

いつもの事だけどマーブルは他のワンちゃんよりもわたしに一番近い場所に陣取ります。甘えん坊だからね。ご主人様が自分よりも他のワンちゃんに近いのも許せないんですね。焼きもち焼くもの可愛いけどね。他のワンちゃんを可愛がっているのを見るとダッシュで体当たりしてきます(笑)一人娘だから可愛がり過ぎたかな。

今からマーブルのシャンプーです。脂性だから週一回シャンプーをしています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

地産地消の「ちぐまや弁当」

台風9号は神奈川県に上陸した後、関東地方を通過して只今、東北地方を北上中。交通機関も不通や欠航で混乱しているとTVで言ってました。東海、関東地方にお住まいの皆さん、被害はありませんでしたか?何事も無く台風が通過していればいいのですが。

朝、起きるとバルコニーが濡れていました。また、夜に雨が降ったみたいです。こちらも朝から曇り空です。たまに雨も落ちているようです。今日は風が少しだけ涼しい気がしますが、動くとまだまだ暑いです。

どこの駅にも○○駅ならこの駅弁ってありますよね。新山口駅からちょっと変わった駅弁をご紹介します。その名も「ちぐまや弁当」。地産地消で山口の美味しさを伝えたい・・・そして女性に嬉しい「美味しいのに低カロリーで野菜がたくさん摂れる」がこの駅弁のコンセプト。

Photo 「ちぐまや弁当」の春バージョン

税込800円

 山口県のローカル番組であるTYSテレビ番組「週末ちぐまや家族」の企画から誕生したお弁当

2段重ねのボリュームでカロリーは614キロカロリー

2 野菜を中心に、手間暇かけてに調理されたおかずがたっぷり!全て手作りなので1日20個限定です

春・夏・秋・冬とバージョンがあるようです

新山口駅の「小郡駅弁当(株)新幹線口2Fコンコース店」で販売しています

新幹線口2Fコンコースにあるうどん屋さんの横で駅弁を売っています。新山口に来られたら一度、ご賞味下さい。

Marble_070907_3 ☆今日のマーブル☆

朝の散歩はマーブルがいつも一番早くグランドの上にあるゲートボール場に到着します

だからお友達が来るまではこんな顔で待ってます

ちょっと横顔は凛々しいでしょう・・・この顔がお友達を見た瞬間に崩れます(笑)

デレデレ顔で甘えるマーブルが一番マーブルらしいとわたしは思います

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

朝の散歩で

今朝は青空が出たり小雨が降り出したりの変な天気です。それに加えて暑い・・・掃除、洗濯をしたらもうTシャツが汗でビショ濡れです。タオルで顔の汗を拭いてノースリーブに着替えホッと一息吐いてPCの前に座りました。

Fukei_070906_1_1 ←散歩の前にも雨が降ったみたいで散歩中に虹が出ていました。中途半端な虹でしたけど携帯で写真を撮りました。何だかはっきりしませんが、一応、虹です(笑)

公園の一部は草刈がしてありました。昨日まで草ボウボウだったので草が刈られていると視界が開けて圧迫感も無く広々とした感じがしました。それに明るくなった感じです。

まだ、グランドは草ボウボウの状態ですが、そこに行くまでの道の草が無くなっただけでも違います。マーブルも草が無くなって色々な所に行ってはクンクンしてました。これで蚊も少なくなればいいんだけど。

台風9号は東海・関東地方に接近、上陸しそうですね。東海、関東地方にお住まいの方は十分お気をつけて下さいね。被害がない事を心よりお祈りしています。今年は接近する台風が少ないように思うのですが・・・気のせい?これで今年の台風は最後・・・となればいいんですけどね。また、変な時期に台風がやって来るのかな。

