« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

拍手を送りたい~!!

日本代表はいい試合を見せてくれました。パラグアイとの死闘120分。得点は入りませんでしたが、見応えのある試合だったと思います。

ベスト8を掛けた試合でしたが、日本代表が力尽きました。

パラグアイと日本、どちらが先に得点を入れるかと見てました。試合の最初からハラハラ、ドキドキ。真夜中だと言うのに「ヒャ~!」とか「ア~!」、「惜しい~!」って声が出るんですよ。

日本代表が成長したと思います。「W杯前は1勝出来るの?」って思ってましたが、蓋を開けてみれば決勝Tに進出。W杯になってから今までとは見違えるほどの日本代表がそこにいました。

日本代表のW杯は終ってしまいましたが、8強が出揃ってこれから心置きなくW杯を楽しめそうです。

感動をありがとう。そしてお疲れ様でした。

日本代表に心から拍手を送りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

呪われてる~

週末はずっと雨でした。花々も首を垂れて雨をやり過ごしている感じ。最近はW杯に釘付けになった後、家中の仕分け作業をしています。無駄が多くて・・・(笑) 

住みやすくする為に、掃除し易くするために頑張っています。だから自分のブログをアップするのが精一杯。皆さんの所にお邪魔できる日はもう少し先になりそうです。どうか読み流して下さい。

花の写真も雨に邪魔されて撮ってません。文字ばかりで変化が無いです。

イングランドVSドイツ。この試合は面白かったです。前半に突き放すのかと思っていたドイツにイングランドも食らい付いて・・・それにしてもイングランドは呪われてるわ~。

1966年のイングランド大会決勝のドイツVSイングランド戦で物議を醸した「疑惑のゴール」以降、イングランドはドイツに勝ててない。あの疑惑のゴールで優勝したイングランドはドイツに呪われてるんですよ。

今回の前半でもイングランドに不運が降りかかるし。リプレイを見たら完全にゴールを割っているのにノーゴールにされるなんて。これがノーゴールになってなかったら2-2に追いついていたのにね。

後半は前係りになって得点を狙いに来るイングランドをあざ笑うかの様にドイツのカウンターが決まる。イングランドが流れを作る前にドイツが襲い掛かる。ドイツはイングランドにサッカーをさせてませんでした。終ってみれば4-1。若い選手を多くピッチに送り出しているドイツがこのまま突っ走る気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

決勝T、進出

昨日は眠かったけど・・・いい日だったわ~!!

だって日本代表が決勝Tに進む事が決まった日だから。

午前3時に起きてデンマーク戦を見ましたよ。眠い目を擦りながら両国の国家も聴きました。試合が始まればドキドキもするし、ハラハラもします。そんな時、目が覚めるような本田のFKが決まって試合にのめり込みました。先制出来るなんて思ってなかったから興奮した~!!

デンマークって本当にDFが高い。遠藤がFKを蹴る前に壁の前に居た安部が小さく見えましたものね。遠藤の蹴ったボールが壁を巻いてゴールに吸い込まれた時は夜中だと言うのも忘れて大声上げてました(苦笑)

後半になってからデンマークが流れを掴み、トマソンのPKが決まった時はどうなるのかとハラハラ。追いつかれるかも・・・・その心配を払拭してくれる岡崎のゴール。大久保が本田に出したパスが良かった。あのパスで決まった気がします。

う~ん、それにしても3-1で勝てるなんて。痺れる試合でした。2位通過で決勝T進出。おめでとう日本代表。まだまだ、満足していない本田に期待したいです。次は南米のパラグアイとです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

悔しすぎる

Ajisai_20100621

今日は夏至。梅雨らしい蒸し暑い昼下がりです。昨日のブラジルVSコートジボワール戦を見ながらアップしています。ちょっと眠気を感じています。

日本VSオランダ。前半はいい試合でした。襲い掛かるオランダ相手に守備を固めて跳ね返した。日本にも少ないながらもチャンスはあったが、0-0のスコアレスで折り返した。後半、スナイデルにミドルを決められて先制。ここで日本も攻撃的に選手交代するかと思っていたら、松井に代わって俊介・・・・パス回しのスピードが目に見えて落ちた。FKやCKだけのために入れたのなら失敗。攻撃のスピードが落ちるとオランダは余裕で守りを固め始めた。これじゃあ、攻撃的な選手を入れても点が取れるわけも無い。同点に追いつくチャンスがあったのに選手起用でそのチャンスを逃した気がする。

