« サッカーとマラソン | トップページ | 部屋に山、出現 »

2008年1月29日 (火)

「スウィニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師」を観て来ました

2 ジョニー・デップとティム・バートン。二人が組めば必ず何かが起こる・・・

*あらすじ* 19世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・パーカー(ジョニー・デップ)の幸せな日々が、ある日突然打ち砕かれた。悪徳判事ターピン(アラン・リックマン)に無実の罪を着せられ監獄へと送られた。15年後、ベンジャミンは“スウィニー・トッド”と名前を変えてフリート街に戻って来る。しかし、大家のミセス・ラベット(ヘレナ・ボナム=カーター)から聞かされたのは、耳を覆いたくなるような妻ルーシー(ローラ・ミシェル・ケリー)と娘ジョアナ(ジェイン・ワイズナー)のその後。「必ず復讐を遂げる」と語るトッドにミセス・ラベットは売らずに保管しておいたという彼の理髪道具のカミソリを渡し、以前と同じようにパイ屋の2階で理髪店を始めるように勧める。フリート街に再び開いた理髪店。商売道具のカミソリを手にスウィニー・トッドの復讐が始まった・・・・

スウィニー・トッドは元々、劇場で演じられていたミュージカルでした。それをティム・バートンが2時間の映画にしてしまいました。映画が始まるとすぐにカミソリから滴り落ちる血が椅子や歯車を伝って下水に流れ込みます。最初からもう血なまぐさいんです。そして画面は明るさが無く、周りの建物や人物も色がくすんでいるんです。妙にトッドの髪の白髪の部分が目立ちます。この白い部分は精神的外傷を意味しているらしいです。ミュージカルだけあってみんなが歌ってます。この映画では歌の吹き替えは無かったみたい。ジョニー・デップは“The Kids”のギタリストだった経歴を持っていますが、歌を歌うのは人生で初めての経験だったそうです。ジョニーの歌声が聴けます(笑)猟奇的でグロテスクですが、そこにあるのは純粋な愛なんです。二転三転する復讐劇は思いも寄らない結末に辿り着きます。愛した人の為に遂げる復讐。愛ゆえの悲劇を描いている作品です。

ミセス・ラベットは「チャーリー~」で競演したヘレナ・ボナム=カーター。全ての発端を作り出した悪徳判事ターピンに「パヒューム/ある人殺しの物語」のアラン・リックマン。その子分バムフォードに「ハリー・ポッター」シリーズのティモシー・スポール。派手好きな理髪師ピレリに「ボラット~」のサシャ・バロン・コーエンと歌える演技派、個性豊かな面々が揃っています。

舞台となった19世紀のイギリス社会は産業革命後で農産物や原料を輸入して工業品を生産して世界各地に輸出する「世界の工場」だった。首都ロンドンには職を求めて人口が集中したが、低賃金の労働者と工場経営者の貧富の格差は想像以上に大きかった。上流階級は「世界の工場」からの見返りで豪勢な暮らしが保障されていたが、治安の悪いスラム街でその日暮らしをせざるをえない下層階級も多かった。また、凶悪で猟奇的な事件も後を絶たず、残忍な事件が起こるとマスコミは競って採り上げ、民衆は裁判や公開処刑へ出かけていった。それはあたかも芝居見物に行くような気分だった。ある意味では殺人事件がいわば国民的娯楽となった時代だった・・・・。

血が駄目な人は観に行かない方がいいです。始まりから大量の血しぶきですから。復讐を始める頃から何度も血しぶきを見る事になります。監督であるティム・バートンはホラー映画の愛好家らしくて今回の映画でバートンは血に飢えています。血染めのバートンが帰ってきたと言われるほど・・・。バートンの映画は常に子供じみた残虐さに満ちていると評されていますから。

|

« サッカーとマラソン | トップページ | 部屋に山、出現 »

「シネマ」カテゴリの記事

コメント

もう最新作ご覧になったんですね。

ジョニーデップが主演なので気になる
映画ではありますね。でも血しぶきは、大画面
で観るのは、ダメかも。。。。

でもジョニーの歌声は聞きたいような。(笑)

投稿: iram | 2008年1月29日 (火) 19時03分

*aprile さん

こんばんは!

私もホラー系というか、過激なのは苦手なんです・・・

悪魔でいうと、昔「悪魔がきたりて笛をふく」ってありましたね。

それから今夜、スキー研修の記事UPいたします!

動画もご覧くださいね~!

投稿: 「感動創造」 | 2008年1月29日 (火) 19時29分

こんにちは!

ティムバートン&ジョニーデップ、大好きなんですよ!
これも観にいきたいのですが・・・。
そうですか、グロテスクですか・・・。
“観たい”が“怖い”を上回ったら観に行きたいと思います!

投稿: めめ | 2008年1月30日 (水) 10時12分

iram様
ジョニーの映画だしティム・バートンとのコンビですからね。
そうですね。
大画面での血しぶきが駄目だと言われる方は多いと思いますよ。
わたしは大丈夫でしたけどね。
ジョニーはいい声で歌ってました。
聞く価値ありですよ。

投稿: *aprile | 2008年1月30日 (水) 11時38分

「感動創造」様
ホラー系は苦手ですか。
わたしも平気じゃないんですけどね。
金田一ものは結構見てますね。
スキーの記事、これから見に行きますね。

投稿: *aprile | 2008年1月30日 (水) 11時41分

めめ様
ティム・バートン&ジョニー・デップのコンビは見逃せません。
いつも何か面白い事をやっているから。
愛の悲劇なんですけどね。
物語自体もグロテスクですから。
“観たい”が上回ったら観て下さいね(笑)
ジョニーの歌声は聴く価値ありです。

投稿: *aprile | 2008年1月30日 (水) 11時44分

Don't have enough cash to buy some real estate? Don't worry, just because this is achievable to get the loan to solve such problems. Therefore take a bank loan to buy everything you require.

投稿: DeleonEugenia30 | 2012年9月20日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146448/17885380

この記事へのトラックバック一覧です: 「スウィニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師」を観て来ました:

« サッカーとマラソン | トップページ | 部屋に山、出現 »