Marble_070901_3 ☆今日のマーブル☆

「わたしの定位置はソファ~」 と歌えるくらいここはマーブルにとって安心出来る場所

掃除をしたり食事の用意をしている時に大きな体が床の上にあるととっても邪魔

そんな時は「いつもの所に行って」と言う・・・マーブルはこっちの顔をちょっと見てから「ハイ、ハイ解りました」みたいにこの場所に上がってゴロン

「嫌だ~」と言わないだけいいですね。小さな犬だったら抱え上げられるんだけど、マーブルの場合それが出来ないから(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

難病の子供達を助けたい

ブログでお世話になっている方からのバトンです。この病気を知って下さい。子供達のこの病気を多くの方に知って頂きたいのです。子供達の将来のために何が出来るのか考えるキッカケになればと思っています。わたしも微力ながら協力したいと思いブログ記事にしました。

≪≪≪≪以下転載≫≫≫≫≫

《ムコ多糖症》って病気を知ってますか?
この病気は人間の中でも小さい子達に見られる病気です。
しかし、この《ムコ多糖症》と言う病気はあまり世間で
知られていない(日本では300人位発病)、つまり社会的認知度が
低い為に今厚生省やその他製薬会社が様々な理由を付けて、
もっとも安全な投薬治療をする為の薬の許可をだしてくれません。

《ムコ多糖症》は日々病状が悪くなる病気で、
発症すると殆どの人が10~15歳で亡くなります。
8月7日「SCHOOL OF LOCK」というラジオ番組で
湘南乃風の若旦那が語ってから私達に出来ることを考えました。
それで思いついたのがこのバトンという方法です。
5~6歳の子が厚生省にスーツ姿で出向いて
自分達が生きる為に必死に頭をさげてたりしています。

この子達を救う為に私達ができる事は、この病気を
多くの社会人に知ってもらって早く薬が
許可されるよう努力する事だと思います。
みなさん協力お願いします。

[ムコ多糖症]
ムコ多糖を分解する酵素が先天的に欠損している為、
体内に蓄積することで様々な異常が引き起こされる病気。

多くの場合、身体や精神の発達遅滞、骨の変形、水頭症なども伴う。
重症の場合は成人前に死亡する。
今のところ有効な治療法が無いので、
骨髄移植や遺伝子治療の臨床成果が待たれる病気の1つである。

http://www.muconet.jp/

★この本文を 日記に貼り付けてください。

何か力になれば・・・とバトンを手渡ししてます。
お時間のある方はお願いします。
このコメ見た後の、足跡残した人は協力御願致します。
なお、これについてのコメは、お控え願います。

≪≪≪≪以下転載終わり≫≫≫≫≫

わたし達にご賛同して頂けるのでしたらあなたのブログでこの病気の事を載せて下さい。子供達の将来の為にご協力、よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

暑さが戻って来た~

昨日も暑かったけど今日も暑い。また、酷暑が帰って来たような暑さです。これって日本に接近している台風の影響なのかな。台風に向かって南からの風が吹き込んでいるから?昨日は昼間ガンガンに太陽が照り付けているのに夕方から夜にかけて雨が降りました。だから夜は蒸し暑くて・・・窓を開けて眠れた日もあったのにね。あ~それにしても暑い。この暑さはいつになったら涼しくなるの?

午前中、血液検査を受けるために病院に行き、ついでに行きつけのショップで秋物を見て来ました。なのに今でも着られるチュニックとTシャツ2枚を買ってしまいました(笑)秋物はカシミア・シルクの半袖セーターを1枚だけ。これならシルクが85%だからもう少し涼しくなれば着られるでしょう。それに冬になった下にTシャツなんかを合わせられるしね。それと靴を注文して来ました。ブーツもあったんだけどこんなに暑いとどうしても足を入れる気分になれなくて・・・(笑)どのお客さんもやっぱりブーツは見るだけだそうです(笑)解ります。その気持ち。わたしもブーツはもっと秋が深まってから履いてみようと思っています。

お昼を済ませて2階の部屋に上がったら・・・気温は32℃もありました。風は通っているんですが、風もムッとするくらい暑くて。うさぎのパンナもインコのピータンもグッタリしてましたからすぐにエアコンを入れてあげました。部屋が涼しくなったら少しは元気になったみたい。パンナも今は機嫌よくしています。