オランダのスナイデルに「日本の早いパス回しを警戒したい」と言われていたのにシンプルにパスを回さなくなってスピードが落ちればオランダの思惑通り。何だかすごく悔しい。

カメルーンVSデンマーク。試合開始からカメルーンが積極的な仕掛けでペースを握っていた。前半10分にエトーが先制ゴール。これで気が抜けたのか徐々にデンマークがペースを握り始め33分にエース、ベントナーが同点ゴール。後半になってからも右サイドからの攻撃でチャンスを増やしていたデンマークのロンメダールが逆転ゴールを見事に決めた。カメルーンの必死の攻撃を振り切ったデンマークが2-1で勝ち点3を獲得した。

ベントナーは高さだけじゃなく足捌きも抜群に上手い。ロンメダールも要注意。トマソンが健在だった。懐かしい。

ガーナVSオーストラリア。序盤から積極的な試合を展開していたオーストラリアが幸先よく11分に先制。その後は徐々にガーナがペースを握る。ペナルティーエリア内でキューウェルがハンドで一発退場。PKをギャンが決めてガーナが追いつく。後半は一人多いガーナがペースを握る。オーストラリアはカウンターで対抗するが、詰め切れず1-1のドローに終る。

キューウェルがペナルティエリア内でハンドなんて。ビックリ!そういえば前の試合でもケイヒルがレッドをもらってましたね。

スロバキアVSパラグアイ。イタリアと引き分けたパラグアイは個人技と組織力を武器にペースを握る。27分にベラがゴール。後半にもセットプレーからリベロスが追加点。守れば激しいプレスでスロバキアにチャンスを与えず完勝。実力を遺憾なく発揮した。

今大会は南米勢の調子がいいですね。パラグアイはグループリーグ突破が見えてきました。一位通過の可能性大です。

イタリアVSニュージーランド。イタリアがニュージーランドにあっさりと先制。前半にどうにかPKで同点に追いつくものの、その後はイタリアらしい崩しも無く音なし。ニュージーランドを敵陣に釘付けにして多くのシュートを放ったものの、ゴールを割る事が出来なかった。

圧倒的にボールを支配するものの勝ち越せないイタリア。ニュージーランド相手にとは、失礼ですが、ドローに終るなんてどうなっているんでしょう。フランスもイタリアもドイツもどうなっているんでしょう。ニュージーランドのサッカーってラグビーみたいです。ザンブロッタは何度、ニュージーランド選手の肘てつを受けた事やら。

ブラジルVSコートジボワール。押され気味のブラジルはL・ファビアーノがゴールを決めて先制。さらに後半5分にL・ファビアーノ、62分にエラーノが効果的な追加点を上げた。コートジボワールもドログバが意地の一発。3-1で勝ったブラジルが連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

このゲームは荒れてました。ゴールを決めたエラーノが負傷退場。その後カカも2枚のイエローカードをもらって退場。次の試合には出られませんが、余裕の試合を見せてくれるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

攻撃艦隊、撃沈

Libero_20100616_41

我が家の背番号10は窓の外が気になります。スペイン代表のユニフォームが良く似合っているでしょう?

Libero_20100616_61

スペインVSスイス。序盤からボールを回して主導権を握ったスペイン。中央を固めた形のスイスに対してスペインはなかなかシュートを放てない。前線の選手が前を向いてボールを持ち始めると、ミドルシュートやベナルティエリア内で突破などの攻撃を見せる。しかし、集中したスイスのDF陣に決定機を阻まれ、無得点のまま前半を終える。

後半開始からスペインが猛攻を仕掛けるが、得点出来ず。後半7分にスイスが先制。フェルナンドトーレス等の攻撃的な選手を投入して得点を奪いにいくも、相手のGKを中心とした固い守りに阻まれる。右サイドからのクロスはことごとくはじかれ、CKやFKのチャンスもものに出来ず無得点のまま1-0でスペインは敗戦を喫した。

無敵艦隊が撃沈してしまいました。わたしのご贔屓のシャビ・アロンソは頑張ってたのにな。フェルナンド・トーレスがベンチスタートだったのは驚いた。優勝候補の一角のスペインがあっさりと負けました。う~ん、スイスを侮ってたのかな?

ホンジュラスVSチリ。南米予選2位通過のチリは前評判通りのサッカーを見せてくれました。大地震に見舞われたチリの国民を勇気付けるチリ代表の勝利。ホンジュラスは何度かカウンターでチャンスをうかがうも、後半は完全に沈黙してしまいました。

南アフリカVSウルグアイ。初戦を引き分けた開催国、南アフリカとウルグアイは生き残りをかけた試合。互角の展開が続いていたが、フォルランのシュートがDFに当たってゴール。ウルグアイが先制。開催国として負けられない南アフリカの攻撃を食い止めて、ウルグアイが攻勢を強めると後半にウルグアイがPKとペレイラのヘッドで加点。3-0とウルグアイが余裕の勝利を挙げた。

フォルランは前の試合でも躍動感がありました。この試合でも得点を挙げてからは生き生きとピッチを動き回っていました。目立つ選手です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流石、アルゼンチン

Pikaso_20100618

カラーが咲きました。名前は偉大な画家と同じ“ピカソ” 。毎年、変わらずに咲いてくれるのが嬉しいです。

アルゼンチンVS韓国。最初からペースを掴んだアルゼンチン。と言うよりも韓国が韓国らしいサッカーをしてなかった。アルゼンチンがサイドを起点に韓国ゴール前に攻め込む。前半17分には左サイドからメッシのFKを韓国選手がオウンゴール。33分にも再び左サイドからのFK。イグアインがヘッドで合わせて追加点。2点のリードを保ったまま前半終了かと思っていたら、アルゼンチンDFの不用意なミスからイ・チョンヨンにゴールを決められ2-1で折り返す。

後半に入ると中盤でボールを奪取する場面が韓国側に見られ始めた。カウンターから徐々にチャンスを作り出す事も出来るようになり、決定機も多くなったが加点出来ず。アルゼンチンは31・35分にイグアインのゴールが決まった。イグアインは今大会初のハットトリック。4-1の大差で韓国を下したアルゼンチンが攻撃力を見せ付けた。

この試合でもメッシはいい仕事をしましたね。前の試合ではそれほど良さを見せられなかったイグアインが実力を見せ付けました。

ギリシャVSナイジェリア。ナイジェリアは前半16分にFKで先制するとペースを握ったが、33分に退場者を出すと今度は数的優位に立ったギリシャに流れが変わった。反撃に出たギリシャが前半の内にゴールを挙げて同点で前半を折り返す。

後半、一人少なくなったナイジェリアにカウンターを許した場面があったものの、ギリシャは終始、相手ゴールを脅かしていた。前半、流れの悪かったギリシャとは思えない攻撃で26分にミドルシュートのこぼれ球を押し込んで逆転。2-1で勝利したギリシャはW杯での初勝利となった。

ナイジェリアは退場者を出してからギリシャに流れを渡してしまいました。ナイジェリアの交代は負傷交代が2人。これじゃあ流れを引き戻すなんて出来ませんよ。

フランスVSメキシコ。前半は序盤からどちらも素早い攻守の切り替えが見え、一進一退の面白い攻防が見られました。フランスはリベリー等を起点にチャンスを作るが、ゴール前では精度を欠いた。メキシコは突破やシュートで応戦。スコアレスで前半を終える。

後半はメキシコが主導権を握り、途中出場したエルナンデスがゴールを決めて先制点。勢いづいたメキシコがフランスのディフェンスラインの裏を狙って果敢に攻める。34分にはPKを決め勝利を引き寄せた。2-0でフランスを下したメキシコが勝ち点3を獲得。

エルナンデスのゴールからメキシコが変わりました。前半は面白いサッカーだったのに後半になってからフランスは精彩を欠いてました。グループAは波乱含みです。これもサッカーですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

嬉しい誤算

Ajisai_20100616_1

本格的な梅雨らしい天気です。雨が降ると紫陽花が綺麗になります。やっぱり雨が似合う花ですね。我が家の紫陽花はピンク色です。

日本VSカメルーン。2002年中津江村を大騒動に巻き込んだカメルーン。だけど未だに愛せれてますよね。彼らカメルーンは。

いや~、もう分け試合なら十分だと思ってたのに・・・だって開幕前の4連敗でネガティブなイメージを植えつけられましたからね。でも、これって嬉しい誤算。

右サイドを中心に攻撃を組み立てていた日本。今までとは戦い方も違った。短く繋ぐパスを止めたのが良かった。玉離れも良く早いパス回し。長谷部や松井を中心に敵陣深くまで進み、ファーサイドにクロスを上げる。松井が果敢に攻めあがる事で前半39分のゴールが生まれた。本田がゴールネットを揺らして先制。

後半はカメルーンが攻撃に転じ、攻撃を受け止めることになったが、守備一辺倒にならなかったのが、攻撃に出るチャンスには逆襲。追加点にはならなかったが、カメルーンの攻撃を的確に跳ね返し続けた。もう、試合が終るまでどうなる事かとハラハラでした。クロスバーに助けられた時は悲鳴が出ました。1-0で日本が勝利を飾った。この試合では長谷部や松井、本田以外では長友、遠藤の動きが良かった。

次の日は本当に寝不足でした。

オランダVSデンマーク。オランダの攻撃力よりもデンマークの方が効率的に攻撃を仕掛けていました。それでもオランダはチャンスを逃がさない。やっぱりオランダだわ。走り込んだカイトがゴール。う~ん、互角の戦いをしていたのにね。

イタリアVSパラグアイ。イタリアはドイツ大会に出た6人の選手が残っているチーム。ベテラン揃いのチームからブッフォンが離脱。パラグアイに先制されながらもデ・ロッシのゴールでドローに持ち込む強さがある。さ~て、イタリアは勝ち進めるのかな?

ニュージーランドVSスロバキア。ラグビーだとオールブラックスなんだけどサッカーではオールホワイトのニュージーランド。どんな戦い方をするのかとても興味がありました。スロバキアが再三、攻め込み50分に先制ゴール。スロバキアが逃げ切れると思っていた後半ロスタイムにニュージーランドが追いついた。勝ち点1を分け合う事になった。

コートジボワールVSポルトガル。前半は攻め手を欠いた試合運びだった両ちーむ。コートジボワールはシュートらしいシュートもなし。ポルトガルは攻め込むものの唯一のシュートはC・ロナウドが放ったミドルくらい。後半になって大勢は変わらず。拮抗した試合の流れを変えようと攻撃的な選手を入れるも功を奏さず。低調な内容のまま初戦を終えた。

ブラジルVS北朝鮮。守備を固めた北朝鮮に対してブラジルは波状攻撃を仕掛けるが跳ね返され前半をスコアレスで終る。後半10分、角度の無い所からのシュートが決まりブラジルが先制。ブラジルは後半28分に追加点を決めるものの、北朝鮮も粘りを見せ意地の一点をゴールに突き刺した。反撃も一点止まり。ブラジルは苦しみながらも勝ち点3を取った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

勝ち点3

Fiore_20100527_11

今、玄関先で咲いています。何ていう花だったかな?名前を覚えられなくなってきているのは老化のせいかな?記憶力は鍛えると戻って来るそうです。鍛えなくちゃいけない年頃になったんでしょうね。

アルジェリアVSスロベニア。アルジェリア出身のジダンが観戦する試合。スロベニアはオシムさん一押しのチーム。サプライズを起こす可能性が一番大きいのがスロベニアだとか。

前半はどちらも慎重な試合運び。スロベニアは攻撃を展開するものの前線のノバコビッチが潰されてゴール前に進入出来ない。アルジェリアは立ち上がりこそ押し込まれるシーンが目立ったが、徐々にペースを掴む。どちらもゴールには至らず、前半は0-0。

後半も立ち上がりは両チームともゴールが遠い。後半から途中出場したゲザルが後半28分に2枚目のイエローカードで退場。スロベニアには勢いが無く、アルジェリアは人数が少なくなっても勢いが殺がれず。34分、コレンのミドルシュートがGK手前でバウンド。これが決勝ゴールとなった。この1点を守りきったスロベニアがW杯初勝利。

スロベニアは組織的で早いパス回しが魅力。後半途中まではサプライズを起こすようなチームなのかな?と思っていましたが、相手が一人少なくなり、先制してからは本来のスロベニアのサッカーを見せてくれた気がします。これからを注目したくなりました。

グループCは面白くなりそう。勝ち点3はスロベニアだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

まさかの・・・

Fiore_20100601_31

ミニ睡蓮の花が咲きました。今年は2個のつぼみが出来て2個とも咲きました。こんな可愛い花がもう少したくさん咲けばと思っています。

イングランドVSアメリカ。コンフェデ杯準優勝のアメリカと優勝を狙うイングランド。面白そうなカード。

開始早々、4分にペナルティーアークの手前でヘスキーがダイレクトでスルーパス。これに走り込んだのがジェラード。冷静にゴールに沈めて先制点。巧みなパスワークを見せたイングランド。しばらくは主導権を握るものの、徐々にアメリカに盛り返されて押し込まれる場面が増える。体を張った決定的なシーンは作らせなかったが、前半40分にデンプシーがミドルシュートを放つ。イングランドのGKグリーンがキャッチミス。そのままボールはゴールに吸い込まれて同点。

後半、イングランドが主導権を握って攻撃を繰り返しアメリカのゴールに迫り続けた。アメリカはスピードを生かした鋭いカウンターが威力を発揮。決定力を欠いてこう着状態が続いた。選手交代で活路を見出せず、勝ち点を奪えなかった。イングランドにとってはまさかの勝ち点1。

あのグリーンのキャッチミスは悔やまれますね。これもボールが原因?試合終了後のジェラードの不機嫌そうな表情が映し出されてました。まあねぇ。判らないでもないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目立ってます

Fiore_20100527_31

レモンの花。今年はクマンバチが羽音をさせて訪れていました。花も多かったから今年はたくさん実がなりそうです。もう、既に小さな青いレモンの実が付いています。

アルゼンチンVSナイジェリア。監督マラドーナを楽しみにしていました。ピッチの外ではいつも話題を振りまいているマラドーナ。アルゼンチンをどんなチームにしたのか見たかったんですよね。アルゼンチンは優勝候補の一角。このチームもスター揃い。

開始早々からメッシがシュートを放ってアルゼンチンがペースを掴んだ。前半6分、ベロンのCK。フリーで走り込んだエインセがヘディングシュートをゴール左上に決めた。アルゼンチンが先制。ナイジェリアも何度かシュートまで持ち込むものの、アルゼンチンのGKを脅かす場面は皆無。メッシの強烈なシュートをGKが好セーブ。アルゼンチンに2点目は許さなかった。

後半もアルゼンチンのペースは変わらず。だが、決定機を逃し続けて徐々にナイジェリアがペースを掴み始める。オデムウィンギが敵陣深くまで入り込み、タイウォにパス。密集地帯からタイウォが強烈なシュートを放ったが、僅かに枠を外れ同点に追いつけなかった。試合終了間際にはアルゼンチンがボールを回し始めた。この時間稼ぎはアルゼンチンらしい。虎の子の1点を守りきったアルゼンチンが勝利で終えた。

メッシの調子はどうなんだろう、と思って見てました。体の切れも良かったみたいでスターの片鱗を見せてくれましたね。ベテランのベロンとテベスも健在って感じのパフォーマンス。この勝ちがアルゼンチンを攻撃的に変えてくれるかな?

マラドーナはピッチサイドでも目立ってましたね。カメラもいつの間にかマラドーナ監督の行動を追ってました。選手時代のように飛んだり跳ねたり第四の審判に抗議したり。スーツに革靴姿で器用にボールを扱われると流石と言っちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強さは本物

Fiore_20100527_41

スモークツリーの赤いフワフワ。赤い煙のようになりました。雨に濡れると重そうに首を垂れてしまいますが、晴れていると赤さが鮮明になり遠くからでも目立ちます。

韓国VSギリシャ。史上最強と言われる韓国代表の強さは本物です。堅守のギリシャから前半7分にイ・ジョンスがゴールを決め、貴重な先制点を奪った。セットプレーからの得点ながら前半早い時間にゴールを奪った事で主導権を握り、何度もギリシャのゴールを脅かしていた。高さのあるギリシャに再三、CKを与えるものの前半はピンチを凌いで0点に抑えた。

後半、追加点を奪ったのはエースのパク・チソン。中盤でボールを奪うと中央突破して最後は落ち着いてゴールにボールを流し込んだ。前半もポジションが不安定だったギリシャは後半になると前線と守備の間を分断されてた。ギリシャは中盤で攻撃の形を作らせてもらえず、高さ頼みの攻撃も韓国の体を張った守りにゴールを割る事が出来なかった。

イングランド、プレミアリーグのマンチェスターUでもまれているパク・チソンに強さを見ました。スタミナもあってゴール前では脅威になれる。う~ん、いい選手になったよね。韓国の次の試合も楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

雨も降らないのに

Fiore_20100527_21

ライラックの花が咲きました。細い枝の先に白い花が集まっています。

山口県も入梅しました。雨も降ってないのに入梅です。空はうす雲に覆われているものの今にも雨が降り出しそうな気配もありません。

九州北部と山口県は一くくりになっているから・・・雨は降って無くても梅雨なんですね。九州北部は雨が降っている場所があるみたいです。その雨雲はいつ、山口県に雨を降らせるんでしょう???

来週はぐずついた天気になるそうなので梅雨を感じられるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孤軍奮闘

Fiore_20100601_11

西洋しゃくなげの花が咲きました。スタンダード仕立てにしています。名前は何だったかな?清楚な感じがいいでしょう?

ウルグアイVSフランス。フランスはアネルカをはじめ多くのスター選手が居るだけにゲームの進め方も上手かった。リベリーが強引に突破を図ることで再三、攻撃をしかけるも決定的なチャンスを作れなかった。ウルグアイはフォルランがいい動きをしてゴールに迫っていたが、孤軍奮闘といった状態だった。

後半はウルグアイが攻勢に出てフランスゴールに迫る機会が多くなった。先制点を奪えないまま、試合はこう着状態に。選手交代でこう着状態を打開することも出来無い中、ウルグアイのロデイロが退場。フランスの先制点を期待するも、ゴールを割る事が出来ず試合終了。0-0のスコアレスドロー。勝ち点1を分ける結果になった。

フォルランは孤軍奮闘って感じだったけど、ゴール前に上がって来ると迫力があったわ~。フランスは期待したほどではなかったです。一人少なくなったウルグアイに対しても強さを見せ付けられなかったものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アフリカに行こう!

Fiore_20100527_71

ちょっと変わった形のアマリリスが花を咲かせました。数年前に咲いてからずっと咲かなかったのに今年は咲きました。

2010HIFAワールドカップ 南アフリカ大会が始まりました。さ~てこれからワクワクする日々が始まります。わたしも南アフリカに行って来ます・・・・って、気持ちだけですけどね。TVに釘付けの日々になります。

開幕戦は地元、南アフリカVSメキシコ。

開幕戦のホイッスルの音をかき消してしまったブブセラの音。あの開幕ホイッスルの音が聞こえなかったのがちょっと悲しい。でも、これもサッカーの一部。

試合は前半、慎重な立ち上がりだった。それでも鋭いシュートが数本。あのボールの速さとゴールマウスを捕らえきれず大きく外れるシュートも高地ならではかな???GK泣かせのボールだと言うけれどそれは本当みたい。

後半になると南アフリカの攻撃が尻上がりに良くなってきた。カウンターで飛び出したシャバララが目の覚めるようなシュートをゴールに突き刺した。カウンターのお手本と言ってもいいくらいの綺麗な攻撃でした。これで気持ちが乗ってきた南アフリカに対して、後半終了間際にメキシコのマルケスが一矢報いた。この値千金の同点ゴールで1-1のドロー。

巻き毛を躍らせてゴール前に飛び込んでくるメキシコのG・ドス・サントスは可愛いのに迫力がありました。惜しいシュートがあったんですけどね。南アフリカのGK、クーンに阻まれてしまいました。再三、メキシコのゴールを阻んだ南アフリカのGK、クーンの好セーブがチームを救いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

産地から届きました

Minirosa_20100609_11

ミニバラの「グリーンランド」が咲きました。中心だけに黄色が入っています。横や下から見ると白バラなんです。

Minirosa_20100609_41

このピンク色のミニバラは「ストックホルム」。花びらも多くてちょっと豪華に見えるミニバラです。

衣替えがやっと終りそうです。晴れている間に出来てよかった。夏物の服を見てるとやっぱり太陽ギンギンの暑~~い夏が似合います。

北海道からグリーンアスパラが届きました。darlingのお友達が夏前にいつも送って下さるんです。スーパーでは見かけないような太さのグリーンアスパラですが、下の方まで柔らかでとても甘いんです。早速、今晩の夕食に使わせてもらうつもりです。

産地から届く季節の野菜や果物の味って格別ですよね。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

晴れよ、続いて

Rosa_20100601_51

「テンダー 」という名前のバラです。フロリバンダローズでティーローズの香りがします。写真ではピンク色に見えますが、本来はピンクとヴェージュの微妙な色合いなんです。キリリとした花姿で乱れないそうなんですが、我が家の「テンダー」は乱れ過ぎてませんか?秋になったらまた、違う色になるかも。

明日まではいい天気だそうです。金曜日頃から入梅するんじゃないかとの予報が出ています。天気のいいうちにやりたい事がいっぱいあります。あ~、でも明日は出かける用事があるしな~。晴れの天気、もう少し続いて欲しい。

明日の夜はホタルを見に行きます。darlingとデートです(笑) 毎年、ホタルがたくさん見られる場所に行こうと思っています。我が家の周囲でも源氏ボタルが数匹、飛び回っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

いつまでも若く・・・

Rosa_20100527_51

ティージングジョージアのつぼみ。豪華な花姿のイングリッシュローズです。

Rosa_20100527_41

開花するとこんなになります。つぼみを落として株を大きくしたかったので、花を咲かせる気はなかったんですけどね。

先日、中学校の同級生に会いました。久し振りに会うと積もる話がありますよね。立ち話程度だったけど色々と話せました。同窓会には出て来難いと言ってたから・・・女性はどうしてもねぇ。また、会えればいいんだけどな。

結婚してからはなかなか会う機会に恵まれなかった友人から手紙が来ました。その手紙の中の「3月に孫が生まれました」と言う一文に凍り付きました。ビェ~!!

同い年でもう、おばあちゃん・・・驚きました。とてもお目出度い事なんですけどね。すごく自分の歳を感じました。いつまでも若いつもりでいたんですけどね。

老け込みたくないからいつまでも若いつもりでいます(笑) 気持ちだけは若くないとね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

ミニバラとイエローサブマリン

Cyucyu_20100527_1

ミニバラも咲き始めました。ミニバラの「チュチュオプティマ」。ピンク色の可愛い花を咲かせています。

Lovelymoa_20100601_1

オールドローズかイングリッシュローズを思わせる豪華な咲き方のミニバラ。名前は「ラブリーモア」。ミニバラにしておくのがもったいないほど美しい花を咲かせます。

Rosa_20100601_21

こちらはミニバラじゃありません。名前は「イエローサブマリン」。花の中心で楽しんでいる小さな蜂を発見。花びらにも昆虫がくっついてます。香りは微香。色は黄色よりも淡くレモンイエロー。ブッシュタイプのバラだから花をたくさん付けます。

六月になりました。気温が低い日が続いて衣替えもせずに過ごしています。日中は暖かなのに朝晩は肌寒い。入梅も遅れるそうだからゆっくりと衣替えを始めようと思っています。

午後は寒気の影響で不安定な空模様になるらしいです。今年の夏がいつもの夏のようにジリジリと暑い夏ならいいな~。カキ氷とかスイカの似合う暑い夏がいい。このまま冷夏にならないといいんだけど・・・ちょっと心配。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »