« 一泊二日 | トップページ | 全て歌えます 80’s »

2007年9月14日 (金)

医は仁術?

医は仁術『損得を度外視して奉仕的に治療することが期待される医道の称』と言いませんか。とはいえ最近は職業人としての意識が先に立ちすぎるため「算術」という評判もあると新明解「国語辞典」に書かれてました。

医は算術・・・どころか救急ではない患者のカルテが内科、循環器科に無いからとカルテのある整形外科や神経内科に回すのはどうしてなんでしょう。患者が「胸が痛い」と言っているのに整形外科?交通事故でもないのに。神経内科?頭は痛くないの。その後はタライ回しにされました。その挙句に「夜間診療している病院」を紹介します?自分達で診るつもりはないんかい!はっきり言って救急車で運ばれた急患しか診る気はないみたいです。それもおかしくないですか?

こんな受け入れ態勢だから妊婦さんをタライ回しにするんですよ。『触らぬ神に祟りなし』と言っているのと同じじゃないですか。カルテがないから治療方法が解らないなんて・・・医者としての知識も度量もないじゃないですか。専門の勉強をした集団でしょう?大学病院なんだから。高度な医療器具だってあるのに。人を助ける気持ちがあるのか疑問です。この背景には医療ミスやそれに関する訴訟を恐れての事なんでしょうが、それは人間として人の命に関わる仕事を選んだ人として間違っていると思います。一生懸命に人の命を助けるのが医者の使命だと、わたしは思います。

大きくて高度な設備のある大学病院よりも民間の総合病院の方が人の命を大切にしていると感じたのはわたしだけでしょうか?もう少し医療のあり方や医者とは何かを考えなければいけないのではないのでしょうか?誰でも命は一つしかないんですから。

|

« 一泊二日 | トップページ | 全て歌えます 80’s »

健康、病気」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
医療現場も大変な事は解りますが、
たらい回す様な事では困りますね。
立派な先生もいらっしゃいますが、何の為に医者をやっている医者もいますね。
人の命を大切に出来ない様な医者がいる限りは
医療報酬も考え直して、減らした方が良いと思いますよ。
医者は患者より偉い訳じゃない事を自覚して欲しいですね。

投稿: ともくん | 2007年9月14日 (金) 16時28分

こんにちは!

大変でしたね。
今はもう大丈夫なのでしょうか??
あまりムリせず、ノンビリしてくださいね。

大学病院は酷いですね!
“命”を何だと思っているのでしょうか??
小さい個人病院とかなら仕方ないと思いますが、設備もスタッフも整っている大学病院での対応だとは思えないですね。。。

投稿: めめ | 2007年9月14日 (金) 17時49分

*aprile さん

こんばんは。

私も似たような経験があるのでよくわかります。

ホント、ふざけてますよね。

ただ、あの妊婦たらいまわしの一件は
色々と妊婦さん側にも問題があったようですね。

つまり、それまでまったく医者にかからず
確信犯的に出産費用を踏み倒そうとしていたかもしれないと・・・・

真相はわかりませんが
医療は何のためにあるのか?ということだと思います・・・・・・・・・・

投稿: 「感動創造」 | 2007年9月14日 (金) 20時37分

こんばんは。

そんなことがあったんですね。

読んでびっくりしました。
でも、無事に帰還できてよかったですね。

*aprileさんダーが心配してオロオロしている姿が目に浮かびます。

ところで妊婦さんですが、カルテのコピーを妊婦さんも手もとに持っているといいと思うんです。
そうすればもしもの時の対処に役立つのでは。

病院の紹介状も高いそうですね。
紹介状くらいただにしてくれればいいのにね。

*aprileさん、もうしばらく大人しくしておいてくださいね。
ダーリンを安心させるためにも。(笑)

投稿: tami | 2007年9月15日 (土) 22時38分

ともくん様
医療現場の大変さは解りますが、自分がたらい回されて本当に医療のあり方はこんな事でいいのかと実感させられました。
一つしかない命を大切に思っておられる先生も多いんでしょうが・・・お金儲けだけで医者になる人もいると聞きました。
それでは医療ミスも起きますよね。
もう一度、人の命の重さを知って欲しいですね。

投稿: *aprile | 2007年9月18日 (火) 11時04分

めめ様
大学病院だから何かあったら・・・そう思うんじゃないでしょうか。
大学病院の実態ってそんなものなんじゃないかな。
救急車で運ばれたら救急救命室ってあるんですけどね。
それなら夜間の急患(意識はある)にも対応して欲しいですね。

投稿: *aprile | 2007年9月18日 (火) 11時08分

「感動創造」様
「感動創造」さんも同じような経験があるんですね。
自分で経験してみると本当に「ふざけないでよ」って言いたくなりますね。
最近あった奈良の妊婦さんはわたしもどうかと思います。
あの時期まで病院にかからない方がおかしいですよね。
1年位前に出産中に脳出血になった妊婦さんの事があるのにたらい回しにするのも考え物ですね。
医療とは命に関わる仕事だと思うのですが・・・

投稿: *aprile | 2007年9月18日 (火) 11時14分

tami様
主人には心配をかけました。
今でもまだ心配そうにしています。
もう、元気なんですけどね。
そうですね。
妊婦さんだけでなく既往症のある人や今、病院で治療を受けている人はカルテや最近の検査結果のなどを持っておくといいですね。
わたしの場合は意識があったから受け答えが出来ましたけどね。
そう出来ない時も多いですからね。

投稿: *aprile | 2007年9月18日 (火) 11時20分

「病院の傲慢だ!」

「それでも医者か!」

「『医は仁術』は死語になったのか」

「命より金儲けのほうが大事なのか」

「患者を受け入れられない病院は看板を返上しろ」

「殺人病院だ!」

「病院が妊婦を殺した!」

「ベッドが無い?そんなの理由になるのか!」

「ベッドが無ければ廊下に寝せればいいじゃない」

「熱意が欠如している!」

「救いたい!という気持ちが無い!」

「ドラマのような熱意のある医者はいないのか!」

そういう、今の医療の窮状に無理解な輩の暴言が、限界状況で頑張っている医師の心を折った事で、医師不足(具体的に言うと、勤務医不足)に拍車をかけているんですよね…。

こうして救急受け入れ問題は更に悪化する…と。

医療破壊活動ご苦労様です。

投稿: 都筑てんが | 2009年6月 8日 (月) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/16443825

この記事へのトラックバック一覧です: 医は仁術?:

« 一泊二日 | トップページ | 全て歌えます 80’s »