Marble_070901_2 ☆今日のマーブル☆

退屈そうですね~

夏バテじゃないよね・・・だって最近、ぬいぐるみを咥えて来て「遊ぼう~」って誘うものね

散歩に行っても少~しだけ走れるようになったものね

でも、暑過ぎるせいか朝の散歩から帰ると食欲が無いものね・・・お水はたくさん飲んでいるけどね

オヤツは食べられるけど・・・大好きなdarlingがパンの耳を残してくれていても食べないしね。だからパンはみ~んなチャロが食べちゃうものね。

Cyaro_080721_4 ☆今週のチャロ☆

さあさあ、チャロの視線の先に何が待っているのかな

オヤツを見詰る目はいつもキラキラしているものね

口を開けて「早く欲しい」と言いたげな表情をしていると思いませんか?

チャロも涼しい時は自分の小屋のある囲いの中で動き回っています

暑いと動きたくないものね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

夜中の雨と雑草

朝の空気が少しだけ涼しくなった気がします。散歩の時も吹く風が爽やかでした。でも、気温が上がり始めると暑さが増してきます。朝夕だけでも涼しくなるといいんですけどね。ここ何日か夜中に雨が降っているみたいです。朝、散歩で外に出るとアスファルトや草が濡れています。

雨が多いせいで散歩する公園も草丈が伸びています。蔓性の植物の蔓も日を追うごとに成長して道路の方にまで蔓を伸ばしています。今、一番元気な蔓植物は「葛」です。マーブルが遊ぶグランドにも葛が繁茂してフェンスに絡み付いています。そろそろ赤紫色の花を咲かせる時期。葛の花は綺麗なんですけどね。それ以外の雑草も大きく成長しているから雨の後はあそこでは遊べません。雑草の中をガサゴソと探検するのが好きなマーブルだから出てきた時はびしょ濡の状態。だからグランドまで行きません。

Marble_070901_1 ☆今日のマーブル☆

ちょっと流し目してみました・・・お姉さんっぽいマーブル

少し前からマーブルの細い毛が抜け始めました

換毛期に入ったみたい

シャンプーの時にもゴルフボールくらいの大きさの毛玉がシャンプーブラシに引っ掛かっていました。また、掃除機やダスキンが大活躍する時期がやってきました。

マーブルの毛は中途半端な長さなんです。ミックス犬だからしょうがないのかな。誰もが「マーちゃんは短毛みたいだけど、意外と毛が長いね」って言われるんですよね。 

Sh530047←若い頃(1~2歳くらい)のマーブル

上の写真と比べたら・・・この写真の方が白い部分が少ないし白さも薄い気がします

現在のマーブルの顔の白い部分・・・やっぱり増えた気がします

この頃はまだまだ若いし細いマーブルです(笑)

マーブルの子供の頃はコロコロして可愛かったんです

近い内に仔犬の頃のマーブルの写真をアップします

お楽しみに。親バカだけど本当~に可愛いんです。だから一目ぼれして貰って来たんですよね。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年9月 3日 (月)

BGMはエンリケ・イグレシアス

ここ2~3日は天気がぐずついているせいかいくらかは過ごし易いと感じています。まあ、あの酷暑の後だから少し気温が下がっただけでも過ごし易いと感じますよね。今日もはっきりしない天気です。

Photo 今日のBGMはエンリケ・イグレシアス《ENRIQUE IGLESIAS》の4年ぶりとなるアルバム「INSOMNIAC~眠れない夜」

エンリケ・イグレシアスって知ってます?わたしは好きなんですが、知名度がどれほどのものかは解らなくて・・・エンリケについて豆知識です。

父親はフリオ・イグレシアス。スペインのマドリードで生まれでマイアミに在住。ラテン・ブームの立役者でありアルバムセールスは10年間に4000万枚に達した世界で最も売れているスペイン語系ミュージシャンの一人。シンガーとしては濃厚なラブ・ソングを得意とするラテン・ナンバーからバラードまで幅広い。

1. RING MY BELLS

2. PUSH

3. DO YOU KNOW ?

4. SOMEBODY 'S ME

5. ON TOP OF YOU

6. TIRED OF BEING SORRY

7. MISS YOU

8. WISH I WAS YOUR LOVER

9. LITTLE GIRL

10. STAY HERE TONIGHT

11. SWEET ISABEL

12. DON 'T YOU FORGET ABOUT ME

13. DFMELO

14. ALGUIEN SOY YO

15. AMIGO VULNERABLE

16. NOT IN LOVE

エンリケの歌声を聴いていると今、自分がいる現実の空間を異空間に変えてくれます。色々な空想が浮かんでは消え・・・それが楽しい。エンリケが自身、ルックスも文句無くいい。そしてエンリケが歌うスペイン語の歌はとてもエキゾチックでセクシー。こんな声で囁きかけられたらもう、言いなりになっちゃう。あ~darling、ごめんね(笑)興味が沸いてきたら一度、エンリケの歌を聴いてみて下さい。

ENRIQUE IGLESIAS

もう少し気温が下がったら秋物の洋服を物色しに行こうかと考えています。秋物って販売されている期間って短いでしょう。それにメーカーも生産数を抑えているらしくって「あっ、これいいな~」と思ったら買い時なんだそうです。追加生産しないんだって。売り切れたらそれでお仕舞いだそうです。秋物って着る期間が短いからね。わたしは冬や春にも対応出来るものを選ぶようにしています。15日(土)にはテツの高校の文化祭です。文化祭の前日から妹家族が3泊4日の予定で我が家に来るので、その時にでも買い物に出ようかな。それより前に時間を作って行ってしまう気がします(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

季節が移り変わる時に

9月が始まりました。季節は晩夏から秋に移り変わる筈ですよね。厳しい残暑よりも爽やかな風を感じたいです。昨日の夜から過ごし易くなっています。今日も曇り空で雨が降りそうなんだけど未だ、雨は落ちていません。風もあって冷房が無くても過ごせる気温です。あの厳しい暑さが嘘のようです。

夏から秋に移り行く今の時期に夏のダメージケアは大切ですね。わたしのお勧めのダメージケアをご紹介します。一つは美味しく肌と体をダメージケア出来るブラッドオレンジジュース

http://www.rakuten.co.jp/toscana/1778208/1796099/#1409263

わたしの大好きなブラッドオレンジジュースとヴァレンシアオレンジジュース。ビタミンCやアントシアニンの入った体の喜ぶ美味しさなんです。1本のジュースを作るのに3kgの果実が必要なんですって。自然の果実を搾ったジュースだから濃縮還元果汁よりは新鮮で美味しさも違います。夏の疲れた体とお肌に必要なビタミンの補給にお勧めです。飲んでみたい人は上の写真をクリックして下さい。

夏のお肌のケアにお勧めの商品が下のアフターサンミルク

http://www.rakuten.co.jp/mahou-soap/316877/406302/#336025

アフターサンミルクというハーブとアロマを使った商品です。日に焼けたら乾燥したボディにもフェイスにも使えて抜群の効果があります。シミ、ソバカスにも効果あり。日焼け止めを付け忘れた時でも大丈夫。外出したその日にこのアフターサンミルクを顔に腕に塗るだけ。わたしも使っています。このミルクの効果なのか、この夏の日焼けがいつもの夏の日焼けよりも薄い気がします。使ってみたいと思った人は上の写真をクリックして下さい。

Marble_070829_2 ☆今日のマーブル☆

また、写真撮ってる

あんまり好きじゃないってしってるのに・・・どうして撮るのかな?

ちょっと不思議そうに見上げているマーブル

気に入らない?そんな事、言わないでニッコリ可愛くカメラ目線をお願いしますよ~(笑)

夜には雨になりそうです。今週から来週中はぐずついた天気らしいから雑草を抜けそうも無いです。来週末には・・・でも、この一週間で雑草もぐ~んと成長しそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »